ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

ミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2017.9. 8 「美術館を楽しむコツ」とは? ~身近なアートの世界 ミュージアムに行こう! プログラム(その1)~

, , ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

こんにちは! ライターのShinです。

突然ですが、みなさんは美術館は好きですか?
私は、子どもの頃、大きな美術館の近くに住んでいたこともあって、美術館というものは意外と身近な存在でした。当然、行く機会も多かったし、大人になってもその感覚のままなのですが、芸術そのものに詳しいかというと、実はそうでもありません(笑)。
いつも、ただなんとなく雰囲気で見ていたので、作品や作者についてそこまで深く考えたことはなかったんです。


芸術と聞くと、ちょっと踏み込みづらい......?!

実際、芸術に興味のある人は多いと思いますが、いざ芸術の勉強となると、何をどうすればよいのか、なんだかつかみどころがないように思いませんか? 興味はあるのに踏み込みづらい......。
でも、ほんのちょっと視点を変えるだけで、実はもっと気らくに学べたりするのかもしれないと思えるプログラムが、ミニツクの 「ミュージアムに行こう! プログラム」 です。

美術館に行きたいけれどハードルが高いと思っている人はもちろん、美術館に行ったことがある人も、新しい発見を探しに、私と一緒にプログラム体験してみませんか?
美術館を楽しむコツについて、これから3回に分けてご紹介したいと思います。


やっぱり気になるセット内容

「ミュージアムに行こう!」と言われても、一体何が届くのか気になりますよね。正直、想像がつきません(笑)。
まずは、そのセット内容からお見せしたいと思います。

20170908_museum_shin_sono1_1.jpg こちらは、初回のテキスト「美術館を楽しむコツ編」です。
愛嬌のあるキャラクターが案内係のようですね(笑)。


20170908_museum_shin_sono1_2.jpg こちらは、モネの作品が描かれたAサイズの美しいクリアフォルダー。
チケットや案内がはさめそうです。


20170908_museum_shin_sono1_3.jpg でも、裏面は先ほどのキャラクター(笑)。ちなみに、女の子は「アミちゃん」、となりにいる不思議な生き物は、「アートの妖精」だそうです。ちょっと、和みますね。
クリアフォルダーは、毎回違う作品のデザインで届きます。
全部で12枚もそろいます!


20170908_museum_shin_sono1_4.jpg 初回のみ届くのが、スケジュール用紙。アート関連の予定を1年を通してメモできるようになっています。これなら、気になるイベントもひと目でわかりそうです。


鑑賞カードがたまっていくのもうれしい


20170908_museum_shin_sono1_5.jpg 手のひらサイズのこちらは、鑑賞カード。自分が行った美術展などで気に入った作品を記録します。毎回、5枚ついてくるので、逆にこれに書き込める気に入った作品を見つけるために、美術館に行きたくなります!


20170908_museum_shin_sono1_6.jpg 収納ケースも付いてくるので、きちんとまとめられて便利です。さりげなく、アミちゃんとアートの妖精も見守っていますね(笑)。


20170908_museum_shin_sono1_7.jpg 収納ケースは、たっぷり入るサイズで、フタを閉じるとこんな感じ♪ なんだか、かわいらしいですよね。こちらも、初回のみ届くそうです。

以上が初回のセット内容です!


美術館を巡るコツを予習できるテキスト

20170908_museum_shin_sono1_8.jpg テキストの内容は、ミュージアムめぐりのコツが、イラストと共にわかりやすく書かれているので、初心者でも楽しく読むことができます。


20170908_museum_shin_sono1_9.jpg 作品そのものよりも、最初は行くまでの準備や回り方の工夫など、まずは取り組みやすいところから教えてくれます。確かに、こういった事前に必要な情報は、知っているのと知らないのとでは、満足感に差が出てしまいそうです。これは、美術館に行ったことある人にも役立つ情報かもしれませんね。


お楽しみミュージアムショップ情報など具体的!

20170908_museum_shin_sono1_10.jpg 併設されているレストランやショップも美術館のお楽しみ♪ テキストにも具体的に紹介されているので、美術展とは別にちょっと行ってみたくなります。


20170908_museum_shin_sono1_11.jpg 他にもテキストには、ミュージアムの歴史など豆知識なんかもあって、ちょこっと知りたいポイントが載っていたりするので、読み物としてもちょうどいい感じです。

さて、 「ミュージアムに行こう! プログラム」 体験、第1回目はいかがでしたか? 初回は、気になるセットの内容とテキストの前半についてご紹介しました。
初心者にはむずかしいのでは? と思われがちな美術館ネタのプログラムですが、とても入りやすい明るくポップな内容らしいことがわかりましたね。

次回は、テキストの後半! 今度は、ほんの少しアートの入り口に立って、自分の好みを探していきます。どうやら、「好き」を見つけることも美術館を楽しむコツのひとつのようです。

意外と知らない自分の好み。
一体どうやって見つけていくのでしょうか?

さらに、スケジュール用紙なども実際に使ってみたいと思いますので、続きもどうぞお楽しみに!

ミュージアムに行こう! プログラムを見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ライター Shin

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!