チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

カナダのチョコレート

2016.12.02

バンクーバーのチョコユートピア トーマスハース

バンクーバーでとても光り輝くもの。 それは「トーマス ハース」です。その場所はバンクーバーのベイサイドにあるチョコレート屋さんです。

トーマス1.jpgいいチョコだとは思っていました。 センスがあって繊細で、チョー今どきなハイセンスチョコというイメージ。どっちかというとチョコオタクのストイックな職人さんが作っていると思っていました。

トーマス2.jpgイメージと違いました。というか、こんな光景見たことない。 まずお店に行ったら10台ほどある駐車場に入れないんです。

トーマス3.jpg本当に小さなお店ですが、人がひっきりなしに訪れます。 やっと入れても撮影なんてできない。私のイメージではこのお店がカナダ全土でいちばん人口密度が高いです。ここだけ人であふれている。

トーマス4.jpgええー!ここなにー? しばらくしてその意味が分かりました。 オーナーのトーマス ハースさん。
会話を聞いていたら、あ、この人お友だち。あ、この人も。 なんとお客さま全員と言っていいほど、みんなと親しく会話してるんです。 「やあ、ピーター元気?」「トーマス、おはよう!」全員名前で呼ぶのです。老若男女、どの顔も嬉しそう。 みんなトーマスと話したくてここに集まってくるよう。やっと私の順番が来ました。

トーマス5.jpg「日本からわっざわざありがとう。まあ、座って。コーヒーは?ミルクとお砂糖いる?どんな質問でもしてください」 。ほかのお客さまと同じ、大事にされていると感じる話し方です。

トーマス6.jpg奥さんもお店にいて奥さんにもとってもやさしい。 工場内でも絶えず、若いパティシエに笑顔で話しかけます。

トーマス7.jpgもちろん、さっすが職人さん。チョコの説明には熱心でした。 ほんまに、この人の周りには人が集まるやろうなと思いました。 オーラにすでに愛情を感じます。

尊敬する......。こんな人になってみたい。明日から人生やり直したい。 表のカフェでコーヒーをいただいていると 「もう一杯コーヒーいかが?もう、写真は撮れた?質問があったら言って」ってまた気にかけてくれます。 もう、トーマスさん私たちはいいから。充分ありがとう。ほかの人たちのところに行ってあげて。みんなあなたと話すのを待ってます。
チョコで人をしあわせにしてますよ。トーマス ハースさん。
チョコ界のスーパースター。バンクーバーで発見!愛情の塊!


トーマス8.jpgトーマス9.jpg今回はめちゃめっちゃおいしいって絶対言ってもらえるそんなチョコレートを紹介します。万人に愛されるトーマス ハースその人自身をチョコにしたような。食べたらしあわせを感じるようなチョコレート。

トーマス10.jpgトーマス11.jpg最近ぎすぎすしてる人。こちらですよ。あなたのためのチョコレート。トーマスさんがチョコに愛を載せてあなたをいやしてくれますよ。 今回はとにかく味で勝負。ジャンドゥーヤ、ノアゼット、どちらもうなるおいしさっ。たまらんですよ。

【バレンタインお届け】トーマス ハース ジャンドゥーヤ

20161124060300.jpg

【バレンタインお届け】トーマス ハース ノアゼット

20161127035653.jpg

コメント投稿

お名前

コメント