幸福のチョコ部 世界のチョコとショコラティエ

Philippe Pascoet

フィリップ・パスクエ

Chocolaterie Philippe Pascoet, 12 Rue Saint-Joseph, Geneva Chocolaterie, Switzerland

 

今、スイスでもっとも注目をされているのがこのパスクエさんです。 チューリッヒはドイツ語圏ですが、ここジュネーブはフランス語圏。文化的な背景もフランス風です。このパスクエさんもフランス人です。でも、チョコレートを学ぶうちにここジュネーブに残りました。今はジュネーブのおしゃれなお店が立ち並ぶ中で、ステキなお店を構えています。中に入った途端、その種類の多さにびっくりです。カラフルにペイントされた赤や黄色のチョコたち、まるで息を呑むような美しいアート作品です。
迎えてくれたパスクエさんが地下のアトリエに案内してくれました。もう、この人からはびしびしすごいオーラが出ています。ただもんじゃない。。。どうして、スイスに残ったかと聞くと、ほかの国はチョコの仕事はイースターやクリスマスシーズンのみしかチョコの仕事ができない。でも、スイスはずっとシーズンに関係なくチョコだけで仕事ができるからだそうです。
よくヨーロッパで耳にしますが、チョコだけで食べていくことはすごいステイタスのようです。私は何気なく彼らと話をして、時には冗談交じりに紹介してますが、ショコラティエは間違いなく成功者なのです。
フランス人でありスイスに移り住みこれだけのすばらしいチョコを作る彼に、今まで聞きたかったことを私は立て続けに聞きました。「スイスチョコとはなんですか?」彼ははっきりと「スイスチョコはビジネスのチョコではないです。ミルクチョコの歴史と技術のチョコなのです。フランスチョコはいろいろ変化させますが、スイスチョコはスローです。今、ヨーロッパの経済が悪いといわれてますが、スイスのチョコは技術があるので、不景気を感じたことがないんです。」いやー。自信のあるスイス職人、お見事。かっこいいです。そして、最後に聞きました。「どうして、そこまでチョコを追求するんですか?」「パッション(情熱)です。」「でも、どうしてチョコなの?ケーキじゃないの?キャンディーじゃないの?」「チョコは無限だから」今まで会って来たショコラティエのすべてをこの人が表してくれました。だから、私はチョコから離れられないのです。情熱と無限の塊。理屈を超えたエネルギー。それがチョコなんです。
前置きが長くなりましたが、この人は本物ですよ。

もう、選ぶのにはっきり言って困りました。全部紹介したい。しかし、その中でも3つに絞りました。
まずはスイスといえば「パヴェ」。日本の生チョコはこのパヴェをイメージしてます。元祖はスイスです。ミルクチョコのとろけるような口どけをこのチョコで味わって欲しい。ミルクチョコを発明したスイス。スイスのお家芸がこのパベです。シンプルだからこそ、本物がわかります。パヴェとは石畳という意味です。実はホノルドさんはスイスにいながらビターチョコで有名になった方ですが、このパヴェは外せません。

Gallery

戻る