チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

チョコレートバイヤーのお仕事

2018.06.26

メルボルン・初の南半球チョコの旅

私はオーストラリアに来たのは3度目です。
シドニー、ケアンズ。とってもオーストラリアらしい、明るい太陽のイメージです。
チョコに大敵。暑い、そして直射日光。日本と気候が真逆なので、バレンタインは真夏に当たるのです。チョコ界では未開の地。
でもね。昨今ちらほらとローチョコとか健康志向のチョコレートがいいと耳に入るようになりました。(※ロー(Raw)とは、生とか非加熱という意味)
それもメルボルンから。
そこでメルボルンに旅立ちました。
今回もテレビの取材クルーが私の出張に同行されました。どうぞどうぞ。なんでも見てください。
第一印象は 「え?寒い?」
そうなんです。日本は春5月、メルボルンは晩秋です。それにだいぶ南極に近いですもんね。
紅葉が美しい。シドニーとかから来た人は、写真を撮っていました。シドニーやケアンズには紅葉がないそうです。

IMG_8168.jpg
日本の柿をよく見ました。なんか海外で友達に会った気分。

IMG_7348.jpg
メルボルンのイメージは、ちょっとアメリカの西海岸に似ている。おしゃれです。
そして、やたらめったらカフェだらけ!
知らなかったのですが、メルボルンはカフェの町。バリスタの町なんだそうです。
カフェだらけの細い路地まであるんです。

IMG_8106.jpg

IMG_8108.jpg

IMG_8109.jpg
みんながこんなコーヒーを飲んでいます。日本人もたくさん、バリスタ修行に来てるそうですよ。

IMG_8111.jpg
町の象徴を紹介すると。
まずはメルボルン駅

IMG_8093.jpg
重厚で、メルボルンがヨーロピアンな町と言われている由縁がわかります。
そして、ウォールアートもいっぱいあるんです。落書きではありません。決められたところに町のあちこちにあるのです。巨大なアートです。私も描いてみたくなります。

IMG_8143.jpg
IMG_8128.jpg

IMG_8124.jpg
あ、もうひとつのインスタポイントはこちら。港のサーファーたちの小屋がかわいいのです。

IMG_8083.jpg

IMG_8065.jpg

IMG_8071.jpg
なんだかかわいい学生さんが写真撮ってました。
メルボルン大学があるせいかとっても若い人が多いように思います。
みんなリラックスしてるな。
と思ったら、このメルボルンは世界の住んでみたい町ナンバーワンに選ばれたそうです。なんかわかる気がする。
私も学生だったらこんな町に住みたいな!

コメント投稿

お名前

コメント