ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2016.6. 6 脳の活性化にも有効?―「あえて」「わざと」をしてみる―[今週のプチゆる活]

, , ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook


週末に近所を出かけるときは、同じ道ばかりでなく、わざと違う路地に入ってみたりしています。思わぬ発見があります。徒歩や自転車で移動することが多く、毎週通院や買い物でちょっとした距離を移動するのですが、工事での通行止めや、路駐があって、ベビーカーが通れないとか、仕方なく一本別の道を行くようになり、素敵なお店や公園を見つけたりできるし、いい気分転換になります。(広島県 ぶひさま)

駅を降りる時に、わざと遠い方の改札から出る。一駅前で降りて歩くというのは、乗っている電車が停まらなかったりして難しいけれど、違う改札から降りるくらいなら割と気軽にできます。(大阪府 しまうまさん)


私たちはいつの間にか、いろいろなことを習慣化しています。

習慣化することで、効率的に物ごとが進められるようになり、もっとたくさんのことができるようになります。

でも、毎日無意識にしている何かを「あえて」変えてみませんか?

「わざと」いつもとは逆のことをしてみませんか?

たとえば、簡単なことを、あえて利き手でない方の手を使ってやってみる。

おやつを食べるとか、缶ジュースを飲む前に振るとか、歯みがきとか......。

また、置き時計やカレンダーなど、ふだんよく見るものの場所をあえて変えてみるのも、おすすめです。(最初はちょっとイラッとするかもしれませんが......)

慣れることは悪いことではありませんが、それにあえて逆らうことで、リフレッシュできたり、新発見できたりすることも。

「あえて」「わざと」何かするプチゆる活、始めてみませんか?


▼あなたの「ゆる活」を教えてください

気軽にゆる~く、できる範囲で取り入れている、自分にとってプラスになること。何か実践していませんか? ぜひ教えてください!
⇒ゆる活投稿フォーム

これまでの「今週のゆる活」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし