チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

カナダのチョコレート

2016.12.07

カナダの市場系チョコは世界一! プリヴィレッジ

こんにちは、チョコレートバイヤーみりです。寒くなってきましたね。チョコが恋しい季節です。


アソート12.jpg
今回ご紹介するのは、カナダのモントリオールから日本初上陸の「プリヴィレッジ」さん。

アソート10.jpg実は今回、カナダに行って気が付いたことがあります。カナダの市場は世界一!

image0114.jpg世界のいろいろな国の市場に行くのですが、カナダ、世界一ですよ。

image0190.jpgimage0120.jpg

実は、ヨーロッパではいろいろな市場に行っていますが、だいぶ飽きて来ていたのです。リンゴや野菜や魚や肉は並んでいるんだな。行くけど。写真撮るけど。大体一緒かな、と。

アソート9.jpgそんな私の市場マンネリを打ち破ってくれたのがカナダの市場です。とにかくディスプレイ上手。アメリカもうまいけど、もっとうまい。そして、中に入っているパン屋さんやケーキ屋さんのデザインのレベルが高いのなんの。びっくりする。街中よりも市場の方がすごい。

アソート1.jpgそして、じゃーーーん。ショコラティエも市場にあるのです。それも、本気のショコラティエが市場にあります。 大体、市場の外側には広大なお花屋さんが並んでいて、ショコラティエは一番いいところにカフェ兼お店を出しています。お店もでかいっ。まさに、その代表格がこのプリヴィレッジさん。

アソート5.jpgオーナーをケンさんといいます。日本の高倉のケンさんとはずいぶんイメージが違うタイプのケンさんです。お店を5店舗持っていると聞いていたので、この方は職人さんではなく経営者なのかなと思っていたら、この方がものづくりの人だとすぐわかりました。私の持って行った『幸福のチョコレート』カタログを食い入るように見るのです。人の仕事に興味津々、勉強家です。この人、作る人だ。

アソート3.jpgお店から5分のアトリエにお邪魔しました。すごい広いーーーー。すごいですね、と言うと「このくらいカナダでは当たり前だよ」って。いやいや、この部屋だけで東京ドーム15分の1くらいになりそう。わかりませんけどね。それよりイメージ沸きづらいな。とにかく大きいのです。そして、お弟子さんとの会話も明るくって、この人愛されている。いい人なんだとその空気感から感じました。

アソート6.jpg何よりも驚きは5店舗でこんなに売れちゃうの?ってくらいたくさんのチョコを作っているのです。このケンさんの素晴らしさ。どこを見ても感じます。間違いない実力者。


アソート7.jpg

アソート8.jpg

モントリオールのローカルチョコです。モントリオールに行けない人はぜひ、日本でこの方の作品に触れてほしいと思います。今回はいろいろ食べてみましたが、アソートとキャラメルをセレクトしました。カナダチョコが大好きになること間違いなしです。
今回は悩みましたが、2つ選びました!
フレッシュな香りのオレンジテイスト、すっきりフルールドセルテイスト、ドーム形がかわいいバニラ、メープルシロップ味、4種類のキャラメルを閉じ込めたアソート。それぞれのデザインにも職人のこだわりがいっぱい。

20161205022459.jpg

はちみつ風味のダークチョコにアーモンドとレーズンをふんだんに乗せたミエラ、塩味をきかせたフルールドセル、メ-プルシロップをたっぷり使ったメープル。味はもちろん、見た目のバリエーションも楽しい。

20161205063334.jpg

アソート11.jpg


このほかにも、カナダのチョコレートたくさんあります! ぜひ『幸福のチョコレート』で見つけてくださいね。

canada_choco.jpg



コメント投稿

お名前

コメント