TOPIC PATH
フェリシモ > 
FEATURE. FELISSIMO > 
石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様 > 
しし座 - 2021年の星模様

Leo(しし座 7月24日~8月23日生まれの人)

2021年の星模様
2021年の星模様

以下は、あるご夫婦のエピソードです。
夫のAさんが定年退職となり、
妻のBさんはまだ働いていたため、
Aさんは「主夫になる」と決心しました。
掃除や洗濯など、
慣れないながらもだんだんにこなし、
みるみるうちに上達しました。
ただ、食事の支度だけが、
少し苦手だったのです。
出来合のもので済ませたり、
カレーや豚汁のくり返しになるなど、
なかなか思うように行きません。
本人ももどかしいようですが、
新しいことに手を出すのが怖くて、
諦めているようでした。

Bさんはその様子を見て、
どうすべきか迷いました。
「教えてあげるべきか」と悩みましたが、
敢えて手出しをせず、見守りました。
すると、ある時不意に、
Aさんは料理本を手にとり、
そこから新しい料理にどんどん挑戦し、
やがて、Bさんよりも
はるかに料理上手になったのでした。

Aさんの変化には、
Bさんのちょっとした心がけが
関係していたようです。
というのも、
Aさんが「主夫宣言」をする前は、
Bさんが長年、家事を担当していたのです。
Bさんは、過去の自分の家事の日々を
つらつらと思い起こしました。
そして、
「家事をしていたとき、私は、
どんな言葉が欲しかっただろう?」
と考えたのです。
そして、
アドバイスでも教えでもなく、
「頑張ったことをほめて欲しかったのだ!」
と気づきました。
Bさんは、新米主夫のAさんに、
「自分がして欲しかったこと」
をすることにしました。
つまり、
頑張ったな、というところが見えたら、
迷わず、ほめたのです。

そんなBさんに、
Aさんがあるとき、ふと、
こんなことを言いました。
「ずっと長い間、
こんな大変なことをしてくれていたのに、
なにもほめなくて、ごめんね」
と。

2021年、獅子座の世界では、
「人との関わり・人との出会い」
がテーマとなっています。
長年つきあった相手であっても、
お互いの人生に変化が起これば、
関わり方もまた、変化します。
立場が変われば、
できることも変わります。
して欲しいことも変わりますし、
今までの相手の思いに
はっと気づかされることもあります。
AさんBさん夫妻のような深い心の交流は、
「主夫交代」ほど大変化でなくとも、
日々のちょっとした変化の中に、
実現しうるものなのかもしれません。

新しい出会いは、
人の新しい面を引き出します。
誰かと出会ったとき、
私たちは相手だけでなく
「新しい自分」にも出会うことになります。
「朱に交われば赤くなる」
とは、古くから言われることですが、
相手から影響を受けるだけでなく
元々自分の中にあった芽が、
「新しく出会ったその人」からの光を受けて
突然すくすく伸び始める
といった現象も起こるものです。
2021年、あなたは誰かとの出会いによって、
新しい自分を発見するでしょう。
そして、その「新しい自分」を
「これまでの自分」の中に、
何とか組み入れていくことになるはずです。

公私ともに、
他者との関わりの中から、
多くのことが生まれます。
恋人やパートナーを得る人もいれば、
ビジネスの上での「相棒」を得る人、
一時的に誰かとタッグを組む人もいるでしょう。
また、「仲介役」にも恵まれます。
長らく抱えている問題について、
専門家に相談する人もいれば、
第三者に頼んで、対立関係の
「中に入ってもらう」
こともできるかもしれません。
お見合いや、仲人を介しての結婚は、
現代ではあまり人気がないようですが、
これも立派な「出会い」「縁」です。

2021年はさらに、
「出会い」から「役割」が生じます。
ある人との出会いが、
自分の新たな社会的役割を生むのです。
たとえば、
「結婚して、パートナーと共同事業を始める」
「子供を得て、○○ちゃんのパパと呼ばれる」
「ビジネスパートナーと出会って、
役割分担を相談し、
対外交渉役を引き受ける」
などは、その解りやすいケースです。

とはいえ、
この時期「出会い」から生じる「役割」は、
決して、あなたを「縛る」ものではありません。
むしろ、古い役割概念から、
あなたを自由にしてくれるのが、
その役割なのだろうと思います。
より自由に生きるためのポジショニングが
「その人の出会い」によって、
可能になります。
「役割によって自由になる」
とは、少し妙な感じがするかもしれませんが、
実際にその体験の中に入ってみれば、
きっと、その意味が分かるはずです。
「○○さんと出会って、
XX役を引き受ける」
という展開もまた、
「新しい自分に出会う」体験であり、
より自分らしい自分になるための
キラキラしたプロセスなのです。

