チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

オーストラリアのチョコレート

2018.07.10

ママが作ったスイーツ天国。チョカママ

メルボルンの観光と言えば!ここ!というくらい有名な、歴史的なアーケード「ロイヤルアーケード」!

IMG_7262.JPG

IMG_7227.JPG


とてもおしゃれで、写真をいっぱい撮りたくなるような、とてもかっこいいヨーロピアンなアーケードです。オーストラリアのメルボルンがヨーロッパのようだと言われている理由がやっと分かりました。落ち着いたヨーロッパの雰囲気、ちょっとパリのパッサージュのようでもあります。

IMG_7259.JPG

IMG_7257.JPG
その中にあったのが「チョカママ」さんです。

IMG_7233.JPG
昔はホテルにチョコを卸していたんですが、3年前からこの地にお店を開いたそうです。私、すごく感動してテンションが上がりました。小さなお店にはありとあらゆるタイプのお菓子が溢れています。まるでスイーツの天国のような場所です。
地元人気ということで行ってきましたけども。地元人気のはずです。

IMG_7237.JPG
いつまでもここにいたいような店でした。スイーツの山脈から出てきたのは1人の女性です。
「チョカママ」とは自分がお母さんだからということです。

IMG_7238.JPG
最先端のチョコレートというよりは、地元の駄菓子のような。毎日来たい感じ。地元の人に愛される日常的なスイーツ、チョコレートをいーっぱい見ました。これはこれで大好き。テンションが上がりすぎてどれを選んでいいか分からなくなるくらいハイテンションになりました。メルボルンに行かれたら同じ思いをすると思うので、ぜひここに行ってみてください。

IMG_7255.JPG
私たちが商談していると、細くて背の高い学生さんがこちらを見ていました。アルバイトさんかなぁと思っていたら、息子さんでした。息子さんは学校から帰ったらアルバイトでお母さんを手伝っていると。素敵な親子でした。このお店から選んだのは、日本にはないもの。オーストラリアの日常を感じるチョコ。

IMG_7247.JPG
選びきれなかったので、ほかのお店よりだいぶ多めにセレクトしました。それも見てるだけでやっぱりテンション上がる!

コメント投稿

お名前

コメント