ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2020.2.18 冷えから守る養生の知恵! 南恵子先生に教わる「みかんでぽかぽか術」

, , ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

フードコーディネーターの南恵子さんを訪ねての「好きの針路相談」は3回目。学術誌編集の仕事を経てフードコーディネーターとして長く活動される中、「お茶と食の文化サロン掬水舎(きくすいしゃ)を主宰されるまでのお話です。


からだの内側からぽかぽか「ホッと! みかんジュース」

みかんはカロリーが低く食物繊維が豊富なことに加え、免疫力を高め抵抗力をつける働きのあるビタミンCや、骨の健康に役立つと考えられる色素成分β-クリプトキサンチンが多く含まれています。寒い季節に入手しやすく、食べ続けやすいみかんで、まずは体の内側からぽかぽかと温まりましょう。熱湯であつあつにしてしまうと、ビタミンCが破壊されてしまうので、ほんのりあたたかいくらいの温度でいただきましょう。


材料
・ みかんのしぼり汁 (または 100%みかんジュース )200ml
・お湯(ぬるめ) 50ml 
・はちみつ お好みで適量

しぼり汁(またはジュース)にお湯を加え、お好みではちみつを加えます。


体の外側からぽかぽか「みかんでいい湯だな~」

干したみかんの皮をお風呂に入れるレシピは、現在でも多くの家庭で親しまれています。みかんの皮は漢方では「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、体を温めて血行をよくします。また皮に含まれたペクチンが肌をなめらかにしてくれます。ホッと! みかんジュースで温まったあとは、皮も捨てずにしっとり肌に。


材料
・ みかんの皮3~5個分

天日でみかんの皮をよく乾かしてから、木綿の袋か洗濯ネットに入れて、お風呂を沸かす前から湯船に入れておきましょう。

毎日続けるのにちょうどいい「みかん」で、元気に美しく温かく、冬を過ごしましょう。


【好きの針路相談:南恵子さん】
  すべての記事:
その1:ストイックになりすぎない健康な食事って何だろう?

その2:コンビニ弁当やファーストフードも適材適所

その3:ブームに流されず、手に入りやすいもので毎日無理なく

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE
この記事を書いたキュレーターは……
ミニツク パートナー がっちゃん

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし