ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2016.5.31 専用焼成ポットって何? どう使うの?【シルバークレイアクセサリー】

,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

シンプルでおしゃれなシルバーアクセサリーがおうちで手づくりできる「シルバークレイアクセサリープログラム」。やわらかい銀粘土(PMC銀粘土)は、成形し乾燥させた後に焼成すると、純度99%以上の硬いシルバーになります。

焼成の工程で使用する、別売の「PMC銀粘土専用焼成ポット」の使い方をご紹介します。

セット内容を確かめる

20160531_silver_howto_01.jpg

別売の「PMC銀粘土専用焼成ポット」には、写真の(1)~(4)が入っています。ピンク色の専用固形燃料は、毎月1個ずつ、プログラム本体と一緒にお届けします。

焼成ポットにセットする

焼成ポットは素焼きのテラコッタ製。大きさは350mlのペットボトルくらいです。ふたを外してみると、内側に耐熱シートが貼ってあります。銀粘土専用のミニ炉がまです。

20160531_silver_howto_02.jpg


まずは、耐熱シートの上に焼成ポットを置き、固形燃料を入れます。固形燃料はアルミカップとシュリンク袋を付けたまま中に入れます。

20160531_silver_howto_03.jpg


次に丸網をセット。太い網のほうを先に敷いて、細い網を上に重ねます。

20160531_silver_howto_04.jpg


作品を丸網の真ん中に、重ならないように置きます。

20160531_silver_howto_05.jpg


次に金網ハットを十字に重ねて、くるむように折り曲げます。

20160531_silver_howto_06.jpg


残りの金網を90度に折り曲げます。

20160531_silver_howto_07.jpg


焼成ポットのふたをかぶせて、金網ハットをふたの上部に差し込みます。

20160531_silver_howto_08.jpg


これで、セッティング完了です。

【ポイント!】焼成は換気扇の近くで。点火する前に必ず換気扇のスイッチをオン!

煙やにおいがこもらないように、換気扇に近い場所で焼成しましょう。必ず換気扇を回してから点火してください。おすすめはキッチンのコンロ横の平らな場所です。燃えやすいものを近くに置かないようにしましょう。

着火器具で中の固形燃料に点火します。

20160531_silver_howto_09.jpg


【ここもポイント!】点火後に白煙が出ますが、あわてずに見守りましょう。

点火後に30秒ほどすると白煙が出ます。また香ばしいにおいも多少してきます。あわてずに、そのまま見守りましょう。白煙が出るのは15秒程度です。

20160531_silver_howto_10.jpg

白煙は銀粘土に含まれている結合材(バインダー)の燃焼と、水分の蒸発により発生します。有害な煙ではありませんが吸い込んだり目に入ったりしないように気をつけてください。換気をしっかりしてください。


点火後に出る白煙の様子を動画でチェック

白煙がどのくらい出るのか、動画でチェックしてみましょう。


点火後30秒ほどで白煙が出てきました。その後15秒ほどで煙はおさまり、その後は出てきません。焼いている間は、香ばしいにおいが少ししてきます。

焼成中はポットから離れない!

固形燃料は30分ほどで燃焼します。その間はポットから離れないようにしてください。

20160531_silver_howto_11.jpg


だんだんと、金網ハットの色が変わってきます。火傷の危険がありますので、ポットを上からのぞきこんだり、素手で触ったりは絶対にしないでください。

火が消えたらそのまま約1時間自然に冷やし、作品を取り出します

固形燃料が完全燃焼し火が消えても、ポットが完全に冷めるまで手を触れずに自然冷却します。目安は1時間です。ポットが充分に冷めているか確認してからふたを持ち上げて、作品を取り出します。

20160531_silver_howto_12.jpg


出てきた作品が真っ白?!

焼成後の銀粘土は白い結晶に覆われているので、全体的に白くなります。この後、真ちゅうブラシを使って結晶を磨き落とすと、シルバーの輝きが出てきますよ!

20160531_silver_howto_13.jpg↑左が磨いた後、右が磨く前の作品。

焼成の工程は2時間弱。磨き仕上げは別の日にしてもOK

焼成にかかる時間は、セッティングに約10分、燃焼時間は約30分、自然冷却に約1時間です。焼成後の磨き作業は別の日にしても大丈夫です。すきま時間を使って少しずつ進められるのも、このプログラムの特徴です。

休日や時間がとれたときに少しずつ進めて、アクセサリー作家気分を楽しみましょう。

20160531_silver_howto_14.jpg

シルバークレイアクセサリーレッスンを見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし