ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2018.12.21 片づけが苦手な人のための最初の一歩! 一軍・二軍・戦力外の仕分け方「お片づけワークショップ」開催報告[ミニツクトーク/ゆる活スタディ]

, , ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

ミニツクのトークイベント「ミニツクトーク」、第3回の開催報告です! 年末も押し迫る12月12日に「お片づけ」をテーマにしたワークショップを開催しました。 ミニツクのプランナーで、整理収納アドバイザー1級を持つ 「フェリシモお片づけ部」 のぶちょ~が講師を務めました。


まずは「自分の行動タイプ」をチェック!

20181221report-okatadzuke_2.jpg ふだんの生活パターンやお買いものスタイル、性格などをチェックして、お片づけを妨げる行動タイプをチェック。「お買いもの・モノが大好きさん」や「なんちゃってお片づけ上手さん」など、4つのタイプの中で自分はどれに当てはまるのかを知り、タイプ別のお片づけのポイントを学びました。


お片づけとお掃除の違い、お片づけの基本ステップをしっかりインプット!

20181221report-okatadzuke_3.jpg 次にお片づけとお掃除の違いや、お片づけの基本ステップ、具体的な「整理」方法を学びました。なんとなくのイメージしかなかった「お片づけ」は、仕分けの基本のルールや手順を守ることが大切と知りました!


「ブタ財布」と「パンパンかばん」の片づけデモンストレーション

20181221report-okatadzuke_4.jpg 次に、ものがめいっぱい詰まった「ブタ財布」と「パンパンかばん」を例に、お片づけの手順を実践! 財布もパンパンかばんも、仕分けてみれば持ち歩く「一軍」アイテムの少なさにびっくりでした。


最後はみんなでお片づけ宣言!

20181221report-okatadzuke_5.jpg 1ヵ月以内に片づけるアイテムを書き出して、お隣り同士で発表! ポーチや文房具、紙袋など、お片づけしやすいアイテムや、小さなスペースから少しずつお片づけを実践していきましょうねと誓い合いました。


あなたもやってみよう! 「一軍」「二軍」「戦力外」の仕分け方

20181221report-okatadzuke_6.jpg.jpg お片づけが苦手な人にぜひ始めてほしいモノの分類方法をご紹介します! モノの整理は、野球の選抜と似たようなものと考えて、「一軍」「二軍」「戦力外」の3つに分けてみましょう。


「一軍」
すぐに活躍できる状態のもの。使う頻度が高いもの。

「二軍」
スタンバイ状態のもの。使う頻度は低いけれども必要なもの。オフシーズンのものなど。

「戦力外」
不要なもの。使っていないもの。


スタッフ・カナメが「ポーチの中身」で実践!

20181221report-okatadzuke_7.jpg ワークショップでスタッフ・カナメがお片づけ宣言した「通勤カバンに入れておくポーチ」の中身をさっそく整理してみました。まずは入っているものを全部出します。


20181221report-okatadzuke_8.jpg 次に、カード類、常備薬、化粧品など、アイテム別に仕分けます。


20181221report-okatadzuke_9.jpg 一軍(毎日使うもの・持ち歩きたいもの)、二軍(使わないけれども必要なもの・持ち歩かなくてもいいもの)、戦力外(使っていないもの、いらいないもの)で仕分けます。上の写真では、左が一軍、真ん中が二軍、右が戦力外です。


20181221report-okatadzuke_10.jpg なんと一軍はリップと靴べらのみに! ポーチはやめてポケットに入れておくことにしました。ポーチ無し生活で1週間経ちますが、今のところまったく困っていません。二軍のアイテムは会社置きと家置きのものに分けて保管し、戦力外は思い切って処分しました。ずっしり重いポーチを毎日持ち歩いていたのは何だったのか......。


20181221report-okatadzuke_11.jpg ぜひ、あなたも「一軍」「二軍」「戦力外」のカードを作って、お財布の中身や文房具など、実践しやすいアイテムからチャレンジしてみましょう!


フェリシモお片づけ部・ぶちょ~からのメッセージ

20181221report-okatadzuke_12.jpg.jpg お片づけに「完ぺき主義」は不要です。昔のわたしもそうでしたが、お片づけに挫折する人は、自分が気になっていたスペース(片づけるには難易度が高い場所)から手を出してしまいます。そこでできなかったら「わたしにはやっぱり無理なんだ......。」と落ち込んでしまうのです。そうならないためにも、ぜひ片づけのハードルをぐーんと下げて、アイテム別か小さなスペースから実践していきましょう。今回紹介したように、まずは「これは一軍?二軍?それとも戦力外?」と考える習慣をつければ、きっとあなたもお片づけ上手に。一緒にがんばりましょう!

講師紹介
フェリシモお片づけ部 ぶちょ~ (整理収納アドバイザー1級)
元・お片づけ苦手族の2児の母。フェリシモの企画プランナー歴15年。育児休業中に整理収納アドバイザー1級資格を取得。周りの人にもアドバイスするようになった経験の中で、もっと多くの人に「お片づけできる人になる」楽しさを知ってもらい、あこがれのすっきりとした空間を実現してほしいという思いから、社内で「お片づけ」を研究する部活動 「フェリシモお片づけ部」 を立ち上げる。2015年に 「お片づけワークプログラム」 を、2017年に 「クローゼットお片づけプログラム」 を企画開発。ズボラな性格でも続けられる時短お片づけを日々模索している。
>> フェリシモお片づけ部ブログ

フェリシモお片づけ部プロデュースの「お片づけワークプログラム」を見る

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク スタッフ カナメ

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし