先週に引き続き......あおぞらソラシードさんのご紹介です!

五頭山麓のふもとから届く森の香り


新潟県五頭(ごず)山麓ふもとにある「あおぞらソラシード」。

障がいがあってもなくても誰もが楽しく働き暮らせる社会になれたらいいなあ......
人に頼るばかりでなく、周りの協力を得ながら製造から物流まで自分たちでやり、きちんと市場で認められるものを作りたい!  働くことを通して社会から認められたい。自分の誇りを持ちたい。
私たちにはそんな想いがあります。

当初、スギの間伐材を使った杭を製造していました。この時に発生する清々しい香りのおが粉を何かにできないか?とずっと考えていました。
奈良のオーガニックコスメメーカー「クレコス」副社長の暮部さんに相談すると、リネンウォーターにしてみては!?とのアドバイスが。
すぐに試作蒸留し、試作品が何パターンもでき、これは行ける! という感触が得られました。

20140502_1.jpg

それからじっくり2年間かけて「熊と森の水~スギ~」を商品化。
翌年には甘夏の香りも増えました。

20140502_2.jpg

最初、製造担当メンバーは3人でした。
もともとオーガニックに興味があったり、化学が好きだったりという強みもあり、どんどん仕事を吸収。

そんなある日、メンバーのひとりがたまたま東京の雑貨店に行った翌日、「熊と森の水が置いてありました。うれしかったです」と言ってくれたんです。

これだ!!!
自分たちの作ったものが誰かの手に渡っていくという体験は、働く力につながるのです。

最近では製造部門だけでなく、包装・物流部門も立ち上げ、施設全体での事業になってきました。
3人だった担当が、今では6人に。これもうれしいことです。

20140502_3.jpg

20140502_4.JPG

もっと品質を高め、今よりもたくさんの方に手にしてもらえますように......
メンバーの働きがいと笑顔が、お客さまの笑顔にもなりますように......


そんな気持ちのこもったリネンウォーターは、この夏発刊されるCCPカタログでご紹介予定です。
楽しみにお待ちくださいね!