ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.11.30 「手相」のきっかけは、人形劇のボランティアでした[國本ひろみさん(その1 )]

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

職場や家庭で、心地よく過ごせていますか?
「忙しいのにのんきな上司」「先輩お願いします! が口癖の後輩」「参観日でワンテンポ遅れるわが子」「いつも突拍子もない夫」に、ムカッ! イラッ! ときたことはありませんか? 言いたいことをグッとこらえて、ストレスを抱える、その前に「なぜ私とペースが合わないのかしら」と考えてみましょう。もしかしたらその答えは、手のひらの中にあるかもしれませんよ。

キラキラにデコレーションされたルーペで手相を見ながら「この線はあなたのお守りですよ! だから大丈夫!」と、よく響く明るい声で背中を押してくれるのは、笑顔のきっかけ 「手相でなかよしプログラム」 監修の手相心理カウンセラー國本ひろみさん。

第4回 「好きの針路相談」 は、元女優という華やかな経歴に納得! のエレガントな女性です。今回は、インタビューの最後にミニツク小ネタとして、「手相鑑定士・國本ひろみさんのカンタン手相1秒鑑定」がついています。どうぞ最後までお付き合いくださいね。


手相心理カウンセラー 國本ひろみさん
心理カウンセラー、絵本セラピスト、日本ほめる達人協会認定ほめ達2級、絵本の登場人物を使った「ほめる手相鑑定」で多くの人を勇気づけている。主な活動は、子育て中の親や子どもたちを対象に子育ての悩みに寄り添い、助言をすること。手相を子育てに役立てられる「親子鑑定」では3000人以上の親子の悩みを聞き、鑑定に基づいて作成する「子ども手相鑑定書」が子育てバイブルとして評判を呼ぶ。「手相」をもとにお母さんの心を軽くし、子どもたちの才能を伸ばす方法やお母さんが、いち女性としてさらに輝くコツもブログやメルマガで発信中。
フェリシモミニツク 「笑顔のきっかけ 手相でなかよしプログラム」 を監修。神戸市在住。


子育て支援はママ支援。「手相」は、ママに大好評。

聞き手1スタッフ カナメ 以下:カナメ) 國本さんの監修された 「笑顔のきっかけ 手相でなかよしプログラム」 ですが、手相を見たあとに「相手にこう言ってあげましょう」というセリフまで付いていて、本当に「笑顔のきっかけ」になるアイデアがいっぱいですね。

國本ひろみさん 以下:國本) 自分が気づいていない長所を見つけてもらえると嬉しいですよね。手相は目の前の人をハッピーにできるツールです。

聞き手2スタッフ たにー 以下:たにー) 手相というと「怖い」という印象を持っていました。例えば「はい、あなた離婚しますよ」とか(笑)。ネガティブなことを言われるんじゃないかと......。でも、このプログラムは「必ず褒めてもらえる」という安心感がありますね。

181130kunimoto1-2.jpg

カナメ) 「手相」や「心理学」、「絵本セラピー」に「ほめる達人検定(以下、ほめ達)」と、さまざまなことを学ばれていますが、最初に出会ったのは?

國本) 子育てに悩んだので、最初に心理学を学び、次にもともと占いが好きだったこともあり、手相に興味を持ちました。手相はひとりひとり違っていて「唯一無二」というところに魅力を感じたんです。育児本では私の悩みは解決できなかったけど、「この子の手のひらを見ればわかるのでは? 一般論ではなくこの子のことが知りたい! 」という思いが強くなり、独学で手相を習得しました。

カナメ) 独学なのですね! 手相をお仕事にされたのはいつ頃で、 どんなきっかけがあったのですか?

國本) 仕事にして8年になります。きっかけは、手相が仕事になるかもと思った「こういうのがみんな好きなんだな」と感じた出来事があって......。

カナメ) どんな出来事ですか?

國本) 当時、図書館などで子ども向けに読み聞かせや人形劇の活動をしていたんです。子どもたちはとても喜んでくれたのですが、お母さんたちは後ろでおしゃべりばかりしていて、ざわざわしていたことにちょっと腹が立ったんですね(笑)。「ちゃんと見てよ! 困ったなぁ~」と。初めは「これは演じる側の力不足かな?」と思って周りに相談をしたのですが「プロの劇団も同じことで困っている」という話を聞いて「じゃあ、お母さんたちも喜ぶような演目にしよう」と考えました。次から「はい、ちょっと手を見せて」と、子どもの手相と親の手相の話をしたら、これが好評で次々に質問が来たんです。最初はボランティアでしたが、「ぜひもっとアドバイスをしてほしい」「有料でも! 」という声が多かったので、仕事としてスタートすることにしました。

181130kunimoto1-3.jpg

カナメ) 意外です! 「手相」は人形劇がきっかけだったんですね。ところでそれまで人前で何かをするというのは得意だったんですか?

181130kunimoto1-4.jpg

國本) 実は役者として、舞台などに出演していました。神戸のFM局でラジオドラマにも出ていたんですよ。

聞き手一同) え~~~っ! すごい! 女優さんだったんですね!


「母」という役柄は、元女優にとっても難役でした。

181130kunimoto1-5.jpg

出産前は女優として、自分だけでなく他人の人生の一部までもを演じて生きていたのに、「今の私は家事と子育てだけ」と、出産後の國本さんはそのギャップに落ち込んだといいます。出産2ヵ月後に阪神淡路大震災に遭い、デコボコになってしまった歩道でガタガタと揺れるベビーカーを押しながら、「ウチの子のからだに悪いやん! どうしてくれんの! 」と、毒づいていたこともあったとか。

カナメ) お子さんが小さいときは子育てに悩まれたとお聞きしましたが、その後は?

國本) 毎朝泣いて幼稚園に行きたがらなかったんです。なので、保育室に一緒に入らせてもらったんですが、1週間でもうお母さんは来ないようにと言われて......。

聞き手3スタッフ がっちゃん 以下:がっちゃん) なるほど、園としては他にも我慢して幼稚園に来ている子はいるのに、特別扱いはどうか、ということなんでしょうね。

國本) そんなこと全く見えていませんでした。「うちの子はこんなに泣いてるのよ! かわいそうでしょっ!」という思いだけです(苦笑)。


話さない反抗期、そして不登校。

181130kunimoto1-1.jpg

カナメ) 心配でわが子のことしか、見えていなかったんですね。

國本) そうなんです。本当に一生懸命育てていたんです。とにかくかわいくて大切で、自分の命に代えても......くらいの思いで育ててきた息子が、中学生になったころに家で全く話をしなくなってしまったんです。ものすごく悲しくて、つらくて、どうしてよいのかわからず困っていたのに、誰に相談しても「思春期だから、そんなもんだ」と軽く流されてしまって。こんなにつらいのに、「そんなもん」と言われるやるせなさや、「まさか、反抗期?」と、落ち込みましたね。

がっちゃん) 学校では? 高校受験もあるし、お母さんとしては心配でしたよね。

國本) 学校では話していたようなんです。受験も自分で志望校を決めて合格して、親としてホッとしたのも束の間、今度はせっかく入学した高校に全然行かなくて......不登校になってしまったんです。

カナメ) そのころの國本さんは、すでに何らかの活動を始められていたのですか?

國本) はい、絵本の読み聞かせや子育て講座を地元の図書館で開いていました。なんとそこで学校をサボってジュースを買っている息子を目撃したんです(笑)。

たにー) わっ! それは、気まずい......。

國本) そういえばこんなこともありました、講座を始める直前に学校から電話がかかってきて「國本くん、学校に来ていません」と。これから、小さい子どもたちとママを前にして「子育て講座で~す! 」だなんて......「いったいどのクチが言うねん! 」と自分で自分にツッコんでいました(笑)。

華やかな女優の世界から一転、子育て時代は、震災に遭遇したり、悩みを抱えたりと、苦労の連続。そんな中でも、國本さんは心理学を学び、手相を独学で習得し、「読み聞かせ」で再び表現者としてのスタートを切りました。

次回は、 國本さんの「子育てと手相」について詳しく伺います。一見、八方ふさがりかと思えるようなつらい境遇でも、「好き」なことを思い出し、小さなことからでも再挑戦してみると、苦難を乗り越えるきっかけになるかもしれませんよ。

さて、冒頭でお約束したミニツク小ネタ 「手相鑑定士・國本ひろみさんのカンタン手相1秒鑑定」 は、こちらです。
職場や家庭の「笑顔のきっかけ」になりますように!


181130kunimoto_sp-1main.jpg

「手相鑑定士・國本ひろみさんのカンタン手相1秒鑑定」




【手相心理カウンセラー・國本ひろみさんの話】
  すべての記事:
その1:「手相」のきっかけは、人形劇のボランティアでした

特別版:「カンタン手相1秒鑑定」

その2:子育てに悩むお母さんに「ほめる手相」を伝えたい

その3:好きを仕事にするために、今の自分にダメ出ししない

國本さんと一緒に作った「手相でなかよしプログラム」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク パートナー がっちゃん

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし