チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

ハンガリーのチョコレート

2016.11.17

早くもブレイク!? 「チョコミー アーモンドブロンド」

みなさん、おいしいの最終形がこちらでございます!!!

......って言ったら、ホントにブレイクしてしまったのが、これ! 初登場でいきなりスターの座に輝く大物新人歌手のような、

ハンガリーの「チョコミー アーモンドブロンド」。

ha.jpg

これからの活躍が末恐ろしいと感じる「チョコミー」は、ハンガリー・ブダペストからの日本初上陸ブランド。

image0567 (2).jpgimage0597 (2).jpg

まだまだ新しいショコラティエなんですが、その受賞の数を見たらびっくりします。

image0606 (2).jpg

それほど大注目のチョコレートなんですが、私はひょっとしたら、これは工場でオートメーションで作ってるの? と思いました。でも、そうではなくて、ハンガリー国内よりも輸出に重きを置いているそうで、パッケージもグローバルなデザインになっています。試食がずらりと並び、驚いたのはその種類の多さです。出てくるわ出てくるわ。そのひとつひとつにやられた、すご過ぎッ。なんだこのオリジナリティーとおいしさは?!!!

image0534.jpg
アトリエに入ってさらに驚いたのは、すごい材料の種類。しかも、その一種類一種類を袋を開けて私に説明しようとするのです。

image0582 (2).jpg

これはほんまもんですよ。素材に自信とこだわりがあるからこそできることです。
いやー、しかし日が暮れる~~~。
彼らの情熱をしっかり感じたチョコミー訪問なのでした。


これが、その「チョコミー アーモンドブロンド」を発見した瞬間の写真です!!!

image0529.jpg

image0596 (2).jpg

実は私、コレ食べた瞬間、「新スター登場!」と思いました。
おいしいチョコレートを、最高においしいチョコレートを、イメージしてください。マックスにおいしいチョコレートを......!それがこれですっ。万人がおいしいと思う味です。国勢調査に入れといて欲しい。なんかわからんけど。

それほど国家規模で愛されてもおかしくない味。でかいですね、話が。どうしよ。関西人話盛りすぎやとは思うんですが。でも、やっぱりそう思う。だって。飲み込むのがいやだったもん。ずっと反芻(はんすう)していたい。食道も胃も全部舌やったらよかったのに。これはチョコレートバイヤーみり、安心してすすめられる。《多少粉が出るのはご勘弁ください》

好き嫌いを超越した味わいってなかなかないんですよ。

迷ったらこれ!間違いなし!

20161101042734.jpg


アーモンドブロンドのほかにチョコミーからは3点の新商品がラインナップ。それらも含め日本初上陸チョコは計30種類! ぜひこちらもどうぞ!

choco_hello japan_banner.jpg

コメント投稿

お名前

コメント