こんにちは! プランナーきょーです。
会社の窓から見える六甲山も色づいて、本格的に秋ですねー。
個人的にいろいろ見に行ったりしているチャレンジドの関わるカルチャー情報を
少しずつこのブログでお伝えしていきたいと思います。


できないことを魅力にする!


今回は、「土曜日の天使たち」というクラウンのみなさんのご紹介です。
クラウンっていうのは、道化師のこと。社会福祉法人かがやき神戸で、
障害のメンバーが、タップダンサー白井博之さんの師事を受けて始まった
「できないことを魅力にする!」をモットーに、プロ活動されているエンターテイナーのグループです。

自由でカラフルなピエロのような衣装で登場するメンバーは、
ひとりひとりのキャラクターにすごく味があって、
笑いが絶えない楽しいステージです。
絶妙の間や味ありのセリフ、予測不可能なギャグ(?)、ボディランゲージや変顔も楽しくて、
人を笑わせるのに障害のあるなしなんて関係ない!と、彼らを見ると思います。

先月、兵庫県立芸術文化センターで公演された
「第2回グローバル・エンターテイメント・フェスティバルin関西」でも
プロの俳優さんたちといっしょに「喜劇 ロミオとジュリエット」を、
ミュージカル調のプロの演技と、ゆるい「天使たち」のクラウン芸が絶妙のマッチングで、
終始笑ってしまいました^-^!

お客さんを笑わせるのがとにかく大好きなメンバーのステージを見ると、
とっても元気がもらえる気がします。
たくさんの人に観ていただきたいなーと思います。

pic-topkagayaki.gif