TOPIC PATH
フェリシモ > 
FEATURE. FELISSIMO > 
石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様 > 
てんびん座 - 2015年の星模様

Libra(てんびん座 9月24日~10月23日生まれの人)

2015年の星模様
2015年の星模様

未来のことを計画しようとするとき、
私たちは無意識に、
過去を振り返るものではないかと思います。
経験上、それは上手くいくのか。
同じような場面は、過去にあっただろうか。
今まで辿ってきた道のりの中に、
目の前に在る景色と重なる風景を探そうとします。

これは、「心の中」だけで起こることではありません。
たとえば、何かを学ぼうとするとき
私たちはしばしば、その歴史を辿ります。
「どういう成り立ちか」を知ることで、
未来に向かうベクトルを掴むことができるわけです。
人と関わる時も、
相手のことを「もっと知りたい」と思えば
その人が過去に経験したことを話してもらいたくなります。
その人が辿ってきた道のりを、
自分でも疑似体験することで
その人に近づけた気持ちになれるのです。

人生では、しばしば
向き合うべきテーマを回避したとき、
少し後で、また同じテーマを含んだ別の出来事が起こります。
回避したテーマはくり返し巡ってきて、
私たちはそのテーマの前で、
堂々巡りを繰り返すことになります。
やがて、意を決してそのテーマに向き合ったとき、
新しい扉が開いて、堂々巡りが終わります。
パターン化された「再度向き合うチャンス」を乗り越える時、
私たちはやはり、過去の出来事を思い起こします。
過去と同じやり方でそのテーマを回避したら、
また同じ問題が未来に起こるだろう、と気がつきます。
かつての自分と今の自分は、
決して「同じ」ではありません。
かつての自分を思い起こし、
それとはちがう選択をしたとき、初めて
本物の未来に向かう道に踏み込むことができます。

2015年、天秤座の人々は、
未来や他者に「もっと近づきたい」という気持ちのもと、
過去を辿り始めることになるかもしれません。
さらに、
未来に進むために、自分自身の過去と
向き合うことになるかもしれません。
こうした作業は、他人からはほとんど見えません。
2015年の忙しさの「ナカミ」は、
第三者にはまったく気づかれないまま進むかもしれませんが、
この時期の貴方の変革は、
たとえば、鳥があたためている卵の中で起こることや、
脱皮する直前の動物の体内で起こっていることに似ています。
素晴らしくドラマティックな変容が起こりつつも、
それは、その変容が「外に出る」までは、
ほとんど誰も気がつかないのです。

この変容が「外に出る」タイミングは、おそらく、
2016年後半から2018年頃となるだろうと思います。
その直前にあたるこの2015年、
貴方は様々なことを掘り下げてゆくはずです。
前述のように、過去を辿り直す一方で、
新しいことについても学び、
深く研究していくことになるでしょう。
2015年は、様々な疑問が貴方の脳裏に浮かびます。
答えのない問題に取り組まねばならない場面もあるでしょう。
しっかり勉強し、深く思索しても、
「正解」は見つからないかもしれません。
「正解を見つけること」と「こたえを出すこと」は
別々のことです。
2015年、天秤座の人々はいくつかの「こたえ」を出しつつ、
それを心の中のパズルに当てはめていくことになるでしょう。

 *********************

前述の通り「学ぶこと」は、
2015年から始まる、天秤座の世界での主要テーマの1つです。
時間をかけてじっくり勉強し、あるいは研究し、
どっしりとした成果を挙げることができるようになるでしょう。
苦手なことを克服したい、欠点を乗り越えたい、
という思いがある人は、
それを成し遂げることが出来るかもしれません。
「欠点を直したい」「苦手分野を克服したい」
という思いは、しばしば
「自分以外の誰かになりたい」
という思いに繋がっていることもあります。
自分が偏りのある人間だということを認めたくないという思い、
努力さえすれば完全な人間になれるのではないかという期待は、
誰の胸の中にも、多少はあるものではないかと思います。
でも、現実には、
欠点のない完全な人間など、ほとんどいません。
誰もが偏りを持ち、足りないところや苦手な分野を持っています。
おそらく「苦手を克服する」「欠点を乗り越える」ということは、
苦手分野や欠点を消しゴムで消すように打ち消すことによってではなく、
それらが「ある」ということを、まず、
正面から受け止めるところからスタートするのだろうと思います。
誰しも欠点があり、苦手なことがある。
それは、別に異常なことでもないし、直さなければならないわけでもない。
その事実を認めた上で、なお
「でも、少しくらいはできるようになりたい」とか
「欠点が自信や誇りを傷つけることのない状態をつくりたい」
という現実的な方針を立てることが、この時期は可能になるはずです。
欠点や苦手分野を克服して新しい自分になる、のではなく、
欠点や苦手分野を本当に「自分のものにしてしまう」プロセスが、
2015年は展開して行くだろうと思います。

 *********************

[時期について]

年明けはやりたいことをどんどん始められる雰囲気に満ちています。
1月はとても楽しい時間をすごせるでしょう。
とはいえ、一月の中程から、相当忙しくなってくる気配もあります。
多忙さは2月半ばまで続きそうです。
今おかれている状況や役割に問題を抱えている人は
1月から2月半ばにかけて、その状況を変えるべく、
行動を起こすことができそうです。
転職活動を始めたり、異動を希望したり、
生活のありかたを根本的に変えたりできる時です。

2月下旬から3月は、人間関係が大いに活性化するでしょう。
公私ともに、素晴らしい出会いに恵まれますし、
「自分」をそのままぶつけていけるような相手と関われそうです。
少々タフな交渉事が発生したり、
誰かと「勝負」しなければならないこともあるかもしれませんが、
最終的にはちゃんと良い場所に着陸できるでしょう。

4月から5月半ばにかけては、
人の「熱」に触れられるようなタイミングです。
熱い好意を寄せられたり、
いい機会を提供してもらえたり、
ギフトを受けとったり出来るかもしれません。
人からの働きかけに応えて行くところから、
自分一人では選び取れなかった選択肢を選べるようになります。

5月半ばから6月は、
遠出する機会が増えるかもしれません。
出張や旅行、留学や遠征、中には遠くへの引越など、
かなり遠いところまで足を伸ばす事になりそうです。
また、一度行ったことのある場所を再訪したり、
短期間に何度も同じ場所に通ったりすることになるかもしれません。
その一方で、この時期は旅に「遅延」がつきまといます。
予定がどんどん変更になったり、
遠くまでいって足止めされたりすることもあるかもしれません。
でも、ここでの遅延は、決して「悪いこと」ではなく、
ちょっと遅れたからこそ出会えるものがある、
ということだと思います。
先を焦らず、柔軟に対応することで、
結果的に問題なく帰ってくることができるはずです。

6月末から8月頭にかけては、
非常に忙しくなるでしょう。
大きなチャンスが巡ってきたり、
自分から勝負を仕掛けたりできる時間帯です。
「具体的な結果を出す」ことが意識の中心に置かれ、
猛然と目標に向かって走り続けることになりそうです。
自分の限界を突破するような挑戦をする人もいるでしょう。
「キレイに形を整えよう」「カンペキにやろう」としないほうが、
かえってスケールの大きな結果に繋がります。

8月から9月にかけては、
かなり自由に動き回れそうです。
多方面の人を巻き込んで、
未来に向かう大きな動きを創り出せるときです。
人との関わりが外側に広がり、
機動的なネットワークが出来上がりますし、
異分野交流のように、ちがったバックグラウンドの人と関わって、
視野を広げることもできるでしょう。
「親友」に恵まれる人もいるかもしれませんし、
新しいチームを作る人もいるだろうと思います。
あるいは、このような動きは、2014年後半から始まっていて、
この時期に「完成する」ような段取りとなるのかもしれません。

9月末から11月半ばにかけては、
冒頭から述べたような
「過去に遡る作業」が本格化していくでしょう。
また、誰かを無償で助けたり、
逆に、貴方自身が誰かに救われたりすることもあるかもしれません。
表面的な所にとどまらない、
非常に緊密で精神的な人間関係が生まれる気配もあります。
心の奥深くの秘密の扉を開き合って
誰かと手をつなぐことになるのかもしれません。

11月半ば以降は、
素晴らしく輝く時間帯となっています。
貴方が「主役」のような立場に立って、
大活躍することになるかもしれません。
また、「自分を変えたい」という思いを抱いている人は
この時期一気に自己変革を進めることが可能です。
セルフイメージを変え、
本来持っている長所をそのまま外に出せるようなありかたを、
思い切って選び取ることができるでしょう。

 *********************

[愛について]

心の奥底に渦巻く、
熱く、不可解なほどボリュームの大きいうねりが
2011年頃から、貴方を取り巻く人間関係全般を
妙な具合に動かしてきたのではないかと思います。
予期せぬ分離や結合が頻繁に繰り返されるのですが、
それは外側からもたらされる運命のように見えながら、
実際は自分が密かに望んだとおりになっていたことだったのではないでしょうか。
あるいは、その大ボリュームの深い感情のうねりに飲み込まれて、
望まない関わりの改編が発生してしまったことも、
もしかすると、あったかもしれません。

もし、貴方が過去数年の中で
そうした一種強烈な「関わりの変成」を経験してきたのであれば、
2015年4月を最後に、その変成は収束に向かいそうです。
年明けから、前述の「不可解なほどボリュームの大きいうねり」が一体何なのか、
それがわかり始めるからです。
深い感情のうねりの内容がわからないばかりに、
それに振り回され続けてしまい、
結果として、愛が上手く流れない状態になっていたなら、
その状況を変えることが可能になるのです。

2015年、愛を望ましい方向へと伸ばしていくのは、
深い深い、自分自身との対話です。
もし、今、愛について納得のゆかないことや望まないことが起こっているなら、
自分の心のすべてと対話を深めることで
その原因と解決法が徐々に、わかっていくはずです。
一方、今目の前に在る愛の世界に満足できているならば、
さらに「相手のために何ができるか」を追求し、
心の交わりを深くしていけるでしょう。
ただ「好き合ったもの同士」の関係を越えて、
本質的な意味で「かけがえのない存在」になっていける、
そのためのきっかけがたくさん見つかる一年となるはずです。
また、愛を探している人にとっては、
春と秋に、かなりドラマティックな出会いが期待できるかもしれません。

愛に追い風が吹きそうなのは、
1月、2月下旬から3月、1月半ばから5月頭、
11月から12月頭です。
また、1月下旬から2月頭は、
失ったと思った愛が蘇る可能性もあります。
さらに、愛について「奇跡」を感じられるような出来事が、
4月前半から5月、9月後半から10月に起こるかもしれません。

 *********************

友達ができたら、相手に親切にしたいと思えます。
距離を縮めて、楽しく過ごしたいと思えます。
でも、もう少し関わりを深めようと思うと
だんだんに、相手の抱えている問題や悲しみ、
弱点などに触れることになります。
相手の役に立ちたい、という気持ちは、
相手の足りないところはどこだろう、という目線につながります。
友達に成りたての頃は、
自分がどう見られているか、とか、
自分を気に入ってくれているか、などが気になりますが、
真剣に相手の力になりたい思いが募ると、
だんだんに「自分が」「自分は」という思いが消えていき、
意識の上に「自分」がいなくなってしまうこともあります。
天秤座の人はもともと、
とても利他的な所を持っていますが、
「自分」という意識が消えてしまうようなことは
なかなかありません。
でも、2015年はどこかのタイミングで、
「自分は?」「自分が!」というイメージが消えていき、
気がつけば誰かのこと、なにかのこと、
それ「のみ」を考えて行動するようになっているのではないかと思うのです。
そういう状態になったとき、
私たちはたいてい、深い充実や「生きている」という感触を
深く生きることができます。
「愛」や「優しさ」といったものは、
それを手で触ることも、直接目にすることもできませんが、
2015年はもしかすると、
愛や優しさの本体を、ダイレクトに体感できるかもしれません。
その愛や優しさは、貴方自身のものでもあるでしょうし、
同時に、貴方にとって本当に大切な誰かのものでもあるだろうと思います。

Libra(てんびん座)

あなたはどう過ごす? by FELISSIMO

on facebook

  • Aries(おひつじ座)
  • Taurus(おうし座)
  • Gemini(ふたご座)
  • Cancer(かに座)
  • Leo(しし座)
  • Virgo(おとめ座)
  • Libra(てんびん座)
  • Scorpio(さそり座)
  • Sagittarius(いて座)
  • Capricorn(やぎ座)
  • Aquarius(みずがめ座)
  • Pisces(うお座)
  • 全体の星模様
  • 「今週の星模様」について

FEATURE

特集一覧

BRAND

  • kraso[クラソ]
ブランド一覧
PAGE TOP