チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

オーストラリアのチョコレート

2018.08.21

ザ ミニストリー オブ チョコレート、人が作るということを教えてくれたショコラティエ

メルボルンで最後に訪れたショコラティエです。

私は一度行くとなかなか同じ街に行くことはないんです。

よっぽど途中に通るとかでないと行きません。どちらかと言うと新しいショコラティエに取材に行くのです。

ですので、ここも「メルボルンにまた今度来ることがあるだろうか」と思って訪れた最後のショコラティエでした。

ある意味ここが最後でよかった。「ザ ミニストリー オブ チョコレート」さん。


IMG_8040.jpg

場所はメルボルンの中心から外れた住宅街です。


IMG_8045.jpg


IMG_8038.jpg

看板を見る限り、まさにローカル。お世辞にもスタイリッシュとは言いがたいです。

地元の人のためのチョコレート屋さんです。

ここでこんなにステキな出会いがあろうとは。


IMG_8039.jpg

ここはオーストラリアのカカオを使ったチョコレートを作っていると聞いて来ました。

中から出てきたのは穏やかそうなドゥルーさん。


IMG_8026.jpg

イングランドから来たそうです。

すべてお店の奥のアトリエでハンドメイドで作っているそうです。

5年前にオーストラリアのカカオを栽培するダインツリーに出会った。そして、自分もオーストラリアのカカオを広めたいと思ったそうです。

彼は言ってました。

「オーストラリアはカカオの栽培からチョコレートのラストまで作れる珍しい国」と。

ほんまやーーー。

この方、言葉数は少ないのですが、ものすごくシンプルに思いが伝わります。メルボルンの真ん中にあるわけではないこのお店、観光客は絶対来ない。

すみませんが、この小さなお店で使うカカオの量は多いとは言えないと思う。ひょっとしたら手間がかかるかも知れない。

近所の人がカカオの豆の話までおそらく誰もしないと思う。そして、希少価値の高いオーストラリアのカカオはおそらく高かったでしょ。

それでも、パッションでオーストラリア産のカカオを使っているのです。

5年も前からずっと、誰にアピールするでもなく、今まで自分の人生のスタイルとしてオーストラリアを大事にしてらっしゃいます。

この方、ほんまにいい人です。


IMG_8021.jpg

自分がすごいとはおっしゃいません。ずっと笑ってらっしゃいました。

こういうローカルチョコをみなさまにご紹介できてしあわせだと思う。

何もきらびやかさもないけれど、思いが詰まったチョコレート。

人が作るチョコレートとはこういうことです。

アボリジニのデザインのガナッシュでお届け予定です。


IMG_8022.jpg

コメント投稿

お名前

コメント