2016年度に次の基金より拠出したタゴール協会さまへの視察レポートをご紹介します。

 

■フェリシモの森~2016年インドの植林状況の報告 

1.Tapan prject

ガンジス河流域とであり、またバングラディシュとの国境のこの地域は川沿いや道路沿いの植林がメインで行われている。

hana2016_TAGRE_1.jpg

 

2.Rangabelia prject

ガンジス河のデルタ地域であり、島の堤防沿いにマングローブの植林が行われている。

hana2016_TAGRE_2.jpg

hana2016_TAGRE_7.JPG住民(女性)とのミーティング

hana2016_TAGRE_8.JPG野生のサル

 

3.odisha prject

暑く乾燥した地域であり、カシューナッツやマンゴーなどの植林が多くなされている。

hana2016_TAGRE_3.jpg

hana2016_TAGRE_4.jpg花が咲き、実をつけているカシュナッツの木 

hana2016_TAGRE_5.JPG

土地の所有者。収穫がされるようになり、期待は大きい。
そこからの収入を公共事業に使う計画を話してくれた。 

 

4.Patamda prject

hana2016_TAGRE_6.jpg

 

フェリシモの森活部顧問

 

前回の報告はこちら