2013年、台風30号(ハイエン)によるフィリピンでの災害被害に対し、みなさまに「フェリシモ 地球村の基金」を通した緊急支援活動へご協力をお願いいたしました。たくさんのご支援をいただき、本当にありがとうございました。現地での活動のレポートを紹介させていただきます。

活動団体名   :認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
プロジェクト名 :台風ハイエン被災小学校再建事業
実施場所    :フィリピン共和国東サマール州ギワン
実施期間    :2014年6月~2015年2月

 

プロジェクトの実績報告:
お久しぶりです!認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンの齋藤です。
2014年6月から進めていた、フィリピンの東サマール州、ギワンにあるバルボ小学校とスランガン小学校の再建が完了しましたので、そのご報告をさせていただきます。

バルボ小学校、スランガン小学校は共に2013年11月8日に上陸した台風ハイエンで壊滅的な被害を負い、グッドネーバーズは仮設教室としてテントや、失われてしまった学習用品などを提供したのち、学校の再建プロジェクトに着手しました。

度重なる大雨、次々とくる台風、そして地域全体が学校や家屋、その他の建物も再建中であることによる資材不足など、様々な理由でプロジェクトが遅れてしまいました。

台風が近づくたびに、避難勧告が発動され、建設も中止。まだ完成していない建設途中の学校がそのたび気になっていましたが、なんの問題もなく持ちこたえてくれました。いくつもの試練を乗り越えながら、台風に強い、安全な学校がようやく完成したのです!

6.jpg5.jpg
 写真(左:校舎引き渡し時の様子  右:教室の1つ)

2つの小学校に合わせて7クラス分の教室が再建され、全部で175人の生徒たちが使用しています。
現在の生徒数は、バルボ小学校が 5クラス90人、スランガン小学校が2クラス85人となっていますが、まだ学校に戻ってきていない子どもたちもいるので、今後はもっと生徒が増えていくことが期待されています。
校舎が完成してすぐに教室の中で授業が行われるようになり、先生も大喜びで授業を行っています。

7.jpg1.jpg
 写真(左:すぐに使われた完成後の校舎  右:クラスメートの前で発表/バルボ小学校)

4.jpg3.jpg
 写真(左:もうすぐ授業が始まります!/スランガン小学校  右:スランガン小学校の4年生)

 

現地の様子・現地の声:
テントという限られたスペースの中で授業を受けていた子どもたち。テントは窓がついていたり、高さと風の通りが確保されていたりと暑さ対策はとられていますが、やはり気温があがると熱がこもりやすく、生徒も先生も授業に集中できない日もありました。

バルボ小学校の先生は学校再建の話を聞いたとき、新しい教室ができるなんて夢のようだ、と思ったそうです。そして今回、ようやく再建された学校をみて「夢がかなった」と、目を輝かせて話してくれました。

予定よりも大幅に遅れてしまったものの、学校が完成した翌日からさっそく授業が校舎内で行われ、生徒たちだけでなく先生たちも喜んでいる様子がうかがえました。
子どもたちは、テントの中のような暑さがない分、教室は快適で、勉強に集中できる!と言っていました。
また、学校の完成は地域の住民にとっても大きな意義があります。というのも、この地域に住む人たちには次いつまた巨大台風が発生するかわからない不安とともに暮らしていて、いざというときに避難所として使える学校が必要とされていたのです。

実際昨年の12月にはスーパー台風ハグピートが発生し、学校の先生、子どもたち、そして地域全体が再度台風の恐怖に包まれました。この台風の経路はギワンから逸れたので幸いにも大きな被害はありませんでしたが、避難できる学校がなかったため不安に感じた人もいたようです。

今回再建した校舎は、基準を満たした材料のみを使用した、台風にも強い建物です。子どもたちの教育のためだけでなく、いざというときに逃げ込める安全な学校はコミュニティにとって欠かせないため、地域からは今後の避難所としての役割も期待しているという声が多く聞かれました。

 

ご支援下さるみなさまへ:
バルボ小学校6年生のジェーン・ローズちゃん(12歳)
将来は学校の先生になりたくて、夢をかなえるためにきちんと学校に通い、たくさん勉強したいと言う彼女からのメッセージです。
「グッドネーバーズと、学校を新しく立て直すために寄付してくださった方々に、とても感謝しています」

2.jpg

 

続いて、スランガン小学校の管理人であるビアソングさんよりみなさまへ
「子どもたちがようやく頑丈な校舎の中で勉強できるようになったことに本当に感謝しています。台風ハイエンの後、もうすでにいくつもの台風がギワンを通ったので心配していたのですが、今は子どもたちも安心して学校に通えているようです。教員だけでなく、親もどうやって学校を再建しようか悩んでいたところ、仮設テントの提供から、校舎の再建まで助けていただき、本当に感謝しています。みなさまのおかげで、子どもたちが学校で学ぶことができています。」

 

最後になりましたが、みなさまの温かいご支援、ありがとうございました。今後もグッドネーバーズはギワンにて、活動を続けてまいりますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

 

中間報告はこちら