チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

オーストラリアのチョコレート

2018.08.14

自家栽培のヘーゼルナッツ?! ヌパッチ

タスマニアの港の近く。ヌパッチがあります。


IMG_7622.jpg

イタリア出身のジョンさんはタスマニアに2店舗を持つショコラティエ。

実は私がイメージしていたタスマニアのチョコレートに一番近いのはこのヌパッチさんです。地元に愛されるなんだか懐かしい感じのするショコラティエです。


IMG_7632.jpg

でもお店に入って驚きました。

どれだけの種類があるんだろう。

聞くところによると300種類を作れると。今日はそのうちのスペシャルなんだろうな。ありがとうございます。


IMG_7624.jpg

しかし、これだけ作るのにどれだけ手間ひまかかったんだろう。

この人。絶対仕事が好きな人ですよ。

すごい勢いでチョコレートを紹介してくれます。しゃべるしゃべる。

全部は食べられません。すみません。

そして、さすがイタリア人、あっかるい。(笑)

昔、科学の先生だったそうで、タスマニア大学で教えるためにこの地に来たそうです。

そして、このヌパッチさん。

ひとつとんでもないことがあるんです。


IMG_7627.jpg

タスマニアにヘーゼルナッツの畑を持っているんです。

そんなショコラティエ初めて聞きました。自家栽培ヘーゼルナッツ???

聞いたことないです。

でも、ぜんぜん当たり前って感じで自慢しないのです。

すごいことですよ。

そして、この方、イタリア人ですもの。

イタリアと言えばヘーゼルナッツなんです。ちゃんと自分のルーツを大事にした味わいです。


IMG_7630.jpg

だからここで紹介したいのは、やっぱりヘーゼルナッツ。

びんの中に入ったもの発見。

「ここからスタートしたんだ」とびんを眺めておっしゃってました。

なんと25年レシピを変えていないそうです。

ジョンさん、お目にかかったあとで体調を壊されたりして。

ちょっと心配しました。もう、大丈夫ですか?

日本にはこのお店のルーツ、世界一空気がいいタスマニア産のヘーゼルナッツクリームをびんにたっぷり詰めて届けてくださいね。

コメント投稿

お名前

コメント