ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.4.12 アンケート結果発表!「絵本と私」[みんなのゆる活白書]

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

今月のゆる活白書のテーマは「絵本と私」です。ミニツク受講者のみなさまに、絵本の思い出や、絵本について知りたいことなど、いろいろと教えていただきました♪


絵本は好きですか?

20180412yurukatsu-wp-ehon_1.jpg絵本が好きという方が80.3%と、とても高い割合になりました。では次に、絵本が好きな理由を聞いてみましょう♪


絵本が好きな理由

20180412yurukatsu-wp-ehon_2.jpg


思い出がたくさんあるから


絵本にはたくさんの思い出があって、自分が小さかった頃、子供たちが小さかった頃、優しい時間を絵本と過ごしてきたなとしみじみ思います。(埼玉県 まおままさま)

昔読んで貰った絵本の絵を覚えています。私が子供の頃読んだ絵本を、子供たちに読み聞かせ、大人になって理解できることがありました。また、孫に読み聞かせし、若いころととらえ方がかわった事もあります。(福島県 シロウ32さま)


読みやすい・分かりやすい


小説とは違い絵が主体になっているので、物語の場面が鮮明で分かりやすいから。(岐阜県 そわれっとさま)

絵がメインなので読みやすく、子どもから大人まで楽しめる。子どもとのコミュニケーションにも役立つ。(鳥取県 みいやんさま)


夢がある


色がきれいで、道徳的な話やファンタジーな話もあるし、夢があります。(東京都 シルキーさま)

夢があるし、心に響く話しが多い。(神奈川県 muさま)

20180412yurukatsu-wp-ehon_3.jpg


癒される・アートとして楽しめる


アートを手軽に楽しむひとつの手段。(三重県 manacheruさま)

かわいい絵柄を見ていると、ほんわか温かい気持ちになれるから。(山口県 まるはなばちさま)

ただ、眺めているだけでも、絵本だと色々と想像できるし、好きな絵本作家の絵だとやすらぎます。特に外国の絵本は、英語がよくわからなくても、好きです。(千葉県 もも99さま)


こどもと一緒に楽しめる


手軽に手に取って楽しめる。短い時間で読める。絵と文の両方から情報を得ることでチョッと難しいかな......というようなことも理解しやすいことがある。子どもと一緒に楽しめる。等々たくさん!(長野県 りんごさま)

絵やお話しに癒されたり、勉強になったりするから。子どもが喜ぶから、ためになるから。子どもと一緒に考えたり、教えたりできるから。(神奈川県 にゃんちうさま)


童心に帰れる・大人でも楽しめる


童心に帰れるから。シンプルでストレートなメッセージにハッとさせられるから。(東京都 ゆきのこさま)

絵を眺めているのも楽しく、世界観に飛び込むのも楽しい。子ども心を思い出しつつ、それを隠さずに楽しめるのがいいですね。(三重県 遥さま)

近頃は雑貨屋さんにも並んでいたり、イラストレーターさんが手がけたりと、デザイン性の高いものもあるし、絵本=こどもだけのものではなくなっている。ストーリーも、大人が読んでも違和感のないものも増えていると思う。(鳥取県 すねこぼんさま)


プレゼントとしても喜ばれる


かわいいだけでなく知識も得られるし、プレゼントとしても喜ばれるから。(東京都 みんこさま)


理由はない、とにかく好き!


理由は良くわからない。とにかく好き。(本の虫さま)

理由を考えたこともないくらいに子供の頃からすぐに身近にあって分身のように感じています(東京都 うじさんさま)


幼少のころ好きだった絵本は何ですか?

20180412yurukatsu-wp-ehon_3.jpg 幼少のころ好きだった絵本のタイトルと、その絵本を今も持っているかどうか、聞いてみました♪


ずっと持っている絵本


『ばらいろのもり』『100万回生きたねこ』『おしいれのぼうけん』『みどりがいけのひみつ』『ぶたぶたくんのおかいもの』全部あります。(愛媛県 黒ねこさま)

幼少の頃ではありませんが、中学生の頃『しろいうさぎとくろいうさぎ』と言う本を立ち読みし、気に入って初めて自分で購入した絵本です。何度も読んで本が痛んできたのでその頃の本は保存版にし、再販本を購入して気持ちがヤサグレかけた時、今でも読んでいますよ。(北海道 猫飯はカリカリさま)


今はもう手元にはない、思い出の絵本


『おさるのジョージ』ボロボロになってしまったので、親が捨ててしまいました。(愛知県 如月すずろさま)

『ブッコラのしっぽの毛』姉と毎日のように読んでいて、今はもう持っていないけど捨てずに置いておけば良かったと後悔しています。(広島県 わんこさま)


次のだれかのためにお別れした絵本


『ぐりとぐら』。大学に進学する時、地元の児童図書館に寄付した。(東京都 りりぽんさま)

『かたあしダチョウのエルフ』(うろ覚えなので違うかもです;;)学校の図書館で。なので持ってないです。 あとは定番の『バーパパパ』こちらも学校の図書館で。家にあったものだと、『まんが日本昔ばなし』とか。親がすぐ人にあげちゃうので、本は残ってないです。他にもたくさん!でもタイトルが思い出せないのもばかりです(笑)(新潟県 hydrangeaさま)


買い直した絵本・買いたい絵本


『ぐるんぱのようちえん』私も旦那も子供の頃に持っていて、子供が出来た時に買いなおしました。(大阪府ミゾレユキさま)

『たべられるきのみ』『ざっそう』何度目かの引っ越しでなくしてしまい、懐かしくて大人になってからまた買いました。(長崎県 ecoさま)

こぐまちゃんシリーズの『さよならさんかく』『しろくまちゃんなほっとけーき』今はまだ持っていないですが、この間読み聞かせてみたら気に入っているようだったのでそろそろ買いたいです。(岐阜県 ぴろきちママさま)

20180412yurukatsu-wp-ehon_4.jpg


こどもに受け継いだ絵本


『ごんぎつね』悲しいお話ではあるのですが、なぜか昔から好きでした。黒井健さんの絵の絵本を今でも持っています。子どもたちも読んでいます。(群馬県 okuraさま)

『うさこちゃんとうみ』『フレデリック』子供が生まれたときに実家から持ってきて、今は子供達の本棚に並んでいる。(大阪府 勇魚さま)

ぐるんぱのようちえん。自分の子供に読んであげようと実家から持ってきたところです。(大阪府 まんぼ。さま)


実家にある絵本


ねずみの家族『14ひきのシリーズ』今でも実家に置いてあるので、帰ったときに娘と一緒に読んでいます。(神奈川県 まえこさま)


図書館で借りたり、幼稚園で読んだ思い出の絵本


『あいうえおの本』『ABCの本』図書館で借りていたので所有していません。いつか購入したいです。(北海道 ケイさま)

『ちびくろさんぼ』幼稚園にあり、自分では持っていませんでした。(奈良県 ぴたさま)


発見した絵本!


「いしころ」という、本物の石を車やお菓子に見立てた絵本が大好きでした。数年前実家で発見!!一生取っておきます。(東京都 しのぶさま)


絵本にまつわる懐かしい思い出や、ほのぼのエピソードも大集合!

20180412yurukatsu-wp-ehon_5.jpg


好きすぎて......


小さい頃、なにかの付録に付いていた「うめ」という小冊子のような絵本があったのですが、いまだに母から、「うめ」はもう何回読まされたことか......と言われます。(大分県 でこ☆さま)

幼稚園に置いてあった1冊の絵本があまりに好きで自分用にほしくて、園児ながらに一生懸命書き写した! 同じものがお店に売ってるかもという発想がなかったようだ......。でも当然ながら本物には及ばない出来だったから、すごく自分に絶望したことを覚えてる......。(千葉県 ちっちさま)


子どもの成長と絵本


娘が何でもかじってしまい、どのページも角が丸くなっている。(兵庫県 やまぽこさま)

息子が3歳未満の頃「動物のお医者さん」という絵本が大好きで毎日読まされ、自分でも読んでいた。特に彼が好きなフレーズが「結膜炎のキツネの目をホウ酸水で洗う」という部分で、「ホウ酸水」とは古いなぁと思うと同時に言いづらいフレーズを一息に言う息子が可愛かった。昭和55~6年のことです。(愛知県 みゅうたろうさま)


今でも口ずさむあのフレーズ


娘が「ノンタン」シリーズが大好きで、よく一緒に読みました。♪のんたん・たんたか・たんこぶ・ほーい♪って、今でもクリスマスの街に出ると、ふと口から出てしまいます。(愛知県 みぃらさま)


絵本の怖いシーンが忘れられず......


ちびくろサンボの最後のシーンで、虎が気の周りをぐるぐるまわって、最終的にはホットケーキになってしまったところが、悪い虎だったにもかかわらず、子供心に可哀想でたまらなかったです。しばらくの間、ホットケーキを食べることが出来ませんでした。(千葉県 マーボーさま)

『じごく』という本は、千葉県のお寺が持っている地獄絵図を用いて、ある男が見た地獄の光景を描写した作品。普段は仏壇にしまってあって、お盆になると祖父が取り出してきて読ませてくれた。地獄の落ちるのがとにかく怖くて、死後地獄に落ちないよう、いい子になろうと、絵本を読むたびに思ったものだった。甥が保育園児の頃、兄がその絵本を見せようとしたら、甥は表紙を見ただけで怖いと泣いていましたね、そういえば。(青森県 ながれぼしさま)


絵本を手作りした思い出!


子供の名前の一文字ずつ1ページにして、左には絵で、右には文章で手作り絵本を作りました。 子どもと一緒に考えてとても楽しかったです。まだ残っています。クリスマスの歌の歌詞とまつわる絵を描いた絵本も作りました。広告を切り抜いて、お店屋さんの本を作ったこともあります。みんな楽しい思い出です。(静岡県 けっけままさま)

もうすぐ赤ちゃんが産まれる友達に絵本を贈りました。そのうちの一冊は飛び出すアリスの絵本で巧妙な作りに自分も欲しかったのを覚えています。後日友達から子供へのプレゼントなのに自分自身も気に入ってしまった!と言ってもらえ、贈って良かったと思いました。素晴らしい絵本は子供のものだけでは無いですね。(神奈川県 パピコさま)

小学生のころにクラブ活動で自作の絵本を作ってました。内容は前日覚えてないけど、製作過程はとても楽しかったことを記憶してます。(愛知県 iquさま)


絵本のあのシーンを再現!


子供の頃、ノンタンの絵本に載っていたレシピでクッキーを作った記憶があります。我が家のホットケーキはいつもぐりとぐら風に1つのフライパンで大きく焼きます。(北海道 しゃるさま

「今日は何の日」小さな手紙に次の手紙の隠し場所を記して最後にプレゼントを見つける話ですが、読んだ年の弟の誕生日に同じことをして誕生日プレゼントを隠しました。宝さがしみたいで喜んでもらえました。(群馬県 ぐらさま)


親子をつなげる絵本


絵本は、父の膝の上で読み聞かせをしてもらったことが、今となってはいい思い出。(山梨県 銀宙さま)

父が単身赴任するときに、妹が絵本を読んでいるカセットテープを持って行っていた。(滋賀県 うこまめさま)

母がよく絵本の一部を歌ってくれる本があったが、大人になるまでそれが母の作曲だとは知らずに育った。(愛知県 パタパタママンさま)

私が子どもの頃親から読んでもらっていた絵本がほぼ全て実家に残っており、私に子供ができると母親が昔の絵本を虫干しして持ってきてくれます。子どもは30年以上前の絵本も喜んで読んでいます。(兵庫県 あさぎさま)


絵本を買うときに重視するポイントは?

20180412yurukatsu-wp-ehon_6.jpg


子どもや孫のために


最初は 物のなまえを覚えるもの。次は 日常生活に関するもの(お風呂など)。その次には 物語、知識を得るもの......と、かえていきましたが、やはり絵は丁寧なもの(デフォルメされていないもの)を選んでいました。今は こども(成人)と 楽しくて笑えるような本を見つけたら、購入しています。(大阪府 わんこさま)

最近絵本を買うのは、2歳半の孫のためになりますが、まずは、絵が好みか、それから帯をみておすすめポイントを確認して、できるだけ長く読めるようなお話のものを選びます。(東京都 lovelylindaさま)


おススメの本


美しい絵や読んでいてホッとする文を好みます。あと絵本屋のおススメを聞いて買います。(群馬県 ラムショコランさま)


やさしい言葉や好きな絵


やさしい言葉と、言葉がわからなくても絵でわかる作品。(愛知県 千里さま)

絵本の内容はもちろん。絵の色彩、キレイ、躍動感、惹きつけるもの。(宮城県 さくら餅さま)

絵が好きかどうかが一番かな?見ているだけで幸せな気分になれる絵本が好きです。(三重県 kazunaさま)


手元にほしいもの


話の内容。図書館でも読めるので本当に手元にほしい物を買います。(岡山県 なつめぐさま)


プレゼントするときは相手の好みを考えて


自分の好みの絵だと気になります。また、絵本をプレゼントする時は、内容や物語の雰囲気が相手の好きそうな感じの作品を選ぶようにしています。『いつでも会える』やジョンレノンの絵本『real love』は喜んで頂けました!(石川県 ロロさま)


一目惚れや直観!


題名と絵のインパクト!一目惚れが多いです。(東京都 コムコム.comさま)

直感です!(東京都 いっけさま)


自分を奮い立たせてくれるフレーズ


ストーリー性。大事なことに気付かせてくれる言葉、人生を奮い立たせるフレーズが含まれているか。(宮崎県 くろさま)


好きな作家の絵本


好きな作家さん、挿絵のものは気になります。(東京都 ぴこぽんさま)


絵本について、興味があることや、学んでみたいことは?

20180412yurukatsu-wp-ehon_7.jpg


読み聞かせのコツを知りたい!


毎晩子供たちに読み聞かせをしていましたが、図書館などでボランティアで読みかせをしてみたいと思っています。上手な読み聞かせのコツがあれば知りたいです。(東京都 lovelylindaさま)

読み聞かせのスキルがあるならば、学んでみたいです! 子供を落ち着かせる為の読み方、寝かしつけでの読み方など、状況に応じた読み方があれば嬉しいですね。(茨城県 みさごさま)


絵本作家さん思いやこだわり、背景などを知りたい


絵本作家さんの絵本を作る時に気をつけていること、こだわりを知りたいです。(東京都 ビコさま)

作者が登場人物によせる思いなど、お話が出来上がるまでのストーリーにも興味を感じます。(北海道 cocoさま)

原書を見てみたい。海外の作家の生家なども見てみたい。(神奈川県 ケロさま)


絵本選びのポイント!


月齢ごとに選ぶポイントを知りたい。(大分県 yuriさま)

絵本によく○~○歳向け、という表記があるので、対象年齢ごとに絵本の内容がどう違っている(変えてある)のか内容に関する特徴が知りたいです。(愛知県 石井さま)


まだ知らない絵本に出会いたい!


昔からあるステキな絵本で、まだ知らないものを読んでみたい。またはそういう本を知りたい。(長野県 くもりねこさま)


保管方法や修理方法


何度も読むとすぐに壊れてしまう本もあるので、修理法を知りたい。(千葉県 のでさま)

絵本の大きさがバラバラで保管するのが大変なので、絵本が痛まないようにするにはどんな保管方法がいいのかを知りたいと思っています。(京都府 お多福さま)


絵本の選び方


子どもにあった絵本の選び方が知りたい。大人が選んでも子どもが読まないものもあるので。(静岡県 巻しっぽさま)

贈り物にする時のポイント。誰に、どんな本が最適か。(群馬県 むちゃ62さま)


絵本を作ってみたい!


「大人の塗り絵」で絵本を作ってみたいです。(山梨県 ネピさま)

絵を描くのが好きなのでいつか絵本を作ってみたいです。その為の勉強もしてみたいしてみたいです。(千葉県 きなこさま)

絵本を手作りしてみたいです。普通の絵本とは,絵と文章を書く人は同一人物ではないの?それとも同一人物? ストーリーはどう考えていくの? 絵の描き方は? こういうところから教えてもらいたいです。(群馬県 のぞきさま)


絵本の学校に通っているみたいなプログラム、できました♪

受講者のみなさまの「絵本と私」、いかでしたか? 新発売の『夢の絵本作り1年間レッスンプログラム』は、絵本を描いてみたい人、絵本が好きな人、絵や文章が苦手な人でも絵本作りが楽しめる夢のプログラムです。おうちにいながら、絵本学校の先生の授業を受けているような、わくわくときめく時間を楽しめますよ♪

20180412yurukatsu-wp-ehon_9.jpg

「夢の絵本作り1年間レッスンプログラム」

他の「ゆる活白書」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし