CCPでは2016年から、チャレンジド応援基金を立ち上げました。

商品の売り上げの一部は、チャレンジド(障がいのある人たち)のスキルアップや               地域理解を深める支援活動に活用されます。


CCPでは、メーカーやクリエイター・NPOと協力し、
福祉作業所さまを 対等な立場のプロジェクトの事業パートナーとして、
チャレンジド(障がいのある人たち)の個性や能力を活かした商品をつくってきました。

CCPにおいての福祉作業所さまへの支援は、
ビジネスの継続的なサポートをしていくことと考えています。
事業パートナーとしてプロジェクトに参加いただくことで、
障がいのある人たちの仕事がスキルアップすることが
チャレンジドの社会参加への支援になると捉えてきました。

イメージ染め革財布.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

なぜ今基金なのかというと、
今回はじまる「チャレンジド応援基金」は、
商品に込められた価値以外に、
買ってくださるお客さまと「障がいにある人たちへの応援」 という形の
つながりを作れたらという思いから始まりました。

商品の価格の1~2%という少しの金額ですが 特定の福祉施設ではなく、
地域で障がいのある人への心のバリアフリー活動を進める
小規模なNPO様に向けて支援させていただく予定です。
支援のレポートは、拠出後、順次CCPのサイトにてUPさせていただきます。


今後の予定支援団体さまの活動の一例です
↓マイスターに学ぶお菓子作り講座
クルーズ様お菓子作り1.jpgのサムネイル画像 unnamed.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 wa-kushoppu.jpg
     地域の小学校での「心のバリアフリーをなくす体験ワークショップ」↑