以下の基金から2018年度に拠出した京都大学iPS細胞研究所さまの活動レポートをご紹介します。

 

iPS細胞研究所(CiRA)では、iPS細胞を用いた再生医療と新しい薬の開発を目指し、日々研究にはげんでいます。現在、CiRAには約30の研究グループがあり、ガンや糖尿病、心疾患、血液疾患、パーキンソン病、ALS、筋ジストロフィー、アルツハイマー病等の研究が進められています。

CiRAの戸口田淳也教授、池谷真准教授らは、筋肉の中に骨ができてしまう、FOP(進行性骨化性線維異形成症)という難病を研究しており、これまで有効な治療法がありませんでしたが、2017年9月に京都大学医学部附属病院などで治験が開始されました。


2018_IPS_3.jpg

記者会見で話す(左から)戸口田教授、池谷教授、日野研究員

 

難病やケガで苦しむ患者さんにiPS細胞を用いた新しい医療をお届けするには、まだまだ長く険しい道のりが続きますが、みなさまのご支援によって着実に研究を進めることができています。CiRAの研究者らが2017年度に発表した論文のうち、財源の一部としてiPS細胞研究基金を使用した研究を抜粋してご報告いたします。

 


2018_IPS_1.jpg

オープンラボで実験を行う様子

 

<支援者のみなさまへ>

iPS細胞研究基金にあたたかいご支援を賜り、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

賜りましたご寄付は、今は治すことができない病気やケガに苦しむ患者さんへiPS細胞技術による新しい医療を届けるために、大切に活用させていただきます。
今後ともiPS細胞研究へのご支援・ご理解を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、研究の進捗をご報告差し上げる『CiRA Newsletter』を年4回配信しています。登録無料ですので、ぜひご登録ください。


2018_IPS_2.jpg

iPS細胞研究所長・教授 山中 伸弥

 

前回の報告書はこちら

■京都大学iPS細胞研究所 (CiRA=サイラ)さまの詳しい活動はこちらからご覧いただけます。
(『CiRA Newsletter』の無料登録はこちら)

ごちゃつく小物をしまいたい!の巻

34_raku.web_640.jpg

さっと出して使いたいころころクリーナーなどのお掃除道具や、いざというときに行方不明になりがちなテレビや空調のリモコンなどを、手に届くところに収納しておきたい!というニーズに応えてくれるのが、今回ご紹介する商品です。(illustrated by サオリさん)

ひょぃっと掛けるだけで棚の収納力アップ

20180622083542.jpg

棚にバーを差し込むだけで棚の横に収納スペースを増設できるスチールラック。前面の木板が目隠しになるので、掃除用品はもちろん、延長コードやこまごま書類などを収納しても、見た目すっきり! 何を入れても様になる、無骨な黒スチールがポイントです。

自分の手相を鑑定してもらえたらうれしいもの。今回サラさんが挑戦したのは、ほめる手相が読めるようになるプログラムです。受講者さんの中にはお友だちの手相を読んで盛りあがった方も多数。新しい趣味として、今年イチオシのプログラムはこれ!


猫野 サラ
猫と晩酌をこよなく愛する主婦。猫野サラの「サラサラ絵日記」公開中。仔猫漫画「ひな菊デイジー」も連載中。

猫野サラさんマンガで知るプログラム

マンガで知るプログラムお届けセットイラスト

こんにちは、ミニツクプランナー山猫です。「もっと身近にヨガの世界を楽しんでもらいたい」 そんな思いで企画した「ゆるいヨガプログラム」について、今日はちょこっと詳しくお話します。


そもそもヨガの効果とは?

ヨガは、単なるストレッチやエクササイズと違い、からだと心の両面を整えてくれる習慣。かんたんな呼吸法・体操・瞑想(めいそう)・心の在り方などを知ることによって、忙しい日常に心地よいリラックスした時間を取り入れることができます。知らないうちに潜在意識にも作用しているので、自分が望む人生に近づくヒントに気がつく、なんて人もいるかもしれません。

プログラムの監修は、関西を中心に、心の講座や瞑想クラス・ヨガ集中講座・ヨガ指導者養成講座などを開催されている「ぬん先生」にお願いしました。


ここだけのヨガのお話【心のワーク編】

ここだけのヨガのお話【心のワーク編】

ミニツク受講者のみなさんは心が乱れてイライラしたり、なんだか重〜い気分になることはありませんか? 気分転換すればよいのはわかっているのですが、大人になれば忙しくてむずかしいときもありますよね。

ぬん先生の教えによると、「私たちの行動は、潜在意識に左右されます。何かを判断するとき、瞬時に自分の中にある記憶や情報と照らし合わせます。これまでの人生に蓄積した経験や知識をもとにして、世の中を見ているのです」とのこと。
ふむふむ、子どもの頃からの経験をもとに、人はものごとをネガティブに捉えてしまうこともある、ということになりますね。潜在意識のベースがネガティブでは、しあわせな毎日には遠いかもしれません......。一体、どうしたらネガティブな自分から抜け出せるんでしょうか?


毎日カードをひいて、ポジティブな潜在意識を育てる

毎日カードを引いて、ポジティブな潜在意識を育てる

その答えは、ポジティブな潜在意識を「育てる」ということなんです。 そのために大切なことは、まず「自分で自分に投げかけている言葉に気づくこと」です。例えば折にふれて何かあった際に「どうせ私なんかこんなものだよね」と、日々心の中で思っているとします。ふとしたときに、「あ、私またどうせ私なんかと思っている」と気づくことがまず大切です。日々、心のおしゃべりを客観的に眺めることができたら、思い込みから少し外れてネガティブな潜在意識を積み重ねるのを防ぐことができます。
「人生のよい面にフォーカス」して自分に対する自信を育てたり、「自分の望む人生や、自分の目標をしっかりイメージすること」もとても大切です。頭の中に描いたイメージは潜在意識となり、目標実現のための行動を自然に自然に選択するようになるのです。

ヨガは肉体だけなく心や脳も鍛え、潜在意識に作用していくもの。それがリラックスした心地よい時間の中で続くのであれば、ぜひ試してみたいですよね! ゆるいヨガプログラムは、毎日ヨガカードを1枚引いて、ポーズを真似てからだをほぐしたり、1日の目標となる楽しいミッションを与えられる仕組み。セットに含まれるカードケースに入れて持ち歩けば、お友だちや家族と一緒に楽しむこともできます! 毎日の暮らしにゆる〜いヨガ習慣、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

ゆるいヨガプログラムお届けセット

メルボルンはカフェの町。
まあ、言うても、まあ。ちょっとカフェ多いくらいかなと思ってました。
メルボルンの情報がそんなになかったのです。
たいへん失礼しました!
量質ともすごすぎ!
カフェだらけ。そしてどこもおしゃれ。インスタ映えだらけ。
朝6時から開いてて4時か5時にはほぼ閉まるんです。
町ごと朝体質みたいです。カフェにはおしゃれな人が朝7時からいっぱいいて、コーヒーを飲んで健康によさそうなフードを食べているのです。ヴィーガンフードやスーパーフード。
なんでもおしゃれに見える!

IMG_7370.jpg
バリスタの修行にこの地に来る人が多いそうで、日本人の方にも会いました。そのくらいカフェの町なんですって。だからカフェ兼ショコラティエはたいへん多いのですが。
今までいっぱい会って来たカフェ系チョコの最終進化を想像したら、ここになります。
ビブロさんです。

IMG_7397.jpg




IMG_8199.JPG
驚きしかないです。
非常におしゃれなカフェは地元の人でいっぱい。
お昼を食べたんですが。なにこのかわいいパンケーキ!!!

IMG_7372.jpg
なんかわからんけどおばちゃん照れるわ。顔が照れて笑ってしまう。
誰かバチバチたたきたい。
それだけではないのです。
ここのケーキ見て。日本以外でこういうきっちり美しいものってない。

IMG_7387.jpg
色も繊細。和菓子みたい。
ただものではないということはもうこれで分かっていたんです。
いよいよチョコレートです。

IMG_7378.jpg

IMG_7379.jpg
優勝~~~~~!!!
何の優勝かはわからんっ。でも、私の中で大優勝! パーフェクト優勝!
おめでとう~~~!
コングラッチュレーショーーーン!
私もあなたもコングラッチュレーーーショーーン!
いつも思うんですが、私の説明って英語で翻訳してもまったく意味不明だろうな。
ごめんなさいね。
でもね、ほんまにそんな気持ちだったんです。
大興奮ですよ。
ありえへん。
いやー。もう芸術作品ですよ。
種類系で言うと先ほどのケーキに見られるような完璧系です。
スマートチョコレート。

IMG_7391.jpg
アップルシナモンとかローズとか栗とウイスキー。
泣ける......
おいしすぎて情緒不安定......
お店を切り盛りする。パティーとアントレアさん

IMG_7384.jpg
チョコレートのイメージやパッケージ、お店も彼女たちのセンスです。
すべてハンドメイドにこだわってると。
おいしかったのはチョコだけじゃなく、ビスケットもなんです。

IMG_7407.jpg
もう帰ろうと思った時に出てきた。これもうまい。
そばのビスケットがおいしかったです。クリスマスに食べてほしいなあ。
味だけじゃなくこのビスケットの並べ方。端々に至るまでこだわってるでしょ。
一人や二人の仕事ではないと思います。このビブロのスタッフみんなが素晴らしいんだと思います。

IMG_7396.jpg
そして、このチョコレートやビスケットをハンドメイドで作っているのが彼です。
笑顔が素敵。
出来るなあ。出来すぎ君や。

IMG_7411.jpg
小さなガラス張りのアトリエで少量多品種を作り続けています。
カフェチョコレートの最終進化形
ここにはぜひ行ってほしい。
そして、おいしすぎて情緒不安定になってください。


そして、書き終わって、なんだかテンション高すぎて恥ずかしくなってきました。
しょっちゅう後悔はしています。
しかし、そのくらい、みなさまにもぜひ行ってほしいビブロです。


ご清聴ありがとうございました!


テレビ放送決定!『世界はほしいモノにあふれてる!~激うま&激レア!極上オーガニックチョコ』 2018年7月26日(木) [NHK総合] 後10:45~ 《再放送》7月30日(月) [NHK総合] 後11:55~ "チョコレートバイヤーみり"がテレビに登場します!(詳しくはコチラ


テレビ放送を見てくださったみなさま、ありがとうございました。
チョコレートバイヤーみりです。あんなに長時間の取材を受けたのに、25分番組って、あっという間ですね!

さて、番組の中で三浦春馬さんも食べて「最高においしい」と言ってくれたオーストラリアのチョコをご紹介しているカタログがこちらです!
ただいま絶賛校正中!! まだ印刷してませんっ
9月下旬頃にお届けしますので、もし良かったら「カタログ無料プレゼント」をご予約ください。

20180724082028.jpg

春馬くんがひと口食べてタスマニアに行っちゃったあのベリーチョコや...

DSC_1396.JPG

とっても「めっちゃローズ」なローチョコや...

DSC_1399.JPG

そのほか、「幸福のチョコレート」の人気商品を取り揃えています。
商品のお届けはクリスマス前の予定ですので、バレンタインよりは早く食べられます!


そのほか、詳しい情報は「幸福のチョコレート」サイトで!

夏に食べたい、冷やし麺は? - モノコトづくりラボ

| コメント(0)

受動喫煙、気になる? - モノコトづくりラボ

| コメント(0)

2017年に「地球村の基金」で支援をしているプロジェクト「ミャンマー 障がい者のための職業訓練校の環境整備事業」の活動レポートを難民を助ける会さまからいただきましたのでみなさまにご報告します。

 

<プロジェクトの中間報告>

難民を助ける会(以下、AAR)は、2000年からヤンゴンで運営する、障がい者のための職業訓練校において、老朽化した建物の補修と、今回補修をする建物での職業訓練コース(理容美容、洋裁、PC)を実施しています。ヤンゴンにある訓練校は、身体障がい者(視覚障がい者、重度障がい者を除く)への技術訓練と就労支援を提供する、ミャンマーで唯一の民間訓練校です。

 

2018年1~6月までの活動の成果をご報告します。

①建物の補修

雨季の豪雨による雨漏り被害がある建物3棟(理容美容棟、洋裁・講堂棟、PC棟)の補修が完了しました。

・補修工事の仕様決定と工事業者の選定(1~3月)
 工事の仕様は、ヤンゴンでも事業実績のある一級建築士の日本人の協力を得て、屋根材や水切り、勾配を付
 けた雨どいの設置等、雨漏りを防ぐ方法を採用しました。工事業者は3社からの見積もりや、過去の事業
 実績にかんがみて、価格と信頼性を考慮して選定しました。

・補修工事の実施(3~5月)
 工事期間中は駐在員の中川が週1回工事業者と進捗を確認しました。工事内容と仕様が異なっていた場合
 は、その都度、作業のやり直しを依頼し、完工時だけでなく工程時にもきめ細やかな確認を行いました。


AAR2017_M_1.jpg

補修工事の様子。雨漏りを防ぐために、建物3棟すべての屋根材をはり重ねました。

 

②職業訓練コースの継続

建物の補修と並行して、職業訓練コース(理容美容、洋裁、PC)も開講しています。障がい者を無償で受け入れて3ヵ月半、全寮制の技術訓練や課外活動、開業・就職支援を提供しています。

