ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

ミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2017.9. 1 開発の始まりの巻 ~9/15発売予定・「美容師直伝!ヘアアレンジレッスン」、伝えたい15の話(その1) ~

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

こんにちは、プランナーのNecoです。ふだんはミニツクのプログラムを企画したり、ファッションアイテムの企画などを主にしたりしています。今回はたくさんの女性がおしゃれに変身できる「美容師さん直伝! おうちでヘアアレンジ レッスンプログラム」を企画しました。 2017年9月15日 からフェリシモのミニツク サイトで先行予約が始まります。発売までを楽しく待っていただきたいと思い、このプログラムが生まれるまでの物語を15回にわけて連載していきます。

01hair_arrange20170901_1.jpg

■一部:1~5回
「ヘアアレンジ・レッスンプログラム」が生まれるまでのお話
昭和元年(1925年)創業の簪(かんざし)、飾り櫛、帯留めなどの着物装飾品を製造する会社からの提案から誕生?!

■二部:6~12回
現役で活躍中のヘアスタイリストさんと一緒に作ったヘア小物の数々をご紹介!
その魅力を特別に先に教えちゃいます。

■三部:13~15回
発売直前! もっとナイショのナイショ話
おしゃれなテキストの中身を、少しだけご紹介します。さらに、動画で、ヘアアレンジの方法もちらみせします。

ではさっそく、いってみましょう!

私がはじめに企画しようとしていたプログラムは、実はぜんぜん違うものだったんです。「おしゃれよりも節約したい人」方が多いのではと思い、「おうちでヘアカット楽しむ!おうち美容室レッスンプログラム(仮称)」を企画していました。そう、もともと私は美容室に行くのもおっくうな出不精。家でヘアカットできるようになったら、どんなによいか......という軽いのりでスタートしたのです。本屋にもいろいろなセルフカットの本も並んでいるし......これは売れるのでは!?と思いました。ご家族がいる方であれば、お子さんの髪を切ってあげたり、パートナーの髪を整えてあげたり、いろいろできそう!そんなイメージは広がったところで、フェリシモ社内で女性スタッフを中心に、髪にまつわるプレアンケートを実施してみました。美容室へ行く頻度、自分が髪にかけている費用、そして、髪に関する悩みごと。そういった質問の回答から、いろいろなことを内容に盛り込もうと思ったんです。

ところがですね。ところがですね。いざ、アンケートが戻ってくると、おひとりお一人の髪の悩みがとても多いこと、多いこと。すべてに目を通して、いちばん見たくなかった「セルフカットは、怖くてしません。美容師さんでないと......」というコメントがとても多かったのです。一部で「前髪は自分でカットしています!」とあったのですが、う......セルフカットができることは、そんなに誰も望んでない。ぬーん。また企画はふりだしに戻ってしまいました。

そんなとき、東京からアクセサリーメーカーのKさんがやってきました。ちょっぴりつまずいていた私の熱い企画が、その日を境にぐんぐん進行することになります。

次回は 「髪様、ありがとうの巻」 です。

※「美容師さん直伝! おうちでヘアアレンジ レッスンプログラム」は 2017年9月15日 フェリシモ ミニツクのサイトにて発売予定です。

※このブログで紹介している、ヘア小物やテキストの写真には開発段階のものも含まれます。

15hair_arrange20170915_p.jpg

「ヘアアレンジレッスンプログラム」

「美容師直伝!ヘアアレンジレッスン」、伝えたい15の話
  すべての記事:
その1:開発の始まりの巻
その2:髪様、ありがとうの巻
その3:達人たちのまなざしの巻
その4:100人アンケートにチャレンジの巻
その5:ひとつ結びにグッバイの巻
その6:大人ヘアゴム&おしゃれクイーン・マジェステの巻
その7:月みたいなヘアコーム&古美色バレッタの巻
その8:3色ヘアタイ&エメラルドグリーンのバンスクリップの巻
その9:スリーピン&カットコーム・ダッカールクリップの巻
その10:ゴールド色ヘアピンのセット&カチュームの巻
その11:細めのバレッタの巻
その12:ロングムーン☆コームの巻
その13:カメラマン登場の巻
その14:ときめきヘアアレンジに悶絶の巻
その15:ついに発売&次回作の発表!??

ヘアアレンジレッスンプログラムを見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク プランナー Neco

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!