ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.3. 8 アンケート結果発表!さんぽについて[みんなのゆる活白書]

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

今月のゆる活白書は「さんぽ」について! ミニツク受講者のみなさまのさんぽライフについて教えていただきました♪


ふだん、さんぽはしますか?

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_2.jpg 「よくする」「時々する」の合計が39%、「ほとんどしない」「あまりしない」の合計が61%と、さんぽに消極的な方のほうが多い結果となりました。


どんなときに、どんなさんぽをするのが好きですか?

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_3.jpg


天気のいい日や、気候がよい時期に!


天気がよくて、手荷物が軽いとき。駅間の短い沿線を2~3駅分程度あるくのがすき。(千葉県 chanchanさま)

春や秋など寒くも暑くもない気候が良い時期。熊本は夏と冬が長いので......。(熊本県 あかりさま)


川沿いや神社はさんぽの定番スポット


近所に川があるので、川べりを散歩する。春に桜、秋には彼岸花があるので歩いて、季節を感じに行く。(埼玉県 ふータンさま)

雪の日、早朝、日が暮れてから、息子と手を繋いで、近所の神社まで。(愛媛県 黒ねこさま)


冒険気分で♪


街中でのイベントに出かけたときなど、ちょっとした路地に冒険的な気分で入っていって、いろいろな家を見るのも面白い。(鳥取県 すねこぼんさま)

初めて行った街の駅までの帰り道を、わざと違うルートで歩いてみたりする。気になる路地を発見したら、その先をどんどん歩いて探検する。(東京都 いっけさま)

ライブ会場で開場前に、周辺をウロウロする! コンサートが始まる前のワクワク感もあって、とても気分が良くなります。特に大阪城ホール周辺の公園や、新木場スタジオコースト周辺は好きです!(石川県 ロロさま)

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_4.jpg


雨の日も、雪の日も


雪が好きなので、雪の積もったときに車の通らない裏道なんかを歩きたくなります。あまり晴れた日よりも、曇りや風のない日がベスト。(新潟県 hydrangeaさま)

雨がそこそこ激しく降る時、お気に入りの長靴とレインコートを着て幹線道路沿いをこっそり歌いながら散歩する。(雨と車の音で歌っていることがバレないから)(熊本県 ちーさま)


夜明け前に


朝の夜明け前に家を出て、歩くと共に夜が明けるのが、気持ちが安らぎます。(福岡県 ううまくんさま)


パートナーやこどもと


週末にパートナーと川沿いの散歩道を歩いて、帰りに買い物をして帰ってきます。普段ゆっくり話ができないので、週末のその時間はとても大事にしています。(神奈川県 kanilehuaさま)

子供と一緒に歩くのが好きです。「おかーさんのダイエットのために」というと一緒に歩いてくれます。くだらないことを話ながら歩くと、こころまでぽかぽかします。(長野県 プリンさま)

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_5.jpg


さんぽのおともは......


桜が咲くと、カメラを持って、近所の公園まで花見に行きます。日頃でも、時期を問わず、気が向いたら買い物がてらに散歩します。(山口県 まるはなばちさま)

朝夕犬と一緒に富士山を眺めながら歩く。2日に1回は海岸に行く。週末は夫婦で犬と一緒に少し遠くの公園などに行く。(神奈川県 NIKICCIOさま)

休日にちょっと遠出して大きな公園をぐるぐる。ポケモンも集まる。(長崎県 ecoさま)


お店を探したり、おうちを見たり


天気のいい日に近所を気の向くまま歩いて、初めて通る道や店をみつける。(愛知県 さくらさま)

家を見るのが好きなので、新築物件があるとジロジロ見てしまいます。(千葉県 マーボーさま)


花粉を避けながら......


時間に余裕があるときふだんの通勤経路からちょっと一本横道にそれて歩く。意外な発見があって楽しいです。お花見は以前は好きでしたが最近は花粉が......( ;∀;) (富山県 えっちゃんさま)

花粉の飛ばない時期に、新緑や季節の花を愛でに車で少し遠くまで出かけて歩く。(埼玉県 kiririさま)


ほろ酔いで


北海道の短い夏の夕方に ほろ酔い気分で 近くの河川敷を歩くのが好き。(北海道 あこぼさま)


夜桜を楽しみながら


桜の季節に夜、缶チューハイをリュックに忍ばせお花見に繰り出し、ベンチに座って夜桜を見ながら乾杯する散歩がここ数年の夫婦の楽しみです。町のパン屋さん巡り散歩も楽しいです。チューハイ片手に子供たちの成長を振り返って感慨深くなったり......。結婚生活を二人で振り返れる時間が持てて良いです。(大阪府 はる・あつママさま)


運動不足解消!


毎日、運動不足解消のため歩いてますが、季節の変化を見つけながら散歩するのが好きです。(埼玉県 うさぎさま)

寒くなく、暑くもない季節になると、運動を兼ねて歩きます。よそのお宅の庭に花が咲いているのを見ながら歩くとどんよりしていた頭と体がすっきりします。(三重県 きじとらこさま)


さんぽの思い出

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_6.jpg 懐かしい思い出や、ほっこりしたことなど、さんぽの思い出もたくさん教えていただきました。


懐かしい人との思い出


実家の近くの河川敷の桜並木を、母と父と三人で、歳をとってあまり歩けなくなった愛犬をだっこして散歩をしたことは、一生忘れない家族の素敵な思い出です。(東京都 めにゃさま)

子どもの頃、よく父と裏山を散歩しました。小さなスミレの花を見つけて、「山路来て 何やらゆかし 菫草」と呟いた父が素敵でした。それから、スミレを見つけては、私も大きな声で「やまじきて......」と得意げに叫んでました。(福島県 シロウ32さま)


こどもとのさんぽの思い出


友人の子供がまだ小さかった頃、遊びに行って時々散歩に付き合ったりしたのですが、「いっぱい歩くのに、なんで3歩なの?」と聞かれたことが......。はてさて、なんと答えたのだったかな。(群馬県 ぶっちさま)

保育園で働いていた時の園児との散歩。小さな子供との散歩は大人目線とは違ういろんな発見がありました。(北海道 アロマさま)


人とのふれあい


地元の方とのふれあい。地元ならではのお店や景色を教えていただいたりする楽しみはこの上ないものです。(神奈川県 nomuraさま)

夫と付き合っている時、知らない人からアミューズメント施設のチッケットをもらった時は驚きました。(埼玉県 kappiさま)

息子たちが幼かった頃、引っ越したばかりで不安だったが、散歩の時にすれ違うお年寄りが声をかけてくれて、ここでならやっていけるかなと心強かった。(長野県 ママワン子さま)


動物と遭遇


山の中のホテルに泊まった翌朝、さんぽをしていたらサルの群れに遭遇しました。子ザルがかわいかったです。ちょっと怖かったですけどね......。(東京都 ととさま)

以前住んでいたところに林の中に散歩コースがあって、散歩中、気がつくと後ろからエゾリスがついて来る!その林は餌付けをしていて2度目からヒマワリの種を持ち歩き、手の平から食べてくれた時はうれしかったなぁ♪ 私の指につかまった前足がほんのり冷たくて、毎日の散歩が楽しくなりました。(北海道 猫飯はカリカリさま)

以前さんぽしていたら、うさんぽ(うさぎと一緒にする散歩)をしている人がいて、一緒にうさぎにふれあい楽しかった。うさんぽの会があるらしい。(長野県 ゆみゆみさま)


花の香りや美しい景色


写真に残すのにいい思い出になりますが、花の香りを楽しんでの日向ぼっこは最高の思い出です。その日の時間がゆったり流れる気がして、うれしい1日になります。(神奈川県 こずさま)

夜桜を見に行くのが好きで、深い藍色の夜空にぼんぼりの灯りでぼやっと浮ぶ満開の桜がとても美しいと感じた。(富山県 おりゅりゅさま)


さんぽをしていてうれしかったことは?

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_7.jpg 偶然の出会いや、心温まる出来事も、さんぽの醍醐味です。


子どもと一緒に探検。どんぐりや、道路に書いてある印、かえるなどの生き物探し。子どもはやっぱり外が好きなようで、何か見つけて喜んだりビックリしている姿がかわいいです。(茨城県 ちょこぱんまんさま)

子どもと近くの公園に季節ごとに行く。去年は登れなかった土手を登れるようになっていて成長を感じる。(大阪府 ririさま)

猫が逃げないでくれると嬉しい。(長野県 ちゃいたさま)

犬を飼っていた時は、友達犬に会うのが楽しくて、一緒に散歩をしたり、情報交換したり、とても癒されました。帰ってからブラッシングをすると、花びらや枯葉が絡まっていて季節を感じました。(東京都 シルキーさま)

花のつぼみを見つけたり、かわいい犬のおもしろいお散歩の様子に出くわしたり、偶然歩いた道すがら、新しいお店を見つけたときは、うれしくなります。(愛知県 ちゃむさま)

季節によって花が咲くのを楽しみにしていますので、タイミングよく開花しているのを見つけるとハッピーな気分になりうれしいなと思います。(静岡県 hiro27さま)

季節を感じられること。結構いろんな人と会話できること。携帯の使い方がわからなくて困ってる方にお教えしたらとっても喜んでくれました。(埼玉県 めいさま)

結構お金を拾うんです。(三重県 kotanさま)

いつもは見逃していたおしゃれなお店やカフェを見つけた時など得した気分になります。(青森県 sirokumaさま)


さあ、さんぽに出かけましょう!

受講者のみなさまのおさんぽライフ、いかでしたか? 新発売の 『コケさんぽプログラム』 は、道路や壁のすき間にひっそりたたずむコケを探しながら、さんぽを楽しめるプログラムです。小さなコケが誘う不思議の世界へ、あなたも旅してみませんか? 知るほどに奥が深いコケを訪ねる、新感覚のさんぽ習慣が身につきますよ♪

yurukatsu-wp-cokesanpo20180308_8.jpg

「コケさんぽプログラム」

他の「ゆる活白書」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし