2012年、みなさまからお寄せいただいた「フェリシモ 地球村の基金」より、以下の活動に支援を行いました。 

 

フィリピン台風24号支援
2012年12月、フィリピン・ミンダナオ島南部に上陸した台風24号は死者・行方不明者は約2,000名、被災者数620万人以上におよぶフィリピン史上最大級の被害となりました。

 

  • フィリピン・ミンダナオ島南部大型台風災害緊急救済事業  

2012年12月にフィリピン・ミンダナオ島南部に上陸し、フィリピン史上最大級の被害をもたらした台風24号(フィリピン名:パブロ)により、特に大きな被害を受けた東ダバオ州南部のバガンガ町では、多くの家屋が強風で飛ばされました。バガンガ町の51家族に対し、シェルターとしての屋根の資材一式を提供しました。

(助成団体:アジア日本相互交流センター・ICAN)

201_ICAN1.jpg(C)2012 ICAN 提供した資材で修復した屋根

 

  • フィリピン台風24号被災者を対象とした緊急救援活動  

フィリピンに上陸した台風24号で被災したミンダナオ島南ダパオ州において、被災された方々への緊急支援として、医師の派遣・医薬品の運搬ならびに食糧救護物資の提供を行いました。500世帯を対象にした米やシーツの救援物資支援は、家や生計基盤を失った被災家族の食糧不足を緩和することができました。

(助成団体:AMDA)