ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.12.20 みんなのカレー事情を調査! 定番の付け合わせは? 好きなトッピングは? カレーの思い出は? アンケート結果大発表![みんなのゆる活白書]

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

今月は、「カレー」についてのアンケートを実施! カレーは好きですか? 好きな付け合わせやトッピングは何ですか? カレーにまつわるエピソードや思い出などをミニツクメルマガ読者にアンケートしました♪


カレー好きは90%以上!

181220yurukatsu-wp-life_curry_2-1.jpg「カレーは好きですか?」という質問に「好き」「まあまあ好き」と答えた方の割合は、なんと90%以上に!


カレーが好きな理由は?

181220yurukatsu-wp-life_curry_3.jpg


具材や種類が多い


いろんな種類のカレーがあるので気分によって選べるから。(静岡県 rukiaさま)

カレーとひとことで言っても、その内容がさまざまなこと。そして、たいていはとてもおいしい(どこで食べても外れがあまりない)。(兵庫県 らぷさんさま)


何にでも合う


いろんな野菜を入れることができるし、うどんにも合う。ドリアにしてもおいしい。(愛媛県 megu1023さま)


おいしい!


おいしいから! 無性に食べたくなる!(神奈川県 おっちょこさま)

単純においしいから。(大阪府 むささま)


スパイシー香りと味


香りやスパイシーな味が好き。(兵庫県 ネコママさま)

スパイスの香りで元気になれる気がする。(徳島県 りぷっちさま)


他のおかずがいらないから


調理も簡単で日持ちもする。一皿でご飯が終わる。(広島県 urokoさま)

具だくさんであれば、おかずがいらないから。(京都府 ちゃちゃ丸さま)


簡単に作れる


夕食の献立で何を作るか困った時の救世主だから。「今夜はカレーだよ。」と言うと子どもは必ず喜んで食べてくれるありがたい存在だから、好きです。(静岡県 せいちゃんさま)

簡単に作れるのにおいしいから。アレンジが無限大だから。(愛媛県 とんとんさま)


子どもが好き・家庭の味


子どもたちが好きで、野菜もたっぷりとれるから。おいしいし、飽きが来ないから。(神奈川県 ケロさま)

子どもの頃から食べ慣れているし、うちの味だと思うから安心するような気がする。(宮城県 なねーさんさま)


食欲をそそる


食欲のない時でもあの香りを嗅ぐと、食べたくなってしまいます。(静岡県 hanaさま)

いろんな具材が入っていて食べやすく、食欲がなくても食べられるから。食べた後は体が温かくなって気持ちがいいから。(島根県 piaさま)


理由はない


好きに理由はありません! 恋と一緒です(笑)。(島根県 sakiさま)


おうちで作りたい・食べたいカレーは

181220yurukatsu-wp-life_curry_4.jpg


専門店のような本格的なカレー


インド料理屋さんで出てくるようなカレーが家で作ることができたら、うれしいです。(東京都 lovelylindaさま)

カレールーを使わずにカレー粉から作るカレー。(神奈川県 はまっこさま)

スパイスから作るカレー。自分好みのカレーを作ってみたい。でも手間はかけたくない......。(千葉県 ジジさま)


シーフードたっぷりのカレー


シーフードたっぷりの出汁の効いたカレー。(東京都 Shinさま)


野菜たっぷりカレー


野菜の水分だけのカレーで野菜の味がしっかり感じられるカレー。(北海道 ころころさま)

野菜たっぷりでスパイスが効いたカレー。(神奈川県 うささま)


スパイスの効いたカレー


スパイスの効いた辛くないカレー。(埼玉県 yokukameさま)

ほどよくスパイスのきいた、口に入れたときは甘く、後から辛さがくるカレー。(神奈川県 ちんあなごさま)


具だくさんカレー


具材が大きめのゴロゴロカレー。(大阪府 ねんねさま)


子どもが食べられるカレー


野菜がたっぷりで子どもも食べられるスパイシーだけどあまり辛くないカレー。(静岡県 しおんさま)


子どもも食べられるカレー。でも大人が物足りなくないようなカレー。(兵庫県 ぽったーさま)


辛くないor辛口でも食べられるカレー


辛めでも、みんなで食べられる。(埼玉県 キパパさま)

スパイスが効いた唐辛子を多く入れていない甘口のスパイスカレー。(兵庫県 りんかさま)


からだにやさしいカレー


胃もたれしないカレー(ノンオイル)。(宮崎県 くろさま)


短時間で作れるカレー


煮込まなくても短時間でおいしいカレー。(新潟県 ねきさま)


「おうちカレー」はごはん派?ナン派?  

181220yurukatsu-wp-life_curry_5-1.jpgおうちごはんは「ごはん派」が91%と圧倒的に多い結果となりました。その他の答えとしては、「ごはんもナンもどちらも準備する」「ルーだけで食べる」「キャベツのコールスローにかける」などがありました。


 好きなカレーのトッピングは王道から変わり種まで盛りだくさん!

181220yurukatsu-wp-life_curry_6.jpg


トッピングの王道・TOP3


・卵(ゆで卵、生卵、目玉焼きなど) 
・チーズ(溶けるチーズ、粉チーズなど)
・カツ(トンカツ、チキンカツ、メンチカツなど)


定番トッピング


・コロッケ・フライ(クリームコロッケ、エビフライ、イカフライなど)
・からあげ
・素揚げした野菜
・納豆


こんな変わり種トッピングも!


・かつおぶし
・ちくわ磯辺揚げ
・しょうゆ
・マヨネーズ


カレーと一緒に食べたい付け合わせは?

181220yurukatsu-wp-life_curry_7.jpg


二大付け合わせはやっぱりこの2つ!


・福神漬け
・らっきょう


定番からレアな付け合わせも!


・ピクルスなどの酢漬け
・コールスローサラダ
・たくあん
・ポテトサラダ
・キャベツの千切り
・キムチ


みんなのカレーの思い出

181220yurukatsu-wp-life_curry_8.jpg


カレー曜日


自営業だった我が家は、毎週土曜の夜は決まってカレーでした。自営の仕事をしながらストーブの上でコトコトカレーを煮込むと、いい匂いが家中に漂ってきて、週末のウキウキ気分と重なってほんとうに幸せ気分でした。カツやイカリング、エビフライ、コロッケトッピングで食べていました。当然翌日、日曜日の朝ご飯は残りカレーでした。(神奈川県 とら子さま)

我が家は毎週金曜日がカレー。カレーが待っているからもうひと踏ん張りしよう、と頑張れる。(長野県 くまこさま)


我が家のカレーレシピ


肉嫌いの父親に合わせて、母が作るカレーはシーフードカレーでした。冷凍のホタテ貝柱とエビを材料としていたからか、どうも旨味が足らない......。そこで姉妹で編み出したのが、ツナを後混ぜする方法。コクが生まれてとってもおいしくなったことを思い出しました。(愛知県 So sweetさま)


初めてのカレー


こどもの時、母が1日留守で、父が初めて料理してくれたのがカレーライスでした。(埼玉県 玄米が好きさま)


カレー論争あるある


給食でカレーが出た時に、ルーをご飯にかけて食べるか、ご飯とルーを混ぜずに別々にすくいながら食べるかという議論になった。高学年になるにつれて、混ぜずに別々にすくいながら食べる子が増えていった。懐かしいです。(徳島県 わんこさま)


地元だけのカレー習慣


キャベツの千切りと、違う(メーカーやタイプの)カレーを混ぜる、が普通だと思っていたけど、特にキャベツの千切りが添えられるのは地元だけだと知ったとき驚きました。(石川県 あみさま)


忘れられないあのときのカレー


学生時代、サークルの人間関係で疲れて落ち込んだとき......(一人暮らしをしていて仕送り前のおサイフピンチの時でした)友人が、自分のアパートに呼んでくれて、野菜たっぷりのカレーを作ってくれたこと! あめ色になるまで炒めた玉ねぎの旨味が絶妙なカレー! 私も一緒に玉ねぎの皮をむきました。ツラい話には一切ふれず、涙を流す私に「さっきの玉ねぎの皮をむく時の涙が残ってるんだね」ってさらっと言ってくれました。さらにウルウルきました。どんどんおかわりして! たくさん食べて元気を取り戻してね! と一緒に食べた味が忘れられません。(京都府 りこさま)


一緒に作った思い出のカレー


子どもが料理の本を見て、自分も作りたいと言ったので一緒に作ったことがあります。その時5歳でしたが、ジャガイモやニンジンの皮をむいたり、玉ねぎを切って涙が出たり、バタバタしながら作りましたが完成したものはおかわりをしていつも以上に食べてくれました。(岡山県 かめやんさま)


カレーのトラウマ


昔、カレーを作ろうとじゃがいもをピーラーで剥いていたら、指まで一緒に剥いてしまって軽くトラウマになってしまいました。今はペティナイフで剥いています(笑)。(愛知県 ひなたさま)


給食あるある


久しぶりに夕飯はカレーにしよう♪ と準備していると、大抵子どもたちが「今日の給食カレーだったよ!」と言う......。(神奈川県 さっこさま)


キャンプと言えば


小中学校の頃のキャンプ(特に小学校の頃)。料理初心者でも失敗しにくいカレー。小学生の頃のキャンプでは、どうやら水加減を間違えたようでほとんど味がしない、味の薄いカレーを食べた記憶があります。他のグループの子たちはみんな成功していたので、羨ましかった覚えが。(愛知県 猫とうたたねさま)


もう一度作りたいあの日のカレー


小学生の頃、学年全体で班に分かれて世界各国のカレーを作るイベントがありました。わたしはイギリスのカレー担当で、黄色くてスパイスの効いたチキンカレーができあがりました。普段自分が食べていたカレーとはぜんぜん違った衝撃と、けれどとてもおいしいカレーができたことが強く印象に残っています。レシピはずっと取っておいてあるので、今度久しぶりに作ってみます! (東京都 ルーさま)


我が家のカレー事件


「バナナカレー事件」。昔、母が熟れたバナナを入れたカレーを作ってくれたら、あまりにもフルーティーだったため、父が焼きめしに加工して食べられるようにしてくれたこと。カレーといったらこの事件を思い出します。(佐賀県 こまさま)


作ってくれた母に感謝


子どもの頃、カレーの日は母が子ども用の甘口と大人用の辛口、そして祖父母用のハヤシを作っていたことを思い出します。高校の時、先生の家庭では皆、子ども用を食べていると聞いて、わが家の様な事は珍しいのかなと思いました。母はとても大変だったと改めて感謝しました。(岐阜県 秋初月さま)


「お寺文化」と「カレー」を融合させたプログラムを企画中!

現在、「フェリシモおてらぶ」では、「お寺文化」と「カレー」を融合させたプログラムを企画中です。カレーは仏教と同じインドが発祥。カレーに込められたその土地の暮らしや健康のアイデアを、お寺の教えとともに私たちの日常に役立てるものにできないか、そして「医食同源」という言葉もあるように、おいしくカレーを食べながら、からだや心が健やかになれる、そんなプログラムを考えています。どうぞお楽しみに!

アンケートへのご協力、ありがとうございました!

他の「ゆる活白書」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし