ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

ミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2017.8. 9 なりきり仏像スタイル新商品「菩薩(ぼさつ)ニットバイザー」が登場!!

  • LINE
  • twitter
  • facebook

こんにちは、おてらぶのひさよしです。

お寺文化を楽しく、わかりやすく、ふだん使いして楽しめる『なりきり仏像スタイル』。昨年は「らほつニットキャップ」を発売しました。
そして2017年。先にご紹介しました「もちもち邪鬼ポーチ」に続いて、新商品を今回はご紹介したいと思います。名付けて「ぼさつニットバイザー」。その名の通り菩薩になりきるつば付きニットバイザーです。今回もこだわりがたくさんありますので、今日はそれをご紹介します!

こだわり1:「宝冠(ほうかん)」

20170809_bosatsu_design.jpg

仏教における菩薩とよばれる仏さまの多くが、きらびやかな宝飾品を身につけています。これはお釈迦さまの出家直後の姿をモデルにしているからだそうです。耳のイヤリング「耳璫(じとう)」、二の腕には「臂釧(ひせん)」、手首に「腕釧(わんせん)」、胸元のネックレス「瓔珞(ようらく)」、そして頭上に輝く「宝冠(ほうかん)」などです。今回のぼさつニットは、この宝冠をイメージしています。


20170809_bosatsu_nuime.jpg宝冠のデザインは、仏像研究をしている学芸員の先生に監修していただき、どの仏像でもないオリジナルの図案を描き起こしました。そして、その図案を緻密な刺繍で、立体的に表現し、つば裏に表現しました。

こだわり2:「オールシーズン使える」

20170809_bosatsu_kijikan.jpg

今回はニットキャップではなく、つば付きのニットバイザーとして作りました。ニット部分はやや薄く、風通しのよい感じに仕上げていますが、ターバン生地の重なりもあり、夏は涼しく、冬は温かくお楽しみいただけます。つば部分もやや広めに作っているので、日差しもしっかり防いでくれるという、見た目だけでなく機能的なアイテムです。

こだわり3:「使いやすい帽子として」
20170809_bosatsu_fudandukai.jpg

前回の「らほつニット」は、かわいいけど普段使いしにくい。そんな声も一部いただきました。そこで今回の「ぼさつニット」は、もっとおしゃれに使えるように、はっきりとした変身機能を持たせました。その方法はとても簡単で、"つばをあげる"だけ。ふだんから気兼ねなく、おしゃれアイテムとして楽しむことができます。

こだわり4:「色(カラーバリエーション)」

20170809_bosatsu_c_brown.jpg20170809_bosatsu_c_gray.jpg20170809_bosatsu_c_navy.jpg

豪華なゴールド×ブラウン。涼し気なシャンパンゴールド×グレー。控えめなブルーシルバー×ネイビーの3色。帽子本体の生地と刺繍糸の相性を何度も組み合わせて完成しました。

こちらの商品は、2017年9月26日から東京国立博物館で開催される特別企画展 『運慶展』特設ショップと、フェリシモWEBショップページから購入可能です。「もちもち邪鬼ポーチ」はじめ、他の商品も販売予定ですので、お楽しみに!

■フェリシモ おてらぶとは?
「お寺文化から心豊かな暮らしのヒントを見つける」をコンセプトに、生活者目線でお寺に触れて、学ぶことができるお寺カルチャーコミュニティです。

■関連サイト
フェリシモ おてらぶ・Facebook
フェリシモ おてらぶ・Twitter
フェリシモ おてらぶ・Instagram

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!