ミニツク 楽しいゆる活プログラム

受講者向けメニュー

ミニツクショップ

  • facebook
  • twitter
  • instagram

「ミニツク」は、フェリシモのおうちレッスンプログラムブランドです。
ミニツクの最新プログラム情報や、気軽にゆる~く楽しみながら、自分を少しずつ高める活動「ゆる活」な情報を発信します!
運営者:フェリシモ

手軽な習い事・お稽古のミニツク・ゆる活について
  • facebook
  • twitter
  • instagram

2021.1.21 アートのハッピーをすべての人へ Rin-b! ホームティーチャー リンビートさんの活動レポート2

, , ,

  • LINE
  • twitter
  • facebook

みなさま、こんにちは。
フェリシモのRin-b!部 さとちんです!

今、アートのハッピーをすべての人に広げるべく活動をしています。
Rin-b!(リンビー)は誰もが楽しめるアートコミュニケーションプロジェクト。
アートを通じて、ひとりひとりの違いが美しく輝く、ハッピーな未来の実現をめざしています。

そんな中で、私たちといっしょにさらに大きなハッピーの輪を広げてくださる「リンビート」さんというアンバサダーを募集しています。

「リンビート体験説明会」と「リンビートセミナー」を受講され、新たなリンビートさんが活動を始められました。
そのおひとりの活動をレポートしていきます。
これを見て、私も気になる! と思ってくださった方。ぜひ、一番下にご案内している「リンビート体験説明会」にお越しください。

兵庫県芦屋市で学童を運営されている夢コネクトの森本さま。ご自身と共に5名のスタッフ全員がフェリシモリンビートになられました。2021年、新年2日目の登園日にリンビートデビュー。この日からアートな活動がスタートしました。今回は、そのときの様子とスタッフ全員が一斉にリンビートになったこと、そしてこれからの活動の想いを紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下リンビート森本さまのレポートです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日までは、参加予定者を眺めては「〇〇くんはどんなのを創るだろうね~」などとスタッフみんなで子どもたちが創り上げる作品に思いを馳せ、楽しみにしていました。終わったあとの感想としては、『作品にその子らしさが出ている。』ということでした。

毎日、学校から帰ってきて普段の様子を見てそれぞれの子のことがある程度わかっているので、それぞれの子の個性が作品からみてとれました。意外なケースもあったりして、それをまたスタッフ同士であぁだこうだと話すのがとても楽しかったです。

rinbi-taikenkai2-3.jpg

リンビーのプログラムは、〇〇しないといけない、という決まったゴールがなく、どうやるか、どこまでやるかということも本人次第ですよね。そこは、進行する側にとってもプレッシャーが少なくできる点なのかなと思います。完成した作品はその日に家に持ち帰ってもらいました。帰宅後、保護者の方から『なにこれ!?』の一言が出てしまったら台無しなので(笑)、あらかじめみんなの作品を並べた圧巻の(!)画像を先に配信しておきました。きっとお家で褒めてもらえたと思います。

rinbi-taikenkai2-2.jpg

興味深かったのは、作品を作っていく過程にも個性が出ていたこと。まず手にオイルパステルをこすりつけて、指で紙に色を乗せるという変化球で取り組む子がいたり、日ごろから筆圧がある子がやっぱり力強く色を塗り重ねていたり、色選びにこだわりをもっていたり。個性が表現とリンクしていく過程は見ていて面白かったです。

rinbi-taikenkai2-4.jpg

進行を担当した先生方もすごく楽しそうだったのも印象的でした。最初こそ緊張感も伝わりましたが、時間が経つごとに表情がイキイキしていくのが感じられました。きっと、「リンビートセミナー」受講時のことや注意点など、一生懸命復習して当日臨んだであろうことも見ていてよくわかりました。

rinbi-taikenkai2-5.jpg

リンビーは、キッズコムの中で今後定期的に実施していくことを予定しています。今の子たちは自分が子どものときに比べて、程度は色々ありますがストレスいっぱいです。親の顔、先生の顔、友だちの顔をみて発言や行動してしまい、自分らしさがうまく出せない子もたくさんいます。リンビーを実施することで、自分のしたいようにできる・それを受け止めてもらえる、そんな時間を過ごさせてあげられると考えています。

rinbi-taikenkai2-6.jpg

それにむけて今回、スタッフ全員でリンビートになりました。同じスタンスや思い・感覚で場をつくり、子どもたちとかかわるには、みんながリンビートであることが一番いいと思ったからです。うちのスタッフはみんな絶対にこういうの好きなはず、という自信もありました。予想通り、反対は全くありませんでした、笑。

「リンビート体験説明会」を受講後、実際リンビートになるまでには、緊急事態宣言をうけて学校が休校になったりして少し間が空きましたが、今回やっと子どもたちにむけて実施することが出来ました。

やっぱり現場を実際に体験することは糧になりますね。

今後は乳幼児を抱えているお母さま方にも体験して欲しいです。感情や想いをアウトプットして、心を解放できる時間がもてるといいんじゃないかなと思っています。少人数ででも集まれれば孤独な子育ての回避にもなり得るのではないかと。あとは、毎日忙しい働くママたちや、高齢者の方、中高生なんかにも機会がつくれたらいいなと思っています。

以上、リンビート森本さまのレポートでした!

rinbi-taikenkai2-7.jpg

アートのハッピーがたくさん広がりますように!いっしょにがんばりましょう!

リンビート体験説明会は、
【対面によるリアル体験説明会】と【Zoomアプリを使ったオンライン体験説明会】をお選びいただけます。
詳しくは【Rin-b! ホームページ】をご確認の上、お申込みください。

▼リンビート体験説明会の詳細はこちら
https://feli.jp/s/rinb/3/


◆Zoomについて:

オンラインのビデオ会議アプリです。ネットがつながれば、PCでもスマートフォンでもご利用可能です(スマートフォンの方は、wi-fi環境でのご利用をおすすめします) Zoomの利用が初めての方は、事前にPCまたはスマートフォンにダウンロードをお願いします(無料)
お申込み後にお知らせする参加URLをクリックすると、オンラインワークショップルームにつながります。
約20分前からスタッフが待機していますので、Zoomがはじめての方や、使い方がわからない方はお早めにおこしください。

Zoomのダウンロード(インストール)
PC: https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
iphone: https://apps.apple.com/jp/app/zoom-cloud-meetings/id546505307
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=us.zoom.videomeetings&hl=ja

--------------------------
今だからこそ、アートのハッピーをすべての人へ!
Rin-b!(リンビー)体験説明会でお待ちしています。
--------------------------

ワークショップの情報は、 Rin-b!(リンビー)のツイッターアカウントでもご案内します。
フォローお待ちしています!

Rin-b!(リンビー)ツイッター: @RINBIbu
Rin-b!(リンビー)WEBサイト: https://rin-b.felissimo.co.jp/

この記事をシェアする
  • facebook
  • twitter
  • LINE

「ミニツク」公式アカウントをフォローする

▼Facebook

▼Twitter

この記事もオススメ!

プログラム一覧から探す アンケート、ギャラリー、商品情報などプログラムから探す

ホビー・クラフト
リフレッシュ
教養・スキルアップ
美・健康
暮らし