妄想商品化道場 by YOU+MORE!(ユーモア)

MENU
ユーモア 妄想商品化道場
  
お題02
出しっぱなしでも面白い布団収納

亀布団バッグ/家庭用高跳びセット

マルチクリエイティブ会社:ザリガニワークス
0
その1:【亀布団バッグ】

今回、『出しっぱなしでも面白い布団収納』という事で色々考えたのですが...

kame1.jpg

どんなに可愛くても楽しくても、やっぱり出してる時点で部屋は狭くなってしまいます。
これが一番の問題かなと。


kame2.jpg

そこで今回僕らの考えたアイデア。
これならバッチリ床面積も広く残せます! 勿論押入れにもしまいません。


kame3.jpg

どこにしまったのかって?


kame4.jpg

ここだよぉ!!!


kame5.jpg

そう、背負ってしまえば床も狭くならないし、急なお客様にも「ああ、亀か...」くらいにしか不自然に思われません。


kame6.jpg

床に座ればもたれる事もでき、ちょっとした座椅子感覚で使えます。
腰回りも暖かく保てて、身体に優しいですね。


kame7.jpg

どうしても床に置きたいという時も、そもそも亀の甲羅なので可愛く自然です。
敷き布団用や枕・毛布用などサイズ展開して、積んでも可愛いですね。


kame8.jpg

「背負う」をテーマに、バリエーション展開も可能。どれも置いても可愛いですね!



その2【家庭用高飛びセット】

出しっ放しの布団収納には、夏場に遊ばせてしまう毛布や掛け布団のやり場をスマートに解決したいというのがまずあると思うのですが、オールシーズン通して布団をスマートにしまえたら、それはそれで最高ですよね。

という訳でこちら。

takatobi1.jpg

オールシーズンとなると、「朝畳んで、夜また敷く」を毎日無理なくスマートにやりたいもの。
これなら畳んだ布団の横にセットを立てるだけ。一瞬にして布団の生活臭を消し、ごく自然に景観に溶け込ませる事ができるでしょう。
お部屋の規模や布団の枚数などによって、子供から大人まで、実際に高飛びを楽しむことも可能です。

スポーツ大好きなお宅にどうぞ。



このアイディアをくれたのは…

マルチクリエイティブ会社:ザリガニワークス

武笠太郎と坂本嘉種によるマルチクリエイティブ会社。 代表作はコレジャナイロボ、自爆ボタン、土下座ストラップ、石膏ボーイズ等。コレジャナイロボは2008年度グッドデザイン賞受賞。雑誌テレビブロス(東京ニュース通信社)にて「ザリガニワークスのスーパートイ工房」連載中。著書「遊んで暮らすコレジャナイ仕事術(パルコ出版)」。3月31日にMOOK本「超玩具発想法スーパートイ工房(東京ニュース通信社)」が発売。 http://zariganiworks.co.jp/

いいなと思ったらクリック!

\一番点数の高い記事を商品化します/

このお題の他の記事

ボツ企画供養所はこちら