ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.7.26 コケさんぽって何するの? [やってみました!コケさんぽプログラム(その1)]

,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

こんにちは! ライターのShinです。

突然ですが、苔(コケ)はお好きですか?
最近、巷でもじわじわと人気が出ているコケ。お花屋さんや雑貨屋さんで、「コケ玉盆栽」なんて呼ばれている小さな緑の芸術作品を見たことはないですか?実はうちにも小さな「コケ玉」がいます。手軽に手に入るおしゃれなコケは、インテリアとしてすでに飾っている方も多いのではないでしょうか。
コケの持つ涼やかな和の雰囲気に、日本人はつい惹かれてしまうんですよね。

そういったお店で売られている素敵なコケも、もちろんよいのですが、実はコケってふだんの生活の身近なところにも結構いるって気づいていました?
今回の 「コケさんぽプログラム」 は、きれいに出来上がったコケではなく、自然そのままのコケを楽しむプログラム。

いままで、自分の周りにあるコケを意識して見たことがなかったので、ちょっとした宝探しのような気分ですが、いつもの生活範囲でもコケを見つけることができるのでしょうか?
今回も、プログラムの初回の内容を2回にわけてご紹介したいと思います!


「コケさんぽ」に必要なものって?

20180720_koke_shin_s1_1.JPG まずは 「コケさんぽプログラム」 で何が届くのか知りたいですよね?
初回で届くのは、こちらの3点。
レッスンテキスト、紙製フギュアシート「MOSSY(モッシー)」、ルーペです。
※ルーペは初回にお届け


20180720_koke_shin_s1_2.JPG コケ観察に欠かせないルーペは3.5倍率。うちの「コケ玉」を見てみるとこんな感じです。


20180720_koke_shin_s1_3.JPG そして、やっぱり気になるのは「MOSSY」ですよね(笑)?
なんだか、小さな人型の影がいっぱい......。こちらは、どうやって使うのでしょうか?
ひとまず置いておいて、順番にテキストを進めてみたいと思います。


お出かけ前の準備とは?

20180720_koke_shin_s1_4.JPG テキストを開くと、 「コケさんぽプログラム」 のレッスンの流れや、内容についてのお話が書かれています。講師は、コケについての執筆や講演会などで幅広く活動されている藤井久子さん。「コケさんぽ」についてのノウハウを6回に分けて教えていただきます。

初回は、「コケさんぽを始めよう」。
道端のコケを探して眺め、写真を撮るといった時間を楽しむコツについてです。忙しい毎日の中で、この「時間を楽しむ」ということを意識するのはすごく大切なことのように思います。心が豊かになっていくようで、なんだか素敵ですよね。


20180720_koke_shin_s1_5.JPG さて、「コケさんぽ」についてのお話を読んだら、出発する前に準備をします。用意するものは、コケを記録するノート・筆記用具、写真撮影用のカメラ・スマートフォン、乾いたコケを湿らせるための水を入れたミニ霧吹き、そして観察用ルーペ。虫よけや防寒など季節に合わせて服装にも注意が必要です。


コケを知るために

20180720_koke_shin_s1_6.JPG テキストには、コケを「見る」、「さわる」、「撮る」、「記録する」など道端で出逢ったときの正しいふれあい方が書かれています。
そして、コケと言っても種類はいっぱい! 初心者向きの街で出逢いやすいコケも「今月のコケ」として紹介されています。
1回にこれだけ学ぶことができれば、6回が終わるころにはかなりコケの種類に詳しくなっていそうです。


コケピクレッスンとは?

20180720_koke_shin_s1_7.JPG おまたせしました! 「MOSSY」の登場です。
コケピクレッスンとは、いわゆるコケ写真の撮り方なのですが、紙製フィギュア「MOSSY」を使うことで、インスタ映えしそうな、かわいくておしゃれなコケ写真が撮影できるみたいなんです!


20180720_koke_shin_s1_8.JPG まずは、カッターナイフやはさみで、使用する「MOSSY」を切り離します。


20180720_koke_shin_s1_9.JPG 小箱やファイル、またはミントの空きケースやピルケースなどに入れておけば、かばんにも収納しやすくて外の撮影に持って行くのに便利です。
思いがけずコケと出逢ったとき用に、いつもかばんに忍ばせておくのもいいですね!


20180720_koke_shin_s1_10.JPG コケの上にちょこんと置くだけで、不思議な世界観ができあがります。これは撮るのが楽しみです!

さらにテキストには、コケについてのスペシャルコラムや実際に編集スタッフさんが「コケさんぽ」にトライしている様子なども載っていて、読み物としても楽しみな内容になっています。特にスタッフさんの「コケさんぽ」は、自分がやるときのよい参考になると思います。
毎月、一冊読み終わるごとに、コケについての知識が自然と豊かになっていく内容なので、「コケさんぽ」に出かけるときの視点も月を重ねるごとにより深く変化していきそうです。

さて、今回は 「コケさんぽプログラム」 のテキストの内容を中心に、「コケさんぽ」とはどのようなことをするプログラムなのかを簡単にご紹介しました。
「コケさんぽ」に出る準備も整ったことですし、次回は、実際にコケの観察や写真撮影を体験してみたいと思います!

どうぞ、お楽しみに!

コケさんぽプログラムを見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ライター Shin

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし