ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2019.8.30 おそうじ嫌いの主婦が、全国を飛び回る「ナチュラルクリーニング講師」に!?[本橋ひろえさん(その1)]

, ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

合成洗剤を使わない新しいおそうじの方法として、敏感肌の人や自然素材にこだわる人、子育て世代、そして節約主婦からも注目されている「ナチュラルクリーニング」。 その人気の秘密は、「自然界に存在する素材を使う」という「安全性」と、多くの住居洗剤を買いそろえる必要がなく、「重曹やクエン酸などごく少数でOK!」 という「合理性」にあります。

人気講師の本橋ひろえさんが監修する 「重曹やクエン酸でお掃除! カンタン・キレイが続くナチュラルおそうじワークプログラム」 は、特に受講者の方々の声も熱く、その効果の高さはすでに多くのご家庭で実証済みです。 このメソッドのレベル1ともいえる「200円でスタート! 重曹から始める本橋ひろえさんのナチュラルクリーニング」は、このページの最後でご紹介します。


ナチュラルクリーニング講師 本橋ひろえさん
北里大学衛生学部化学科(理学部化学科)を卒業後、企業で合成洗剤の製造に携わる。 結婚、出産を機に、主婦目線かつ化学的なナチュラルクリーニング講座を開始。手早くラクにできる、環境負荷の少ないおそうじ方法を、全国でレクチャー中。


ホントはそうじが嫌いです。

190829motohashi1-2.jpg

聞き手1 スタッフ たにー 以下:たにー) 今日先生とお会いすることが頭の中にあったからかもしれませんが、昨日はお休みだったので、ワイパーやコロコロで部屋のおそうじをしました。それから、ネットショッピングでずっと気になっていた「おそうじロボット」を思わずポチッと(笑)セールで購入しました。

本橋ひろえさん 以下:本橋) それ、正解ですね! なかなかいい子ですよ(笑)。私もおそうじロボットは持っています。1冊目の本(2014年『ナチュラル洗剤で安楽早 ラクチンおそうじ虎の巻』ディスカバー・トゥウェンティワン 出版)が出版された時のお祝いに友人からプレゼントしてもらいました。「本当にそうじが嫌いなんだね」と笑われましたが、そうなんです、ホントは嫌いなんですよね(笑)。


大掃除は年末より、春・夏がベター!

190829motohashi1-3.jpg

聞き手2 おかたづけ部・ぶちょ~ 以下:ぶちょ~) 実は私も昨日、キッチンの換気扇のそうじをしました。年末の大そうじをする真冬よりも、気温が高くて油がゆるみやすい時期の方が簡単だと聞いていたので、思い切ってやりました!

本橋) 合格です!(笑)。換気扇の油汚れは酸性なのでアルカリ性の重曹を使うと落ちやすいですね。真冬に窓を開けっぱなしでそうじをしたり、水を触ったりするのは寒いので、春や夏のほうが大そうじは適していると思いますね。


「自然界にあるもの」で汚れを「分解」する。

聞き手3 スタッフ カナメ 以下:カナメ) 本橋さんは、家の中にある汚れの成分を分析して、それを分解できるものを使った方法を紹介されていますね。はじめは、合成洗剤を作られていた方が「ナチュラル」なおそうじを実践されているということが、頭の中でつながりにくかったのですが、今日のワークショップやプログラムのテキストで「自然界に存在するもの」を使って汚れの成分を「分解」するのだということを知って、目からウロコでした。

本橋) 自分自身がアトピー性皮膚炎だったので、洗剤やシャンプーなどのボトルの裏の成分表示をよく見ていたんです。どの成分が自分に合わないのかというのを知りたくて。 理系の大学出身なので、さまざまな実験をすることには慣れていました。結婚後、しばらく専業主婦をしていた時は、洗剤を買い込んで家で「汚れと洗剤成分」の実験をしていましたね(笑)。


実は中身がそっくり?! 用途別洗剤

カナメ) キッチン用、リビング用、トイレ用、お風呂用......と、キリがないくらいに洗剤が売られていますが。

本橋) 多くの洗剤の成分を見ると「あれもこれも同じだわ」とか思うことが多いですね。色々試してみると、家の中の汚れというのは、ほとんど「酸性」だということがわかって、「だったらアルカリ性の洗剤で酸性汚れを分解すれば」と、実はとても簡単な「中学生の理科」レベルのスキルでここにたどり着きました。 例えば、重曹が家の中のさまざまな汚れに対応できるのは、多くの「酸性汚れ」を分解できる「アルカリ性」の性質を持っているからです。しかも、重曹は市販の洗剤に比べると安全で、精製の仕方は異なりますが食用のものもあるくらいです。日々の暮らしで使うものは、こちらの方がいいと思うんです。


今からできる! 雑菌からキッチンを守る方法とは?

190829motohashi1-4.jpg

たにー) 汚れの成分や酸性とアルカリ性......そうじをする時には考えもしなかったです。ただボトルに書いてある「キッチン用」などの表示を見て洗剤を選んでいました。 ちなみに、今すぐにでも「これはやっておいた方が」とか「これはやめた方が」というようなことはありますか?

本橋) 「やっておいた方が」は、家の中のほとんどの汚れを落とせる「重曹」クリーニングです。(こちらは小ネタでご紹介!)「やめた方が」は、食器洗いスポンジとそれを入れて置くラックですね。例えばスポンジは2週間で、トイレブラシ以上の雑菌が......(苦笑)。

一同) ええっ!!!(絶句)。

本橋) なので、スポンジは1週間くらいで交換が必要です。そもそもきちんと水切りができていないスポンジは、清潔に保つのが難しいので食器を洗うのに適したものとは言えません。スポンジや洗剤を入れておくラックも以前は私も使っていましたがすぐにヌメヌメしてくるので、捨ててしまいました。

ぶちょ~) スポンジがNGだとすれば、何を使って食器を洗えばよいでしょう? そしてラックを使わないとしたら、洗剤はどこにしまえばいいのでしょうか?

本橋) スポンジは布状のものがおすすめです。私は乾きやすいものを選んで、使った後はフックに吊るして乾かします。洗剤は使い終わったらきれいに水気を拭き取って、引き出しに入れています。


全国で人気のナチュラルクリーニング講座

カナメ) つい、売り場で目にする商品に気を取られて買ってしまいますが、それよりも「汚れの内容を理解して分解する」ということを考えるべきなんですね。本橋さんのお話はとても説得力があるので、家の中より先に気持ちがスッキリします(笑)。

本橋) 「伝えたいこと」を、どうすれば「わかりやすく」説明できるのか......というのは、いつも気をつけているところです。理系の人間からするとわりと「当たり前」のことが、そうではない人にとっては「びっくり」である場合が多いので、そのギャップを埋めるということですね。

たにー) 各地で講座を開いておられると、かなりのハードスケジュールになりますよね。今日もご自宅からではなく別の出張先から神戸へ?

190829motohashi1-5.jpg

本橋) 一昨日は大阪で2本講座があり、その後にこちら神戸に移動しました。昨日はお休みをいただけたので、その講座の主催者さんの案内で生田神社や南京町で観光をしました。長い行列のタピオカドリンクも試してみたんですよ。住まいは東京ですが、東京にいると家族のことや家事、そして取材や打ち合わせなど、講座以外にも多くの仕事が入るんです。なので、こうして地方で空き時間があるときが唯一の休暇になりますね。昨日はとてもリフレッシュできました(笑)。

たにー) そして、明日は名古屋で講座の予定があるとお聞きしました。

本橋) はい、一年の半分はホテル暮らしですね。こんな生活ですから、3連休があったことにも気がつかなくて(笑)。娘のLINEで知るほどです。

明るく「ははは」と笑う本橋さんには、全国を飛び回る忙しさや、ホテル暮らしの疲れなど全く見えません。それもそのはず、出張先ではリフレッシュする時間を意識的に作って、自宅にいるときとは違う空気を満喫されているようです。 単に「役立つ講座の人気講師」としてではなく、そのさわやかなお人柄と真摯な生き方が多くの共感を呼び、以前の受講生の方々が各地で案内役を買って出てくださるというのも、納得です。

190829motohashi1-6.jpg

さて、今回本橋さんには100円ショップの商品2つで今日から始められるナチュラルクリーニング術「200円でスタート! 重曹から始める本橋ひろえさんのナチュラルクリーニング」を教えてもらいました!

190829motohashi1-7.jpg


【本橋ひろえさんストーリー】
  すべての記事:
その1:おそうじ嫌いの主婦が、全国を飛び回る「ナチュラルクリーニング講師」に!?

小ネタ:200円でスタート! 重曹から始める本橋ひろえさんのナチュラルクリーニング

その2:専業主婦時代に洗剤を買い込んで実験 ~初めはママ友から、口コミで全国に

その3:好きなことを続ける鍵は「家族ルール」と「時間の活用術」

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク パートナー がっちゃん

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし