ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.3. 1 開発の始まりの巻 ~3/15発売予定「わくわく絵本塾レッスンプログラム」伝えたい15の話(その1) ~

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

こんにちは、プランナーのNecoです。ふだんはミニツクのプログラムを企画したり、鞄や靴の企画などをしています。このたび、絵や文章が苦手でも 1年間でさまざまな絵本作りを楽しめる「わくわく絵本塾レッスンプログラム」を、神戸の絵本教室 「Gallery Vie 絵話塾」 さんと共同企画しました。 2018年3月15日 からフェリシモのミニツク サイトで先行予約が始まります。発売までを楽しく待っていただきたいと思い、このプログラムが生まれるまでの物語を15回に分けて連載していきます。


■一部:1~6回
「わくわく絵本塾 レッスンプログラム」が生まれるまでのお話
第一線で活躍中の絵本作家・イラストレーター・編集者が講師をつとめる、神戸の絵本教室「絵話塾(かいわじゅく)」との共同開発秘話をご紹介。

■二部:7~13回
現役で活躍中の絵本作家とイラストレーターと作ったたくさんの教材。その魅力を特別に先に教えちゃいます。

■三部:14~15回
発売直前! もっとナイショのナイショ話
1年間で作れる12種類のいろいろな絵本の一部もご紹介。そして、このブログだけで紹介する見所をチェック項目にしました。

ではさっそく、いってみましょう!

20180301ehon1_1.jpg

このレッスンプログラムのコンセプトである「絵本をいつか作ってみたい!」という気持ちを抱えていたのは、実はプランナーのNecoでした。私は幼少の頃から「絵」を描く仕事をしたいと思っていて、そのためにフェリシモに入社したのですが、なかなか現実はそう甘くはなく、「いつか作りたい!」という気持ちをただつぶやく毎日でした。そんな2014年のある日。知人の紹介もあり、第一線で活躍中の絵本作家・イラストレーター・編集者が講師をつとめるという噂の神戸の絵本教室「絵話塾(かいわじゅく)」へ見学に行きました。

そこでは、年齢性別を問わず、たくさんの方が有名作家の先生の講義をイキイキとしたまなざしで受けていました。絵話塾には絵本コース、イラストコースなど、いろいろなクラスがあって、来ている方々の目的もいろいろ。ずっと叶えたかった夢を叶えにきた退職後の方もいれば、大学生やOLでかわいい絵本の世界を勉強したくて来ている方。本職でイラストレーターやデザイナーとして活躍されている方も「絵本作りコース」に来ていたり。中でも多かったのは主婦の方。通い始めの頃は、絵も文章も苦手で、まったく絵本なんて作れない方も多いのですが、1年を過ぎる頃には、ほとんどの方が1冊~数冊の絵本を完成できるようになっていました。中には有名な絵本コンペで入賞し、そのままプロの作家になる方も。私は、2年間で6コース、絵話塾で勉強しましたが、そういったシーンを何度も見てきました。そしてすべての授業が終わった後の修了展覧会のとき、だれもが一冊の絵本を大切に、一生の宝物ができたように見せてくれました。

私自身が体験してわかったこと。それは、「絵本」は自由でだれでも楽しめるもの。いつスタートしても夢の舞台の入り口にいけて、そこからずっと続けていける長年の友達になることもできるんだということです。私たちに、にっこり微笑みながら教えてくれたのは塾長の村上さんでした。

絵話塾に通い始めのころは、数年後に自分が「わくわく絵本塾」レッスンプログラムを企画することになるとは思いもしませんでした。

次回は 「魔法の学校ならぬ絵本の学校の巻 」です。

※「わくわく絵本塾レッスンプログラム」は 2018年3月15日 フェリシモ ミニツクのサイトにて発売予定です。

※このブログで紹介している、教材やテキストの写真には、開発段階のものも含まれます。

※絵話塾(かいわじゅく) とは?
Gallery Vieが1999年のオープン以来行ってきた数々の作品展などで知り合ったアーティストの方々と、皆さんとの間に素敵な関係を築きたいという思いから、2004年春から始まったワークショップです。「絵本」をゆっくり、「イラスト」をじっくり学ぶコースなど数多くの楽しいコースがあります。そして、この塾は、講師が教え受講生が教わるという形でなく、お互いが持っているものを出し合って、楽しく真面目に遊びながら、自分が持っている絵の力や物語を発見したり伸ばしたりできるよう、講師の方々にあなたの味方についてもらおうとするものです。第一線で絵本やイラストの仕事をされている講師たちと、楽しく絵話(かいわ)していきましょう。ギャラリーVie絵話塾は、そんな気持ちで開講しました。1年間じっくり、ゆっくり、わくわくしながら学んでいって下さい。絵を描きたい人、絵本をつくりたい人なら誰でも歓迎します。

201803ehon_Px540.jpg

「夢の絵本作りレッスンプログラム」

「わくわく絵本塾レッスンプログラム」伝えたい15の話:
  すべての記事:
その1:開発の始まりの巻

その2:魔法の学校ならぬ絵本の学校の巻

その3:真空パックできるかな?の巻

その4:絵と文章が苦手でもの巻

その5:荒井良二さんの巻(前編)

その6:荒井良二さんの巻(後編)

その7:1枚の紙の魔法の巻

その8:紙芝居が立体!? の巻

その9:松栄舞子さんとテキストブックの巻

その10:絵本図書館の巻

その11:巨匠から届いた原画たちの巻

その12:無限のレッスンボックスの巻

その13:餃子とビールと講評会の巻

その14:撮影完了の巻

その15:ついに開講、夢の絵本学校!? の巻

夢の絵本作りレッスンプログラムを見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツクプランナーNeco

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし