TOPIC PATH
フェリシモ > 
FEATURE. FELISSIMO > 
石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様 > 
しし座 - 2018年の星模様

Leo(しし座 7月24日~8月23日生まれの人)

2018年の星模様
2018年の星模様

「しばしば私たちは壁につきあたります。それはあまりに高くて、越えることができず、私たちはただ立ち止まってその壁を見つめます。
合理主義は「これを越えるのは不可能だ、別なところに行こう」と言います。
しかし(中略)彼はそこに行くべきだったのです。
たぶん、そこにとどまり、根をはやし木のように成長するべきなのです。時とともに。障害物を乗り越えるべきなのです。壁を越すまでに成長すべきなのです。」『夢分析・Ⅰ』C.G.ユング(人文書院)より

引用が長くなりました。
これは、
2018年の獅子座の人々が
越え難いような高い壁にぶつかる
という占いではありません。
そうではなく、
この文章を読んだとき、
すくすくと伸びた大きな木が、
壁の向こう側を悠々と見下ろし
豊かな実を結んでいる、
その光景が思い浮かんだのです。
そこで、
ああ、これは
2018年の獅子座の風景だ、と、
私が感じただけなのです。

2018年、獅子座の人々は
まるで庭園のような場所にいる
というふうに思えます。
庭は、誰かが作ったものです。
いわゆるガーデナー、
「庭師」と呼ばれる人々が
一つの美しい世界を思い描きながら
熱心に創造したのが、庭です。
庭は自然の一部ですから
思い通りにはなりません。
土の性質、その土地の気候、
日当たりや水はけなど
たくさんの条件と相談しながら
可能性を引き出すように
庭の美を模索します。
そこでは決して、簡単に
「ここでは薔薇が咲きにくいなら
別の場所に引っ越そう」
というわけにはいきません。
「土を全部とりかえて
建物も壊してしまおう」
というわけにもいきません。

私たちは日々、
様々な問題に出会います。
昨今では、そうした問題を
できるだけ早く、
できるだけ合理的に、
できるだけ簡単に片付ける
ということが求められます。
でも、それでは物事が
根本的にたちゆかない場合もあります。
たとえば、
ちいさな子供が靴紐を結ぼうとして
なかなか結べずにいたときに
苛立った大人が
代わりにさっさと結んでやる
ということを繰り返していたら、
その子はぜんぜん、
紐を結べるようにならないでしょう。
一夜漬けで試験にパスしても
その知識を一晩で忘れてしまえば
なんにもなりません。
「できるだけ早く、簡単に」
では解決しないことは
そんなふうに、たくさんあります。

「これを越えるのは不可能だ、
別なところに行こう」
というのは、
現代的で、合理的で、
賢い策かもしれません。
あるいは、この世の中には
たとえば「ブラック企業」のように
しがみつくに値しない、
劣悪な環境も存在します。
ですからこのたとえは、
どんな場合にでも当てはまる
ということではありません。
あるいは、
自分を傷つけるような環境から離れる
ということこそが
「置かれた環境に流されず、
自分自身のなかに踏み止まって
樹木として育つのを待つ」
ことに繋がる場合もあるはずです。

2018年、
獅子座の人々は
「楽園を作る」
ような季節の中にあります。
あなた自身がガーデナーで、
緑の指の持ち主です。
まわりに広がる環境や人間関係、
あらゆる条件と対話しながら
すくすくと成長を遂げ
越えがたいと思えた壁を
いつの間にか、越えてゆける
というような時間をすごせるでしょう。

これ以降、
あなたの生活や、役割や
あなたを取り巻く環境は
どんどん変わっていくはずです。
それにともなって、あなた自身も
じわじわと変化を遂げていきます。
ある場面ではあなたの苦労が増したようでも
結果的に、あなたを益することの方が
多かったりするかもしれません。
たとえば、
誰かの世話をすることになり、
世話のために生活のリズムが整って、
自分自身が健康になってゆく
といったことが起こるかもしれません。
あるいは、
子供を持ち、本を読ませようとして
図書館に通い、読み聞かせをするうち、
自分自身も読書の習慣がつき、
世界が広がってゆく
というようなこともあり得ます。
「だれかのため」
「役割のため」
「責任のため」
に始めたことが、次第に、
自分自身の財産になるわけです。

その世界の、その場所の、
その環境の前で、
「そこにとどまり、
根をはやし木のように成長する」こと。
吸い上げられる栄養がたくさんあっても
私たちはそれに気づかなかったり
拒否してしまったりする場合があります。
また、壁にガンガン頭を打ちつけるばかりで、
全く問題が解決しない
という状況に陥ることもあります。
でも、2018年のあなたは、不思議と
「身の回りにある、
滋養になるもの・水分」に
よく気がつくでしょう。
「これはもしかすると、
自分自身の抱えた慢性的な問題を
解決してくれるかもしれない」
と直観できるでしょう。
壁に頭をぶつけるようなやり方では
壁は壊れたりしない、
と解る場面もあるでしょう。
自分が成長してゆくだけで、
すぐにその壁が、壁ではなくなる
ということが
解ってくるかもしれません。


2018年、
家族が増える人、
新たに家庭を持つ人もいれば、
家を建てる人もいるでしょう。
逆に、実家から離れて独立したり
慣れた仲間たちの集団から抜けて
自分一人で活動を始める、
という人もいるはずです。
また、自分自身を活かすためでなく
周囲の人々を養うために
どう生きるべきか
を考え始める人もいると思います。
一方で、
このままの環境では、
自分のためにも人のためにもならない
と気づいて
新天地を探しにゆく人もいるかもしれません。
いずれにせよ
誰かのために、なにかのために、
目の前の環境から全てを吸い取って
壁を飛び越すのではなく、
壁よりも大きくなる、
という風景が
この時期の獅子座の人々の選択に
とてもよく重なる気がするのです。

[時期について]

年明けはバタバタと
人のサポートで忙しいかもしれません。
身近な人の世話をしたり、
導いたり、手を添えたり、
といった場面が多そうです。
また、だれが何を必要としているのか、
ということを、
じっくり把握できる時期でもあります。

1月半ばから2月にかけては
「出会いの時期」です。
人と会う機会が増えるでしょうし
ドラマティックな出会いの気配もあります。
また、1月末から3月中旬は
やりたいことに思いきり打ち込める時期です。
情熱につきうごかされるままに、
クリエイティブに活動できます。

3月から4月は、
遠出する人が多いかもしれません。
旅先で懐かしいものに再会したり、
久々に帰省する、
という人もいそうです。
遠くから大切な人が訪ねて来てくれる
という場面もあるかもしれません。

また、4月は
素敵なチャンスも巡ってきやすい時です。
懐かしい仲間が持ってきてくれた話が
あなたの心にぴたりと合うかもしれません。

5月から8月半ばにかけて、
人間関係が一気に熱を帯びます。
この間、刺激的な出会いもあれば
「真剣勝負」もありそうです。
遠慮や懐柔策よりも
思いきってぶつかって行く方が
結果的には、
円満な着地点を見いだせそうです。

6月はとてもキラキラした、
楽しい時期となるでしょう。
愛に恵まれますし
美しくなれるときです。
人から注目される場面も増えそうです。
また、
年明けから結構バタバタしていたなら
ここへ来て少し、落ち着きます。
一人になる時間を持てたり、
過去と未来を大きく見渡して
あらためて、プランの仕切り直しや
軌道修正ができるでしょう。

7月は、妙にものごとが
「噛み合わない」かもしれません。
ペースをぐっと落として、
物事に時間をかけ、
必要なら遠回りも辞さない、
という柔軟な姿勢が
功を奏するでしょう。
ここで「噛み合わない」現象が起こるのは
べつに「不運」などのことではなく、
気づかずにいたボタンの掛違えを
一つずつ丁寧になおしたり、
直進だけでは決して出会えないものに
敢えて寄り道をして、出会ったり
といった、
意味のあることなのだと思います。
特に、頭だけで物を考えず、
五感や感情を通して世界を見ると、
今まで上滑りしていた部分を、しっかり
「引き戻す」ことができるでしょう。

8月は、
コミュニケーションが活性化します。
また、正面からの対話では解らないことが、
じわっと伝わってくる場面も多いでしょう。
相手の言葉よりも表情の方が
より多くを語るかもしれません。
さらに、この時期は
過去に失ったものが戻ってくるような
不思議な事が起こりやすくなっています。
特に、8/11の日食前後は
あなたの人生の重要な転機として
記憶に残るかもしれません。

9月は、
自分がどこにいるべきかを
人と、あるいは身近な人と
大いに語り合えそうです。
パートナーや関係者の意見の
「核」にあるものが、
あなたの心を動かすでしょう。

10月は、
普段見ている景色に隠された、
これまで気づかなかった面白さを
「再発見」できそうです。
家族との関係を再構築したり、
懐かしい場所に帰ったりと、
なにかしら
「居場所・ルーツをとりもどす」
ような動きが生じそうです。

11月は星座を問わず、
大きな転機となりやすい時です。
獅子座の人にとっては特に、
ここから2019年に跨がって
素晴らしい愛の時間が訪れます。
11月半ばを境に、
一気に濃密な愛の世界に足を踏み入れる
と言う人も少なくないでしょう。

12月は、外に出る機会もさることながら
家でぬくぬくしたくなりそうです。
過去一年をかけて作った「居場所」が
ここで、その真価を発揮します。
ちいさな楽園のような世界が
自分の手によって生まれた、
ということに
深い感動を抱く人も多いはずです。


[愛について]


2015年頃から、
愛に関して不思議な恐れや抑圧、
疑問や緊張を感じてきたでしょうか。
あるいは、
パートナーと心から愛し合うような時にも
妙な孤独を抱いていた人も
少なくないかもしれません。
2018年は、そうした
愛を引き留めるような冷たい謎から
解放されるタイミングとなっています。
おそらく、過去二年ほどの雰囲気が一転して
愛について肯定的になれるでしょうし、
心を開くことも
ラクにできるようになるはずです。

とはいえ、過去二年ほどの経験が
辛いだけの無駄なものだったか、というと
決してそうではないはずです。
むしろ、愛というものを冷静に見つめ、
自分の中で、何が信じられる愛なのかを
真剣に考えることができたのではないでしょうか。
今、あなたと関わる人の目にも、
あなたの愛が大きく育ったことは
はっきり映っているだろうと思います。

冷たくなっていた手が
少しずつ温まっていくように、
あなたの愛も、
まず1月後半から3月に、
じわじわとほぐれていきます。
あるいはここで一気に
新しい愛のドラマが始まるかもしれません。

さらに、5月から8月、
9月から11月も、
人と情熱をぶつけ合える季節です。

そして11月、
今度は非常に雄大な愛の季節が訪れます。
ここから2019年の終わり頃まで、
約12年に1度の「愛の成長期」に入るのです。
ここでの「成長」は、
2015年から2017年の
険しい山登りのようなプロセスではなく、
夏の太陽の下で花が咲きみだれるような、
あくまで明るく熱い、
華やかな展開になるはずです。

  *****************************


冒頭から述べた風景について
「ずいぶんジミだなあ」と
ガッカリされた方もいるかもしれません。
でも、実は2018年は、
獅子座の人々にとって
「ブレイクスルーの季節への、扉」
のようなタイミングでもあるのです。
というのも、改革や革命、
自由や独立、時代の最先端などを象徴する、
天王星という星が
獅子座から見て、
「社会的立場・キャリア」
の場所へと入っていくのです。
ここから2026年頃までに、
文字通り、何らかの形で
「ブレイク」する人も
決して少なくないと思います。
勢いよく世に出たり、
古いしがらみから脱出したり、
思いのままに活躍する自由を得たり。
肩書きや世の中の力関係に縛られない、
本物の舞台を切りひらくことができる、
はなやかな時間へと入って行けるのが
この2018年です。

そうした「ブレイク」の時こそ、
前述のような、
居場所や自分の庭園、
時間をかけて得た力、といったものが、
物を言うのではないでしょうか。
出会った壁をすべて、
ただ飛び越えてきた、
というだけでは、
自分自身の中に信じられるものが
なかなか、育ちにくいはずです。
結べないなりに時間をかけて工夫して
やっと出きるようになった蝶結びの経験は
とても貴重です。
というのも、
「靴紐を自分で結べるようになる」
ということ以上に、
時間をかけて粘り強く頑張れば、
できなかったことも、
できるようになる
という経験を得られるからです。

2018年から2026年までの
華やかで自由な
「ブレイク」のプロセスにおいて
2018年にあなたが作る
美しく創造的な
「自分の庭」は、
ずっと味方となり、
帰るべき場所となり、
原点となってくれるでしょう。
さらに、この時期に生まれた
身近な人々との信頼関係はこの先長く
冒険の中のベースキャンプとして
あなたを守ってくれるはずです。

Leo(しし座)

あなたはどう過ごす? by FELISSIMO

on facebook

  • Aries(おひつじ座)
  • Taurus(おうし座)
  • Gemini(ふたご座)
  • Cancer(かに座)
  • Leo(しし座)
  • Virgo(おとめ座)
  • Libra(てんびん座)
  • Scorpio(さそり座)
  • Sagittarius(いて座)
  • Capricorn(やぎ座)
  • Aquarius(みずがめ座)
  • Pisces(うお座)
  • 全体の星模様
  • 「今週の星模様」について

FEATURE

特集一覧

特集

  • Felissimo Fashion News
  • kraso 総合雑貨ランキング
特集一覧
PAGE TOP