2018年1~4月(2018年第1学期)には、48名(理容美容20名、洋裁16名、PC12名)が卒業して、多くの生徒が働き始めています。

2018年6月末現在、2018年第2学期(2018年5~8月)を開講中で、45名の障がい者(理容美容18名、洋裁15名、PC12名)が技術習得にはげんでいます。


AAR2017_M_2.jpg

洋裁コース生徒たちと駐在員の中川善雄(写真中央奥)。      
卒業後、半数以上が開業し、残りの生徒は仕立て店などへ就職します。

 

<現地の様子・現地の声>

①建物の補修

補修工事が完了した建物3棟(理容美容棟、洋裁・講堂棟、PC棟)では、雨漏りが解消されました。
これまで、強い雨が降るたびに、先生や生徒たちが、教室内の資機材を移動して雨水を受けるバケツを置き、汚れた床を掃除していましたが、授業を中断することもなくなりました。

PCコース主任教員ルイン・ミョー・トンは、
「各コースには、聴覚障がいがある生徒のための映像教材機器、理容バリカンやドライヤー、PC等の電気機器がありますが、故障や漏電の心配がなくなりました。また、私のように足に障がいのある生徒が、教室の濡れた床で転倒を気にする必要がなくなったことで、教員も生徒も授業に集中することができるようになりました。」と補修後の変化を話します。


AAR2017_M_3.jpg

PCコース生徒へ画像編集の方法を教える、主任教員ルイン・ミョー・トン
(写真手前から2番目)。本訓練校の卒業生でもあります。       

 

②職業訓練コースの継続

現在、理容美容コース(2018年5~8月)で学ぶ、サ・ヘイ・モンさん(男性、38歳)をご紹介します。

「私は先天性の欠指症があります。地方のカレン州で、妻と10歳の息子、義理の母と暮らし、畑作業や溶接の仕事をしていました。2017年に交通事故で両足を切断してから、仕事を失い、家計は苦しくなりました。自宅で一日の大半を過ごしていましたが、卒業生の紹介で訓練校を知り、家族を支えたいと思い、理容美容コースへ応募しました。障がいがある仲間と過ごしながら、自分も障がい者のために何かしたいと思うようになりました。こうした訓練校がもっと増えてほしいです。卒業後、就職して経験を積み、訓練校上級コースで技術も磨いて、将来は自分のお店を持つことが夢です。」


AAR2017_M_4.jpg

理容美容コース生徒サ・ヘイ・モンさん。社会貢献を兼ねた
校外実習で障がい児施設を訪れ、カットの練習をする様子。

 

<支援者へのメッセージ>

「フェリシモ地球村の基金」の助成により、6月ごろから始まる雨季の前に建物の補修を終えることができました。雨漏りによる施設の損傷や漏電等の懸念は解消されて、生徒たちが安心して授業を受けられるようになりました。

職業訓練コースでは、これからも、ミャンマー全土から障がい者を無償で受け入れ、技術訓練や社会性を養う課外活動、開業・就職支援を通じて、障がい者の就労を支えていきます。事業終了後の報告では、卒業生の就労率もご報告します。

ミャンマーでは急速に経済が発展する一方、障がい者の参加は限定的で、貧富の差はますます広がるばかりです。AARは、障がいの有無にかかわらずすべての人が働ける社会を目指して、訓練校の活動を続けていきます。

(認定NPO法人 難民を助ける会さまより)

 

プロジェクトの詳細はこちら

■難民を助ける会さまのその他の支援活動はこちらからご覧いただけます。

 

世界の人々の自立を応援する   フェリシモ地球村の基金    ご参加はこちら >>>

 

 ★Yahoo!ネット募金からも「フェリシモ 地球村の基金」への支援ができるようになりました! 

   Tポイントで1ポイントからの寄付、クレジットカードからの寄付もできる
   Yahoo!ネット募金「フェリシモ 地球村の基金」の募金ページはこちら

ブログ

ウェブページ

  • js
  • img
  • css
Powered by Movable Type 6.1.2

最近のコメント

アイテム

  • IMG_7630.jpg
  • IMG_7627.jpg
  • IMG_7624.jpg
  • IMG_7632.jpg
  • IMG_7622.jpg
  • IMG_7624_s.jpg
  • 20180926_ehon_03.jpg
  • 20180926_ehon_02.jpg
  • 20180926_ehon_01.jpg
  • 20180926_ehon_main.jpg