TOPIC PATH
フェリシモ > 
FEATURE. FELISSIMO > 
石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様 > 
みずがめ座 - 2019年の星模様

Aquarius(みずがめ座 1月21日~2月19日生まれの人)

2019年の星模様
2019年の星模様

2019年のあなたは、
不思議と「先のこと」を見通しています。
2020年の終わりから2021年に
一つの到達点に達することを見越していて
そこに向かう旅をすでに、
スタートさせているのです。

とはいえ、
予言者のように具体的な未来がはっきり見えている
というわけではないでしょう。
部分的には明確でも、
他の部分はぼやけている、
といったヴィジョンなのかもしれません。
あるいは、たった一つの道だけがはっきりしていて
ほかのことはわからないけれど
とにかくこの道を進むしかない
という覚悟が決まっているのかもしれません。

いずれにせよ、
ここからのあなたが歩いて行く道のりは確かに
「3カ年計画」
のような様相を呈しています。
2018年はあらゆる意味で
「闘いの年」を過ごしたあなたでしたが
その「闘い」が決して
2018年だけのためのものではなかったことが
今のあなたには解っているだろうと思うのです。
もっといえば、
あんなに熱かった2018年の「勝負」も、
2021年までのプロセスの中では
「前哨戦」にすぎなかったのかもしれません。

2019年のあなたは希望に燃えています。
これまで抱え続けて来た厄介な慢性的問題にも
解決の見通しが立ち始めているでしょう。
密かに悩み続けていたことが
いまや、
少し時間をかけて片付ければいいだけの問題
へと変わっているかもしれません。
また、この問題解決の見通しこそが
新しいあなたの自信に変わりつつあるようです。

2019年は「人」にも恵まれます。
一人では見られない夢を、
信頼できる人々と一緒に、
目指せるようになるでしょう。
あなたはもともと「友」を必要とする人であり、
「友」に必要とされる人でもあります。
あなたにふさわしい仲間に出会い、
前述の「三カ年計画」の道を
手を携えて歩いて行くことができるでしょう。

****

時期的なことを少し申しますと、
1月から2月半ばは、
外に出る機会がとても多くなるでしょう。
フットワークで物事を動かしていける時期です。
2019年は1年を通して
「人に恵まれる」時間となっていますが、
この年明けは特に、
コミュニケーションの広がりと人の輪の広がりが連動して
ゆたかな関わりに恵まれます。
多くの人から声をかけられるでしょうし、
自分からも人に声をかけて、
「交流」を、大きな渦に育てていけそうです。

2月半ばから3月は、
星座を問わず大きな転機となっています。
水瓶座の人にとっては特に
「立ち位置が変わる」
「住む世界が変わる」
「活動の場が変わる」
ようなシフトが起こるかもしれません。
日々の生活の中心的関心事が変わったり、
日々語り合うテーマが変わったりするかもしれません。
たとえば、ほとんど会話のなかった夫婦が
犬を飼い始めたところ、
とてもゆたかなコミュニケーションが生まれた、
といった話をよく耳にしますが
あなたの世界にもそれに似た変化が起こるのではないかと思います。

さらに、3月はキラキラした雰囲気に包まれる、
とても楽しい季節でもあります。
愛に恵まれるでしょうし、
褒められたり誘われたりする場面も多そうです。
特に3月半ばは、
「遅れてきた贈り物」
の気配もあります。
たとえば、2018年中に渡しそびれたクリスマスギフトを
ここで渡すことができて大感動!
といったような、
ちょっと面白い
「タイムラグ」のドラマ
のようなことが
ここで起こるかもしれません。

4月から5月半ばは、
やりたいことにガンガン打ち込める、
とても創造的な時間です。
大いに自己主張して受け入れてもらえますし、
アイデアも採用されやすいでしょう。
クリエイティブな活動に取り組んでいる人には、
大きなチャンスも巡ってくるかもしれません。
臆さず、未熟でも表に出すことで、
チャンスを掴めます。

5月半ばから6月は、
誰かのサポートを引き受けたり、
身近な人の世話をすることになったりと、
なにかと忙しい雰囲気に包まれるでしょう。
バタバタした雰囲気の中で、
人と人との繋がりの温かさに気づかされますし、
人に尽くしたことについて、
深く感謝されるでしょう。

6月半ばから7月頭は、
とても楽しい雰囲気が出てきます。
遊びや趣味に没頭できますし、
愛にも素敵なチャンスが巡ってくるでしょう。
5月くらいからの頑張りが
このあたりでちゃんと報われるようです。

7月から8月半ばにかけては、
人間関係が大いに盛り上がります。
たくさんの出会いがあるでしょうし、
人に会う機会そのものが増えるでしょう。
人から受けとることも多い一方で、
あなたが人に影響を与える場面もあるはずです。
タフな交渉事に臨む人も少なくないでしょう。
遠慮せず、粘り強く対峙して、
多くの戦利品を勝ち取れます。

8月半ばから10月頭にかけては、
「人から受けとるもの」が多いでしょう。
ギフトはもとより、
仕事や何らかの役割を受け継いだり、
人から提案を受けたり、
融資を受けて事業を拡大したり、等々、
「人の力を借りる」ことで、
活動の幅を拡げられます。
特に8月30日前後、
重要な合意を結ぶことになるかもしれません。

9月から11月前半は、
旅の季節となっています。
出張や旅行に出かける人が多いでしょう。
勉強にも勢いが出る時です。
この時期の旅行も、勉強も、
「この先」を見据えたものとなっています。
未来の自分に何が必要かを考えて、
ここで「仕込み」をする
という意識が強まるでしょう。

10月は非常に忙しくなります。
2019年の集大成のような活動とともに、
2018年の頑張りを思い起こさせるような展開がありそうです。
ですが、2018年よりも、この時期のほうがずっと、
いい闘いができるでしょう。
過去1,2年の経験は
あなたが思うよりずっと、
あなたを成長させたはずなのです。

12月も引き続き、
とても忙しい時期が続きます。
目に見える忙しさと、
人からは見えない所での、
水面下の忙しさとが
並行的に進んでいくでしょう。
表立っては見えないような問題が、
この辺りからスルスルと解決していきそうです。
あなたの心をずっと苦しめていた大きな岩のようなものがあったなら
この辺りから、その岩が少しずつ、
動き出すだろうと思います。

年末は大きな愛に包まれた時間となります。
その一方で、過去に関すること、
ごくわずかの人としか共有できないような思い、
自分一人で過ごしたい時間、
といったものにも光が当たります。
この時期に起こる事は、
第三者には決してわからないようなことだろうと思います。
大切で、大切だからこそ人の目に触れない、
「人生の宝物」
と呼べるようなことが起こりそうです。

****

愛情関係については、
「磨く」というキーワードがぴったりくる気がします。
原石を磨く、
樹木をヤスリで磨き上げて形にする、
鏡を磨いて真の姿を映す、
というようなイメージが浮かぶのです。

2019年の水瓶座の愛の世界には
ずっと、間接的な愛の追い風が吹き続けます。
たとえば、
そこにちゃんと愛があるのに、
全く気づいていない人がいるかもしれません。
宝石の原石が転がっていても
「つまらない石ころだ」と目にも止めないような状態です。
ここから愛の世界に歩を進めるには、
その石を磨かなければならないのです。
そこで、親友の誰かが
「この石を磨けばいいよ」
と教えてくれます。
これがまさに「間接的な愛の追い風」です。

通り過ぎた愛に再び出会う人もいるでしょうし、
ある夢を目指したところ、
同じ夢に向かっている誰かと
愛し合うようになる人もいるでしょう。
すでにパートナーとなっている相手と、
共通の目標を持つことができるかもしれません。
あるいは二人で力を合わせて
共通の友だちを助けることができるのかもしれません。
「友だちの結婚式で出会った相手が、
やがてパートナーとなる」
という展開はよくある話だと聞きますが、
これも「間接的な愛の追い風」のイメージを含んでいます。
友への純粋な友情が、
結果的に、愛の世界への扉となったわけです。

「磨く」行為は、
「繰り返す」動きを含んでいます。
同じ場所に何度も通ったり、
定期的な集まりに参加したりと、
何らかの体験を重ねることで、
愛が姿を現すこともあるかもしれません。
カップルも、
毎週一緒に料理を作るとか、
あるスポーツの練習をするとか、
そんな「くりかえし」の体験が、
「惚れ直す」キッカケとなるかもしれません。

2019年、愛に強い追い風が吹きそうな時期は、
3月、6月中旬から7月頭、
7月末から8月中旬、
9月半ばから10月上旬、
12月下旬から年明けです。
さらに、1月後半に、
愛に関する少し不思議な、
嬉しいドラマが展開するかもしれません。

****

一般的なイメージで行けば
「家」は落ち着ける安らぎの場で、
「外の世界」は刺激的な挑戦の場
ということになります。
ですが、2019年はそれがあべこべになっているかもしれません。
外に出て仲間に会えばホッとし、
家に帰ると凛とした緊張感が漲る
といった位置づけの転換があるのではないかと思うのです。

たとえば、
結婚して遠い場所に移り住み、
相手の実家に入って家庭を築きつつある人は、
この「居場所」はまだ、
未知なる世界です。
一方、遠くにいる友達や、
自分の得意とする活動における仲間との関係こそは
この人にとって「憩いの場所」「心の置き所」です。
また、これまでの住処を出ていかなければならなくなり
新居が見つかるまで友だちの家を転転とするとき、
「自分の家」はまだ探している途中の未知の世界で、
友だちとの関係こそが「住処」となっています。

