チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

オーストラリアのチョコレート

2018.08.07

メルボルンのナチュラル系カフェチョコ エム・ティーメルボルン

「エム・ティーメルボルン」はメルボルンのカフェ系ショコラティエです。

IMG_7882.jpg
IMG_7883.jpg
それもビーン トゥ バーをコンセプトの全面に押してる、まるでチョコレート工場の中にいるようなショコラティエです。
IMG_7876.jpg
昔からビーン トゥ バーをやりたかったらしく、ドリーム カム トゥルーだそうです。
オーナーのウーゴさんはイタリア人。いかにもイタリア人という感じのおしゃれさんです。
倉庫のようなつくりで、植物がいっぱいなんです。
大きな年代モノのチョコレートマシーンもありますが。こっちはオブジェです。実際これは大きすぎます。
IMG_7866.jpg
IMG_7873.jpg
実際はこっち。
IMG_7867.jpg
チョコを作っているのはサマンサさん。
IMG_7858.jpg
ウーゴさんは天才だと言ってました。いいですね。このオーナーとの信頼関係。
とにかく、このおしゃれカフェでも意識が高い。
IMG_7879.jpg
素材と環境の話が続きます。
すごいですよ。オーストラリアはいい人だらけ。
IMG_7848.jpg
ヴィーガンの人も多いからヴィーガンでも作っているそうです。自分の人生を、「環境を大事に生きる」ということを決めてるんです。
チョコのパッケージもシンプルです。
IMG_7856.jpg
味わいも素朴で、素材の良さを感じます。
ナチュラルチョコをお探しの方はこれ。おすすめします!

なお、メルボルンでお店を訪ねられるときは現地の店名は、Monsieur Truffe (ムッシュトリュフ)と言いますので、ご注意を。

コメント投稿

お名前

コメント