チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!レアもの探して、どこまで行く!?

オランダのチョコレート

2020.11.26

さすが! 誰ともかぶらないハートチョコ、プッチーニ ボンボーニ


プッチーニ ボンボーニはオランダのアムステルダムにあるお店です。
街の中心を流れる美しい運河にかかる跳ね橋を渡ると、そこにお店があります。

201512081144 30.JPGのサムネイル画像
2015 1208114430.JPGのサムネイル画像小さなお店の中には近所の人が入り切れないぐらいぎっしり!(今なら"密"でNGなくらい......)
ガラス張りのカウンターにはトレイに山盛りのチョコがずらーっと並んでいます。まるでバイキングみたい! こりゃテンション上がる~~
20151208114430.jpgのサムネイル画像世界中でこの店でしか買えない、どこへも出さないというショコラティエなのに、なぜか世界でフェリシモだけが輸入できていて、本店以外で買えるのです。
ショコラティエ仲間のあいだでも頑固で誰にも気を許さないことで有名なマダムがいらっしゃって、その方になぜか気に入られたんだと思うのですが、理由はいまだに謎です。

その話はこちらの以前の記事でご紹介していますので、良かったら読んでみてください。
《関連記事:頑固マダムの秘蔵チョコ、プッチーニ ボンボーニ!【オランダ】

あ、こちらは娘さんです。

2015120 8114430.JPGのサムネイル画像
そして、コロナ禍で世界がいろいろ大変な状況になった今年、「幸福のチョコレート」がテーマとして選んだ「心と心をつなぐハートチョコ」を送ってくださいと各国のショコラティエに、私お願いしました。
そうしたら最初、茶色のハート形のチョコばかり集まって来て、「わーー!どうしよ?!」と内心思ってたんです。「全員一緒やん!」ってめっちゃ焦ってました。

でもね、そんななか、プッチーニ ボンボーニだけがまったく様子が違うこんなチョコを送って来られたのです。
「うわーーこう来たか!! こんなの思いつかなかったぁ!」というハートチョコ。

それがこれです。
誰ともに似ていない、まさにオンリーワンのハートチョコです! さすがです。

20201126012105.jpg

絞り器できゅっきゅっと2つ絞って、合わせてハート形にしているんですねえ。めちゃめちゃ可愛い。これ、ひとつひとつ全部手作業ですよ。ものすごく手が込んでいます。しかもこのパッケージの中にこの可愛いハートがぎっしり詰まってる! これはお買い得です。私これ買っちゃいます。
お味は、ピンクの方が甘酸っぱいラズベリーチョコ、白い方がまろやかなホワイトチョコです。おいしい~! 思わずテンションが上がって、商品コピーに「初恋の味」とか書いてしまいました。きゃっ!恥ずかしっ
でも、それくらきゅんきゅん来るチョコです。ぜひお選びください。

20201126012105 (1).jpg
日本のお客さまへのメッセージとして『幸福のチョコレート』と手書きしたプレートを持って写真を撮って送ってくださいとお願いしたら、こんな素敵な笑顔で、お店の看板もちゃんと入れて、写真を送ってくださいました。
やっぱり愛が詰まってる...! 大好き!
20201126012758.jpg



以上、チョコレートバイヤーみりの"えこひいき"チョコでした。

monopro.gifのサムネイル画像