不思議と、今の世の中では
「人工的なものか、自然なものか」を、
「機会」にも当てはめる人が少なくありません。
お見合いは「自然な出会い」ではないとか、
帝王切開での出産日は
「本当の誕生日」とはちがうとか、
そんなふうに受け止める向きがあるのです。
でも、そもそも、
「縁」や「機会」は、
私たちを取り巻く人間関係の全体から、
それこそ「生まれ落ちる」ものです。
お見合いも、予定された出産も、
すべて、自分を取り巻く世界と自分との
深い関わり合いの中で結ばれる、
立派な「縁」です。
人為的な「出会い」のようでも、
その「人為」こそが、
奇跡的偶然なのです。
自分から求めて得られたように見えるものも、
実際は「天からの贈り物」です。
なぜから、自分以外の誰かが絡むことは
すべて、ゼロから自分でコントロールするのは
不可能だからです。

2021年の「出会い」には、
意志を持ってセッティングされたものも、
多く含まれているはずです。
どんなに計画的でも、
どんなに意図的であっても、
それらが「成立した」ことは、
堂々たる出会いと呼べるはずです。
「コロナ禍」により、
「いつでも会える」わけではなくなったことが
奇しくも、そのことを教えてくれています。

****

[時期について]

1月から2月は、
非常に忙しい時期となっています。
仕事や対外的な活動において、
ガツンと「勝負」する人が多そうです。
誰かとタッグを組んで、
「共闘」することになるかもしれません。

3月から4月は、
比較的伸びやかな時期です。
リラックスして、
長い目でものごとを捉え、
行動範囲を拡げていけるでしょう。

5月から7月は、
仲間や周囲の人を
「サポートする」
場面が増えそうです。
意志決定を敢えて人に委ねたり、
人のニーズを汲み取ったり、
人の都合に振り回されることもありそうですが、
6月頃からはある程度以上に、
自分の意志を通すことができるでしょう。
自分の都合か・相手の都合か
という二者択一ではなく、
お互いの都合をうまくブレンドするような、
柔軟な動きができそうです。

6月から8月は、
熱い活躍の季節となっています。
上記の通り、
人の意向もしっかり汲みつつ、
自分の思いに沿って動ける場面が、
徐々に増えていきます。
8月から9月は
経済面での動きも大きくなります。
収入を増やすために勝負に出る人、
「資金を作る」ために奔走する人、
大きな買い物に臨む人もいるでしょう。

9月から10月は、
多くを学べる時期となっています。
コミュニケーションも活発で、
特に「対話が再開する」
「繋がりが復活する」
ようなことが起こりやすい時です。

11月から2022年3月頭は、
日々の生活がとても明るくなりそうです。
生活改善が楽しくなりますし、
「憧れのライフスタイル」
を実現する人もいるでしょう。
体調も上向きになる時です。
自分に合った任務を任され、
創造的に活動できます。

12月から年明け1月は、
やりたいことにガンガン打ち込める、
情熱的な時間となっています。
自分の隠れた才能に気づく人も。

12月末から2022年前半は、
「人から受けとるもの」
がテーマとなっています。
2021年、人間関係において重ねた努力が、
素敵な形で報われるはずです。

****

[愛について]

愛に追い風が吹くのは、
1月から3月前半、6月末から7月、
10月から11月頭、
12月から2022年1月です。
とはいえ、
2021年全体が
「パートナーシップの年」
となっており、
つまり1年中が
「愛の追い風が吹き続ける時間」
と言っても過言ではありません。

パートナーを探している人は、
2021年のなかで、
「その人」に出会える可能性が、
非常に高くなっています。
パートナーを探している旨を
周囲にできるだけ伝えておき、
紹介などのチャンスは決して、
逃さないようにしたいところです。
マッチングサービスや紹介所など、
「仲介システム」も有望です。
あなたの理想とする自由な生き方に
心から共感してくれる相手、
そして、相手の自由な生き方にも、
心から共感できる相手。
そんな相手に巡り会える、
特別なタイミングが巡ってきそうです。

すでにパートナーがいる人は、
パートナーとの関係性が、
大きく変化するかもしれません。
立場や役割が変わると、
見える風景が変わり、
接し方が変わります。
その変化が心の扉を開いたとき、
二人の結びつきはよりゆたかな、
強いものとなるでしょう。
協力して取り組まなければならない
「ミッション」も発生しそうです。
二人ともが当事者として、
相手の気持ちを考えながら動く、
貴重な体験を得られそうです。
しっかり「向き合う」ことができる、
特別な年です。

****

「…鳥で言えば、ペットショップや焼き鳥屋やハンター、あるいは学者、そしてそのどれでもない人たち、どのような人たちの間で「鳥」という語が使われるかによって、「鳥」の意味も違うということになりませんか。」(西村義樹・野矢茂樹『言語学の教室』中公新書)

あるニュース記事で、最近、精神医療の場に訪れる患者が「生きている意味が分からない」「自分には生きる価値がない」といった言葉を口にするようになった、という話が紹介されていました。「反出生主義」という言葉も話題になった2020年、多くの人が「生きるということ」の是非に目を向けることになったのは、「コロナ禍」と無関係ではないだろうと思います。

「鳥」という単語の意味が、焼き鳥屋と動物園では異なるように、私たち人間の「生きる意味」もまた、「置かれている場」によって異なるはずです。むしろ、「置かれている場」から、「そこに生きる意味」が立ち上がってくる、と言えるかもしれません。
ゆえに、ある種の社会的な「場」に所属していたのに、そこからなんらかの理由で離脱させられてしまうと、私たちは「生きる意味」を見失います。

更に言えば、「置かれている場」は、多くの場合、他者との関わりによってできています。たとえば学校や会社は「建物」を意味するのではなく、リモート授業・業務でも「学校」「会社」です。他者と物理的に、あるいは観念的に結びつく「場」の中で、私たちは「(そこで)生きる意味」を、決定的に感じとります。そして、その「場」から切り離されたとき、「鳥」が何の背景もなく語られたときのように、「それはどういう意味のものなのですか?」という問いを意識にのぼらすのです。

家庭や仕事場や友だちと集まる場所など、人は複数の「場」で、それぞれに「(その場で)生きる意味」を無意識に汲み取っています。
そうした場がひとつも感じ取れなくなってしまったとき、私たちは「自分が生きる意味」を見失います。この「意味」を回復するには、また他者と出会い、結びつき、新たな「場」を作っていくしかないのかもしれません。

ただ、「場」は、物理的に存在しているものではありません。私たちがただ、自分で感じ取っているだけのものです。
たとえば「神」という他者を想定して、自分の生きる意味を感じている人もいます。また、山に登る人は山を、海に潜る人は海を、自分の生きる場だと感じ、自分の人生の意味を無意識に、そこから汲み取ることもあるはずです。「『人』と結びついていなければ生きる意味がない」ということは、決して、ありません。

「生きる意味」は、私たちの内側に、結晶のようにあるのではなく、私たちを取り巻く世界との関係なのだと思います。その「関係」はただ、私たち自身が感じ取るということだけでできています。焼き鳥屋さんの「鳥」と、軒先に巣を作ったツバメという「鳥」の意味が違うように、私たちが見いだす「意味」は、「場」あるいは「世界」の捉え方とつながっているのです。

2021年、獅子座の人々は、他者との関わりをたくさん重ねていくことになるでしょう。この「他者」には、「人間」ももちろん、山や川、海、庭、ある種の趣味の世界や専門分野など、あらゆるものが含まれます。それとの関わりの中に新しい「生きる意味」を感じ取れたら、それはすべて、あなたの人生のパートナーと呼べるはずなのです。

あなたが生きる「場」を、誰と、あるいは何と作っていくのか。そのこともまた、2021年のテーマです。新しい出会いの中で、新しい「生きる意味」を発見する瞬間が積み重なっていく、かぎりなくゆたかな年の到来です。

Leo(しし座)

  • Aries(おひつじ座)
  • Taurus(おうし座)
  • Gemini(ふたご座)
  • Cancer(かに座)
  • Leo(しし座)
  • Virgo(おとめ座)
  • Libra(てんびん座)
  • Scorpio(さそり座)
  • Sagittarius(いて座)
  • Capricorn(やぎ座)
  • Aquarius(みずがめ座)
  • Pisces(うお座)
  • 全体の星模様
  • 「今週の星模様」について

FEATURE

特集一覧

特集

  • Felissimo Fashion News
  • kraso 総合雑貨ランキング
  • ミニツク 占いレッスンプログラム特集
特集一覧
PAGE TOP