プレスリリース

2017年6月24日(土)『神戸学校』 神戸フィルムオフィス代表 松下 麻理さんをお招きして開催 「BE KOBE~その町で生きてゆくということ」

神戸で撮影した映画やCMについてのエピソードもうかがいます

フェリシモは毎月1回、各界の第一線でご活躍中のゲストを迎えてメッセージライブ『神戸学校』を開催しています。6月のゲストは、「神戸フィルムオフィス」代表の松下麻理さんです。
『神戸学校』6月の詳細と参加お申し込みはこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr17060202/2/


「神戸フィルムオフィス」は、映画、テレビドラマ、CMなどのロケーション撮影を誘致し、撮影支援を行うフィルム・コミッションの中で、国内では古い歴史を持つ機関です。
神戸へ移住されて以来、「大好きな神戸のために、見えない神戸の魅力をカタチにしたい」という思いで、神戸市の広報官時代には画期的なPRなども手がけられた松下さんは「都市間に決して優劣などありません」とおっしゃっています。大切なのは、その人が選んだ場所で、その町を大切に思い、誇りを持って楽しみながら暮らしてゆくことであり、そのことが町の魅力につながり、人が自然と集まってくるのだと。神戸学校では、33年前の移住以来感じてこられた「神戸が誇れること」や「神戸らしさ」とは何なのかというお話、そして、撮影誘致の結果、神戸で撮影された映画やCMについてのとっておきのエピソードなどもおうかがいします。どうぞお楽しみに。

◆開催概要
・ゲスト:松下 麻理さん<神戸フィルムオフィス代表>
・テーマ:「BE KOBE~その町で生きてゆくということ」
・日 時:2017年6月24日(土)13:30~16:00 *13:00開場
・場 所:神戸朝日ホール
(神戸市中央区浪花町59番地)
・交 通:JR・阪急・阪神「三宮駅」より徒歩約8分
・参加料:おひとり 一般 1,200円(学生 1,000円)
ペ ア:おふたり  一般 2,000円(学生 1,600円)
*中学生以下の方は無料
*神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。

◆ゲストプロフィール
松下 麻理(まつした・まり)さん <神戸フィルムオフィス代表> プロフィール
奈良県奈良市生まれ。神戸市内の3つのホテルでの勤務を経て、2010年に神戸市が初めて公募した広報専門官に就任。2013年からは広報官として神戸市の広報を担う。2015年からは、神戸フィルムオフィスにて、映像作品の誘致やロケ支援を通じて神戸の魅力発信を行っている。

◆『神戸学校』6月の参加お申し込みはこちらから
>>>  http://www.felissimo.co.jp/s/pr17060202/2/

◆『神戸学校』とは
『神戸学校』は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。6月で242回目の開催となります。参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。
神戸学校ウェブサイト >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr17060202/1/
Twitter >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr17060202/3/

◆お問い合わせ
神戸学校事務局 TEL:078-325-5727(平日10:00~17:00)
eメールアドレス: kobe@felissimo.co.jp