妄想商品化道場 by YOU+MORE!(ユーモア)

MENU
ユーモア 妄想商品化道場
  
お題05
部屋が〇〇になるウォールシール

ヒエログリフが書ける判子屋さんのお話

0

みなさま、こんにちは。
商品化の進捗報告が滞っておりましたが、実は水面下で「エジプトウォールシール」「ベニテングタケの傘」「小鳥が肩にとまるトートバッグ」の3商品が完成しております!
後1カ月も経てば商品画像も公開ですので、ここまで来ちゃったら秘密のまま、完成版はしばらくお待ちください。

今回は、7月発売の商品の一つ。「部屋が古代エジプトになるウォールシール」のヒエログリフ&エジプト神のデザインを担当してくださった岡崎印房さんのお話をしたいと思います。

ずーーーーっと、この商品にふさわしいデザイナーを探していたのですが、なにせ「古代文字ヒエログリフが書ける」「エジプト神のイラストが上手に描ける」という2点でふるいに掛けるとなかなかふさわしい人が見つからない。
そんな中、奇跡的に見つけたのが、京都の老舗判子屋さんの岡崎印房さんでした。



ここが悠久の時の流れへの入り口、岡崎印房さんだ

4942_ext_21_0.jpg 烏丸御池近く。雪が降っていて寒かった。

今回のエジプトウォールシールのデザインを担当してくださったのは、笑顔がとっても素敵な岡崎さんご夫妻。
店内にはあらゆる種類の判子がずらり。判子を彫る作業スペースあり、石の種類を選べば本格的な篆刻印を作ることもできます。書家や画家が、作品の隅に捺しているアレです。かっこいいぞ。
そんな実用性の高い判子たちに交じって、明らかに常軌を逸するデザインの判子がありました。


ヒエログリフスタンプです。
hieross-amd.jpg 鳥や蛇の絵のようで可愛らしい。

cartouche-bs400.jpg カルトゥーシュ(王の名前を表す)スタンプもある。

なんと家紋スタンプも。
梵字スタンプも......!?

お二人の「好き」が判子の形になって、店内でワイワイ遊んでいるよう。海外のお客さまもよくいらっしゃるそうですが、異国から来てこんな面白い判子屋を見つけるなんて、どんな嗅覚をしてるんだ!

この人しかいない!ということで、岡崎印房の岡崎夫妻に今回の古代エジプトウォールシールのデザインと監修をお願いすることになりました。



お二人のエジプト愛がすごい。

打ち合わせが始まるや否や、岡崎さんが判子屋さんの奥からどんどん分厚い古代エジプト関係の歴史資料や展示資料を持ってきてくださる。ここは大英博物館か。

私は判子のガラスケースの上で「この碑文が良いですね!」「じゃあオシリス、アヌビスは外せないですね!」などと興奮し、気づくと到着から3時間が経過していました。何が起こったんだ......。
ナイル(賀茂川)には魔物が潜むという噂は本当だったようです。

デザインについては、保証します。超、かっこいい仕上がりになっています。
岡崎印房さん監修の、本格的なウォールシールのデザインにご期待ください。



アフターフォローもバッチリ

後日談として、ウォールシールのデザインチェックをメールでお送りしたあと、岡崎さんからお電話がかかってきました。
「ヒエログリフの小さい点や棒が抜けている箇所がありました。」
さすがです、岡崎さん。これもヒエログリフに造詣の深いひとでなければ気づけないポイント。

ちなみに岡崎さんはお電話での世間話も古代エジプトなので、
私は会社のデスクで、

「へ~、それでパピルスを棺に入れたんですね~」
「うんうん。ネフェルタリさんがねぇ。そうなんですか。」
「えっ!ファラオがそんなことを!?それは初耳でした。」

などと相槌を打つことに。周りの社員は「棺!?何の話をしているんだ!?」と混乱したことでしょう。
長い時間をいただきましたが、古代エジプトウォールシール、ようやく完成です。



岡崎さん、ありがとうございました。
今度判子を作りに行きますね。



エジプト神&ヒエログリフデザイン
Koji&Hiromi at HANGOD

京都市内で代々の印章業を営み伝統的な京印章を作製する一方、ヒエログリフ、エジプトの神々スタンプ、日本の家紋や梵字のスタンプ等々マニアックな展開をする。
http://www.hangod.com



いいなと思ったらクリック!

\一番点数の高い記事を商品化します/

このお題の他の記事

ボツ企画供養所はこちら