みんなでつくるモノがたり

2016.11.15

なつかしのSF STUDIO

SF STUDIOファンのみなさま
お久しぶりです!

なつかしのSF STUDIO
SF STUDIOというブランドが生まれたのは、もう20年以上も前のこと。
シールやミニカードのプレゼントがきっかけでしたが、おかげさまでみなさまから好評をいただき、「SF STUDIO FANの会」という、いろんなアイテムをお届けする年間予約型の商品に発展していきました。
食器や文房具、ファッションアイテムなど、たくさんの雑貨を企画しましたが、個人的に印象に残っているのは、コース満了時のプレゼント「どら焼と焼き印」。ガスコンロで焼き印を熱し、どら焼きにジュっと押し当てたときの感動は忘れられません。

夢をかなえるメリーの企画
さて、今回のメリーカタログのテーマは「DREAM CATCHER」。みなさまにいろんな夢をアンケートしたところ「SF STUDIOのグッズを作って」といううれしいお声をいただいたとのこと。かねてから「復活してほしい」と願っていたくらいなので、「ならば私が」と名乗りをあげてしまいました(実は、SF STUDIOブランドの担当者は複数存在するのです)。

「文房具」と「かわいい雑貨」というリクエストはいただいたものの、具体的なアイテムがわからなかったので、メリーカタログの担当Kとめずらしく綿密に相談。その結果、手ざわりのよい革雑貨がほしいわたしと、SF STUDIOスケジュール帳の担当でもあり、カバーのボタンのせいで左ページが書きにくいという問題を抱えていたKの思惑が合致し、革の「文庫本カバー」の企画が決定。あと、食器好きなのでひと通りのものはそろっているけど、新しい食器はほしい気分なのよねーということで、フルーツ専用のお皿も作ってみることになりました。

SFスタジオ2.jpg

今日は、「スケジュール帳にもぴったり! 本革の文庫本カバー」について語らせてください。

大人の上質素材
文庫本カバーといえば、まずは書店でつけてくれる紙のカバーが思い浮かびます。そして、スケジュール帳のカバーは透明のオレフィン。どちらも便利でいいのですが、手にした素材感を楽しむ~というものではありませんよね。そこで白羽の矢を立てたのが、本革!
フェリシモの本革バッグで定評のあるメーカーさんにお願いして、しっとりとした肌ざわりで、くたっとやわらかな素材を調達してもらいました。こげ茶・青・グリーンなどのカラーがある中から選んだのが「白」! 濃色と比べたら汚れやすいかもしれないけれど、大人になった今だからこそ持ちたい白色のバッグインナー。黒っぽいバッグが多い中、明るい色の小物は見つけやすくて便利ですよね。この革に、SF STUDIOのイラストを型押ししてもらったら、シックで飽きのこないカバーができるはずだと確信し、ざっくりとしたデザインとサイズを告げて、予備色を含めてサンプルを依頼。あっという間にできあがってきたサンプルは、職人さんのアイデアがプラスされて、想像以上のクオリティ!
ただ残念なことに、革がやわらかすぎて型押しの効果が出ず、イラストがよくわからないのです。

型押し_2.jpg

気を利かせた職人さんが、透明フィルムで押したものも同封してくださっていましたが、これだとちょっと安っぽいかなぁ。

オレンジだと!?
そして、ここでもうひとつの問題が発生。自信満々の白のカバーにいちゃもんをつける輩がいたのです。それが前出のメリーカタログの担当K。「白は汚れるからなー。オレンジとかどうです!?」
実は、予備色としてオレンジと赤の2色を作ってもらっていた私。「ほら、オレンジはちょっと黒っぽいし、白の方が断然大人っぽくてきれいやん」
なのに、「汚れたらヤダ」と駄々っ子のように繰り返すK。
「どっちにしても型押しだけだとモチーフが浮かび上がらないから、箔押しの見本を作ってみてもらうわ」
......
数日後、箔押し見本が届きました!
それぞれの色みにあわせ、白にはシルバー、赤とオレンジにはゴールドの箔です。

箔見本_2.jpg


「ほーら、ご覧なさい」とばかりにKにサンプルを差し出したところ、悶絶しながらも「今日の私の服にはオレンジが似合うし」とモデル立ちでポーズを決める始末。
まぁ確かに自分で言うのもなんですが、落ち着いたオレンジも、ちょっとピンクがかった赤も、それはそれはかわいいのです。そして、若いKにはオレンジも似合ってる。
「でも、あなたSF STUDIOを展開してたときは子どもやったやん」というわけで、社内にいるSF STUDIOのファンたちに「どっちがいい?」と聞いて回りました。

軍配やいかに!
もうカタログができあがっているので、どちらに票が集まったかは言わずもがなですが、それはもう見事なくらい、ほぼ全員が「こっち!」と即答で白を指差しました。そして、何人かが「オレンジもかわいいけどなー。どっちも出してお客さまに選んでもらったら!?」とも言います。「そ、その方法もありますけど。今回は紙面の都合もあるので」とK。
このブログを読まれて、ぜひオレンジを作ってと思われる方がおられましたら、ご要望をお寄せください。きっとKが喜びますし、お声が多いようでしたら作りますので!

9080_1114.jpg
カバーのサイズは調節可能。1.5cmくらいの厚さまでなら対応できます!

9080_2.jpg
ひもをくるりと巻いて結ぶタイプ。邪魔にならないよう短めにしてあるので、わっか部分がひとつの片結びがおすすめ。

イラストは、文庫本開きだと「こんにちは」、スケジュール帳だと「またね」ということになります。ひもは長さの関係で箔押しのある側でしか結べません。9080_4.jpg

やわらかな手ざわりは、ふれているだけで心が安らぎます。汚れたり手あかがついたりしても、それさえ愛おしくなるような大切なアイテムに育ててくださいね。

ニックネーム

コメント