TOPIC PATH
フェリシモ > 
FEATURE. FELISSIMO > 
石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様 > 
てんびん座 - 2014年の星模様

Libra(てんびん座 9月24日~10月23日生まれの人)

2014年の星模様
2014年の星模様

2014年は、星座を問わず「前半」と「後半」が
7月を境にくっきり分かれるのですが、
天秤座の世界では特にそのコントラストがハッキリしています。
すなわち、前半は「挑む」時期で、
後半は「恵まれる」時期です。
前半は勇気と緊張の時期で、
後半は緩和と解放の時期です。
前半はアグレッシブで、
後半はリラックスできる時期です。


2014年前半は、大きなチャンスを掴み、
社会的立場が一段階上がり、自分を変革して強化し、
戦って何かを勝ち得ることができます。
一方、そこではなにかが決然と「選択」されています。
選択するということは、
選択しなかったものは切り捨てられていくということです。
天秤座の人は全体の調和を重んじ、「すべて」を持っていこうとします。
でも、2014年前半は、
「すべて」を手に入れたり、持っていったりすることはできないかもしれません。
今までこだわってきたものや固執してきたもののいくつかを
手放さないと戦えない場面があるはずだからです。


人から見たときどう見えるか、ということも、
天秤座の人にとってはとても大切なことです。
でも、これも、この時期は「気にしないでいる」ことになると思います。
形振り構っていては、戦えないのです。
今まで「内なる他者」の目に照らして大切にしてきたルールのいくつかを、
ここで無効にすることになりそうです。


2014年前半という時間帯は、
天秤座の人にとって、大変華やかな時期です。
このことは、周囲の人の目にもよく映ると思います。
誰から見ても、貴方は奮闘し、大活躍しているだろうと思います。
その戦いは、どこか
「羊の群れをおいて、迷子の一匹の羊を探しに行く」
ような戦いです。
群れのすべてを守りながら迷子の一匹を探しに行くのではなく、
今まで守っていた群れを置いてでも、探しに行かねばならない一匹がある、
というイメージの時期なのです。
この「たった一匹の羊」は、貴方自身かもしれません。
あるいは、社会的に担っているミッションであったり、
立場や役割であったりするかもしれません。
その内容は様々だと思いますが、
この「一匹」は決して強く大きな存在ではなく、
むしろ、理想にはとてもとどかないような、
弱く小さな現実だと思います。
でも、この弱く小さな現実を捉え、大切にし、追いかけ、そこから始める時、
最終的に非常に大きな、
満足のゆく結果を出すことができるはずなのです。


「すべて」を求めることには、
この時期、あまり価値はありません。
これは「仕事もプライベートも求める事に意味がない」とか、
そういった意味ではありません。
そうではなく、ある種の完璧さや、他者の目に照らしたときのスマートさ、
あるいは善人であることとか、人の意見を容れる、といったようなことです。
私たちは様々なことに価値を置きます。
大きな力を持ちながら腰の低い人を賞賛する一方で、
超然とした人物の態度を「オーラが違う」などと持ち上げることもあります。
じっくり時間をかけて大きなものを完成させる人を賞賛したり、
電車が1分遅れただけでクレームを付けたりします。
「価値」は、よく考えると矛盾していて、
ある意味、どうとでもなるのです。
たくさんいる羊のすべてをつれてはいけない、
というのは、そのような意味です。
この時期、貴方は「人がどう思うか」に構うことなく、
自分のかけがえのない価値観や動機の元に、
敢然と戦いを挑んでいくことになります。


もし、近い過去に「切り離されてしまったもの」があったとしても、
それは罰のようなものではありません。
その証拠に、それは未来に取り戻せるものです。
この「切り離されてしまったもの」は、
貴方の2014年の戦いの意味を教えてくれています。
この意味を知り、戦うべき戦いを戦いきったとき、
おそらく「切り離されたもの」は何らかの形で、
回復するだろうと思います。

年の後半は、戦いが終わり、
世界はあたたかく恵みに満ちたものとして感じられるでしょう。
信頼できる友や仲間に恵まれ、
リラックスした気持ちで、スケールの大きい未来の夢を描けます。
この時期関わる人が、
貴方に新しい夢を「運んできてくれる」可能性もあると思います。
人のネットワークがふわりと広がり、
その中で自由に回遊し、見聞を拡げることができます。


こうした世界を可能にするのは、
年の前半の「戦い」があってこそです。
共に戦った人々が友となり、
未来をも共有する仲間となるのかもしれません。
前半に勝ち得た舞台において、
後半、のびのびと心を開くことができるのかもしれません。
いずれにせよ、前半の奮闘の結果、
後半の信頼関係が生まれる、
という展開になっていくはずです。


時期的なことを少し申しますと、
まず1月は、「居場所」に新しい風が吹きこむところからスタートします。
身近な所に新鮮な変化が起こり、
それが、貴方の心の中にも、
新しい風景や意欲を現出させるでしょう。
1月半ばからは、爽やかで知的な楽しさが満ちてきます。
恋愛や子育てにも、若々しい追い風が吹きそうです。
とはいえ、2月になると愛や楽しみ、
子育てや創造的な活動の場で、
停滞感が感じられるかもしれません。
一方、失ったと思っていたものが蘇ったり、
貸していたものが返されてきたりする可能性もあります。
誤解が解けたり、信頼関係を回復したりすることもできるかもしれません。


3月は頼まれ事が多くなりそうです。
雑務が増え、慌ただしい日々となるかもしれませんが、
その中で、新しい生活習慣を導入し、
生活の雰囲気を変えることもできそうです。
慢性的な不調を抱えていた人は、
ここで体調を「調整」することができるでしょう。


4月は星座を問わず、
強い変動の気配があるタイミングです。
特に天秤座の人には、
かなりインパクトの強い出来事が起こるかもしれません。
思い切った決断を下したり、独立したり、新しい世界に飛び込んだり、
挑まれた勝負を「受けて立」ったり、
逆に、自ら誰かに勝負を挑んだりする人が少なくないでしょう。
月末、貴方が選び取った変化が「人に受け止めてもらえた」ことを
実感できるような出来事が起こるかもしれません。


5月は経済的な面で、
しっかり「仕込み」をするようなタイミングです。
あるいは、経済的に時間をかけて作ってきた水路を、
ここで「運用にうつす」ことになるのかもしれません。
貴方が過去にコツコツ作ってきたものを、
ここでやっと「出航」させることができるような、
そんな節目がめぐってきそうです。


6月は遠い場所に「再訪」する機会がありそうです。
あるいは、遠くから誰かがやってきて、
再会が叶うのかもしれません。
かつて学んだことを「学び直す」ひともいそうです。
距離を超えて大切なものが帰ってくるようなタイミングです。


7月は星座を問わず「新しい時間への扉」が置かれている月です。
2013年後半から続いていた「勝負とチャンスの季節」をここで収束させ、
ほっとひと息つくことができるでしょう。
ストレスやプレッシャーから解放される人も多いと思いますし、
その一方で、ここまでに自分が成し遂げたことに、
大いに満足もできるだろうと思います。


8月は経済的な面で変動が大きい時期です。
思い切って新しい収入の道を切りひらいたり、
大きな買い物を決断したりする人もいるでしょう。
出るのも入るのも振り幅が大きく、
少々意外な展開もあるかもしれません。


9月から10月は、フットワークの良い時期です。
精力的にあちこち動き回り、
普段の行動範囲を拡大できます。
コミュニケーションも大きく広がり、
積極的に声をかけることで仲間を増やし、
ネットワークを拡げることができるでしょう。
この時期は「4月の変動の続き」のような出来事が起こる気配があり、
もう一度新たな決断を下す場面もあるかもしれません。
10月下旬、経済的な問題がすっと着地し、軌道に乗ります。


11月は、「いつもの風景」に変化が起こりそうです。
家族の誰かが人生のターニングポイントに立ち、
それをサポートするために生活のあり方を大きく変える人もいるでしょう。
あるいは、引越やリフォームなど、
物理的に環境が変わる人もいるだろうと思います。
地域コミュニティの活動に積極的に参加するなど、
「自分の寄って立つ土地」に関心が向かう時です。


12月は「やりたいこと」に打ち込める雰囲気が漂っています。
強く自己主張し、自分のアイデアを表現し、
クリエイティブな活動に情熱的に打ち込めるようになるでしょう。
12月の半ば、人間関係に変動が起こるかもしれませんが、
これは貴方の心の奥深くにある秘めた思いが
不思議な具合に作用して起こっている気配があります。
すなわち、一見不可解でも、実は
「望み通り」のことが起こっているようなのです。
不可解なことがあれば、相手の中にではなく、
自分の中にどんな感情、欲求があるか探ってみると、
起こっていることの本質が見えてくるかもしれません。

愛情関係については、
2011年頃からかなり大きな変動の中にあるのではないかと思います。
2014年も、この変動は続いていきます。
すでに2013年までの中で、
インパクトの強い出会いがあったり、
突発的な出来事が起こったり、
古い関係を解消したりしている人もいるはずです。
一方、パートナーとの関わりをとおして、
新しい価値観を学んだり、
生き方を一変させられたりした人もいるだろうと思います。
2014年はそうしたプロセスを、
貴方自身の意志や情熱によって、
更に加速させていくことになりそうです。


4月と10月には、フリーの人にとって
かなり印象的な出会いがあるかもしれません。
強い「縁」を感じる様な、不思議な体験が起こる可能性もあります。
年の前半を通して、非常に情熱的な時期なので、
自分から一歩踏み出す勇気が湧く人もいるだろうと思います。
また、年末に熱い出会いに恵まれる可能性もあります。


とはいえ、特に2014年前半、
貴方は非常に忙しい立場に置かれます。
夢や目標に向かって全力で走っているとき、
パートナーのことを気遣うことができなくなる場面もあるかもしれません。
相手とすれ違ったときには、
貴方の心の奥にあるもののことを伝えることがとても重要です。
「解ってくれていると思っていた」という思い込みは、
ここでは危険だと思います。
貴方自身「この関係はあってもなくてもいい」と考えていても、
失ってみると
「本当は切っても切れない、
かけがえのない繋がりだった」
と実感させられることがあるはずです。
自分の「心」が思考では把握しきれないことを理解するとともに、
大切な存在に対して無用の「距離」を置かないことが大切だろうと思います。


愛に追い風が吹くのは3月から4月頭、
5月、6月末から7月中旬、9月末から10月です。
さらに4月と10月には、
ドラマティックな「再生」の出来事が起こるかもしれません。

2014年は、「人から見た自分」ではなく
「自分が欲する自分」を貪欲に追求していくことになります。
この作業は、本質的に、一人でやるしかありません。
2014年の貴方は、他者に支配されるということがないと思います。
あるいは、今までどれだけ他者に支配されていたか、ということを実感し、
そこから全力で脱出するのかもしれません。
人からの影響を受けず、自分が人にどういう影響を与えているのかも、
あまり気にしない状態となるだろうと思います。
こうしたことは「天秤座的」な世界とは異質なため、
居心地の悪い思いや
「これでいいのかな?」という不安感を感じることもあるかもしれません。
でも、この山を乗り越えることが、
是非とも必要であるように見えます。


2014年を終わるころ、
貴方は大きな自信を得ていると思います。
これは「自分はこのように高い立場にいる」
「自分はこのようにたくさんのものを持っている」
などの「自信」ではないと思います。
おそらく、この年に生まれる「自信」は、
「どのような自分でも受け入れてもらえるのだ」
「どのような自分をも受け入れることができるのだ」
という、その自信です。


これは、甘えのようなものではなく、
いい加減さでもありません。
だれもが、自分の現実の姿を受け入れることを怖れていますし、
ありのままの自分では受け入れられないのでは、と不安に感じています。
そうした恐れを、
2014年前半の貴方の「戦い」が、一気に吹き飛ばします。
そこに、「現実の自分でいられる」という自信が生まれます。
この自信こそが、貴方の周りにたくさんの関わりを生み出し、
さらに、蘇らせることにもつながるはずです。

Libra(てんびん座)

あなたはどう過ごす? by FELISSIMO

on facebook

  • Aries(おひつじ座)
  • Taurus(おうし座)
  • Gemini(ふたご座)
  • Cancer(かに座)
  • Leo(しし座)
  • Virgo(おとめ座)
  • Libra(てんびん座)
  • Scorpio(さそり座)
  • Sagittarius(いて座)
  • Capricorn(やぎ座)
  • Aquarius(みずがめ座)
  • Pisces(うお座)
  • 全体の星模様
  • 「今週の星模様」について

FEATURE

特集一覧

BRAND

  • kraso[クラソ]
  • 石井ゆかりさんコラボ ビブリオマンシーハンカチ.
  • ブランド一覧
    PAGE TOP