上記はごくベタな例ですが、
2019年の水瓶座の世界では、
「住処・居場所」が「未知の世界」であり、
「外の世界」が「憩いの場、帰れる場」の雰囲気をたたえています。
仲間との交流が「和める場所」であり、
家が「新しい宇宙」です。

思いおこせば2011年頃から、
あなたは「居住可能な星」を探して、
長い宇宙旅行を続けてきたような状態なのではないかと思います。
2018年にさしかかってようやく、
「これは、住めそうだぞ!」という星が見つかり、
2019年、この星に着陸するのです。
ですが、
着陸してすぐに安心して住める!
ということにはなりません。
なにしろ、長い宇宙旅行の果てに見つけた、
まだなにがあるのか分からない星です。
まずは探検し、開拓できそうな場所を探し出し、
そこをならして、家を建てられる状態にし・・・
というふうに、
手間をかける必要があります。
このプロセスのさなかではまだまだ、
「心底安心してくつろぐ」ことが難しいわけです。

一方、2019年のあなたのもとには、
色々な仲間が集まってきます。
あるいは、あなた自身が、
新しい仲間の待つ場所に飛び込んでいくのかもしれません。
いずれにせよ、ここでは
「出会ったばかりなのに
なぜか最初から心を開ける」
という、
不思議な現象が起こりそうなのです。
あるいは、そこにいるのは新しい仲間ではなく
すでにいる仲間たちだったり、
懐かしい仲間たちだったりするのかもしれません。
彼らはあなたに、
安らぎと憩いをくれるだけでなく
希望や勇気、自信や方針を授けてくれるでしょう。

水瓶座の2019年の面白さは、
懐かしさと新鮮さ、
未知の世界と既知の世界が、
面白い形で入り交じっている、という点です。
たとえば、
転校生が新しいクラスに入ってゆくような、
強い緊張と期待を伴う場面もあるでしょう。
でも、そこではまるで
ずっと前から仲間同士であったかのように
ありのままのあなたを受け入れる準備が調っているはずです。
一方、心から信頼している相手と、
不思議に新鮮な関係性を築いていく
というプロセスが始まる可能性もあります。
たとえば、長年つきあったパートナーとの間に子どもができて、
お互いが「親」という新しい顔を得て行く
といった変革です。
新しい場所に足を踏み入れることと、
温かな空気に包み込まれることとが、
この時期、融合しながら展開してゆくのです。

一人の人間が一人の人間を信頼するということは、
とても大変なことです。
ある人が別の人を
「この人は、自分の親友です」
と言うまでには、
長い時間と経験の積み重ねがあるはずです。
ですが時折、
それが一瞬で実現することもあります。
初対面なのに何故か、
生まれながらの友であると思えたり、
どういうわけか「信じるに足る人だ」と
見抜いてしまうこともあるのです。
2019年には、そうした不思議な出来事も
しばしば、起こるのではないかと思います。

それは、あなた自身が、
「友」と呼べる相手に見せる顔が
変化しつつあるからなのかもしれません。
あなたは基本的にはとてもオープンな人で、
人に対して隠し事をする
というようなことを嫌います。
ですがその一方で、
弱さやネガティブな思いを見せるのを拒否したり、
「自分語り」を軽蔑したりすることがあるようです。
秘密主義ではないにもかかわらず
ある種の美意識から、
人に対して、まるで月のように
「絶対に見せない裏側」
を持つようになるのは、
水瓶座の人の不思議な特性と言えるかもしれません。

でも、真の信頼関係や友情の世界では
時々、そうした「月の裏側」について
語らなければならないこともあります。
2019年のあなたは
そういう方面に、
少し、心を開くことができるのかもしれません。
人が人を信じるとはどういうことか、
その本質に気づく瞬間があるのかもしれません。
そのとき、
誰かとあなたの心の間に
今までにないような強い架け橋が架かって、
かつて感じたことのないような安心感を
味わうことができるのかもしれません。

Aquarius(みずがめ座)

あなたはどう過ごす? by FELISSIMO

on facebook

  • Aries(おひつじ座)
  • Taurus(おうし座)
  • Gemini(ふたご座)
  • Cancer(かに座)
  • Leo(しし座)
  • Virgo(おとめ座)
  • Libra(てんびん座)
  • Scorpio(さそり座)
  • Sagittarius(いて座)
  • Capricorn(やぎ座)
  • Aquarius(みずがめ座)
  • Pisces(うお座)
  • 全体の星模様
  • 「今週の星模様」について

FEATURE

特集一覧

特集

  • Felissimo Fashion News
  • kraso 総合雑貨ランキング
特集一覧
PAGE TOP