チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

ベルギーのチョコレート

2018.11.27

ベルギーチョコの良さが分かるショコラティエ シャンパーニュ

ベルギーのチョコ旅と言えば、ブリュッセルに行く人がほとんどでしょう。
もしくはブリュージュ。ブリュージュは美しいです。観光にはめちゃめちゃおすすめですが。チョコレートバイヤーとしてはほとんど用がないのです。
ブリュージュは4軒に1軒はチョコレートショップというほど、チョコにあふれているんですが、そのほとんどがセレクトショップ。自分たちのチョコではないのです。
だったら、どこにショコラティエがあるか?
ベルギーは住宅地にいいショコラティエがあります。地域に根ざしているまさにローカルチョコの宝庫なのです。
注目なのがワーテルロー周辺の小さな町に多いです。しかし観光要素がないので、日本人が行く用事はないでしょう。そういうところにいいショコラティエがあるのです。

P1250325.JPG
このショコラティエ シャンパーニュさんもそのひとつ。ワーテルローのほど近くにあります。
小さなお店はチョコだけじゃなくケーキもあります。おいしそー。
しかし、地元の人ばかりです。観光客はまず来ないでしょうね。派手ではないけど、とにかくチョコもしっかりとおいしいです。

P1250341.JPG
オーナーシェフのシャンパーニュさんはマルコリーニで修行されたそうです。
見てください。
この背の高さ!
私は普通サイズですので、どれだけ背が高いか分かりますか?

P1250344.JPG


特に目を引いたのがこのマッシュルームチョコ。

P1250338.JPG
ホワイトチョコの中にナッツがさくさくと入っていて、万人がチョコに期待する味がします。そして、ひと粒の食べ応えが充分。これぞベルギーチョコという感じ。
満足ですっ。
大満足ですっ。
言いなおしました。
もう、これだけでも充分なんですが、なんとも気になるチョコがあります。
このヘーゼルナッツジャンドゥーヤ。

IMG_6932.JPG
ヘーゼルナッツジャンドゥーヤ
魔法の言葉です。
おいしいに決まってますよね。
パッケージがシンプルすぎるのですが、これは自分買いに。
たっぷり入ってますし。これはやばいっ。
こちらも万人に愛される味です。
ベルギーですので、パッケージはそんなにイケてません。でもそこがある意味、味で勝負の証明でもあるのです。
自分で食べたい、でも、外したくないっ。
そう思われる方。こちらをおすすめします。

P1250349.JPG
もし、お店に行かれたら、ショップの芳名録を見てくださいね。

P1250347.JPG

monopro.gif