2015年、ネパール大地震への被害に対し、みなさまに「ネパール中部地震義援金」へのご協力をお願いいたしました。たくさんのご支援をいただき、本当にありがとうございました。
その基金より、2016年度に拠出したシャンティ国際ボランティア会さまの活動レポートが届きましたのでご紹介させていただきます。

 


 

■プロジェクト名 : ネパール中部地震被災小学校への学習環境支援事業
■実施場所    : ネパール連邦民主共和国バグマティ県ヌワコット郡
■実施期間    : 2017年6月~2017年12月

 

<プロジェクトの実績報告>

 2015年のネパール中部地震によって被害を受けた学校に提供する家具が完成しました。今回のご支援ではヌワコット郡のシャンティ・デビ小学校、シタ・ダルマ小学校の教室内に家具と図書コーナー用の本棚、ラムチャンドラ中学校にホワイトボード、周辺校に図書コーナー用の本棚を提供しました。(周辺校の一部については本棚の配布は2月に実施します。)児童用の机、椅子に関しては児童の体形に即して設計し、本棚は児童の興味、関心を引きやすいよう絵本の表紙が見えるデザインにしました。

 学校校舎の完成後、ご支援頂いた家具が新しい教室に配置されました。児童たちはさっそく新しい机や椅子に座り、整った環境で勉強できることを喜んでいました。教員からは児童用だけでなく、教員向けの家具も支援いただけたことが嬉しいという声が聞かれました。

 

nepal_SVAF1.jpg新しい机と椅子に座る児童たち

 

 また図書コーナー用の本棚と絵本が各教室に1セット配置されると、児童たちは早速絵本を手に取り、絵本のおはなしや絵を楽しんでいました。中には初めて絵本を手にした児童もおり、気に入った絵本を何度も繰り返し読んでいる子もいました。


nepal_SVAF2.jpg教室で絵本を読む児童

nepal_SVAF3.jpg図書コーナー用本棚と児童

 

<現地の様子・現地の声>

 今回ご支援いただいた家具を提供する学校校舎の建設が完了しました。今年は例年よりも雨季の降水量が多く、学校への山道は未舗装でぬかるみ、建設資材を運び込むのが困難な状況がたびたび発生しました。しかし雨期明け以降の建設作業員の奮闘の結果、予定通り校舎建設を完了させることができました。 

nepal_SVAF4.jpg完成したシャンティ・デビ小学校の校舎

 

 シャンティ・デビ小学校は12月に校舎が完成しました。地震によって校舎が被害を受けたため、これまでは幼稚園~小学5年生までの児童が一つの教室で学んでおり、教員・児童共に新校舎の完成を待ち望んでいました。

児童からは「今までは教室も狭く、ガタガタの机と椅子で勉強してノートがうまく取れないこともあったけど、これからは広々とした教室と綺麗な机で勉強できるので、とても嬉しく思っています」という声が聞かれました。

 シタ・ダルマ小学校も12月に学校校舎が完成しました。この小学校も全ての校舎が地震で崩れてしまったため、これまでは竹とトタンで作られた仮設校舎で授業を行っていました。

教員は「仮設校舎は壁が薄く、児童が授業に集中できませんでした。また壁がないため雨水により机や椅子などの家具がすぐに傷んでしまいました。今回新しい校舎と家具が使用できることで、児童たちも集中して勉強に取り組めるよい環境になったと思います」と話していました。

 

<支援者のみなさまへ>

【シャンティ・デビ小学校のシャンブ・プラサード・バジャガイン先生(写真三列目右)からのメッセージ】

 今回私たちの学校の教室内家具費用をご支援いただきありがとうございました。2015年4月の地震で学校校舎が倒壊してから、これまで教員・児童共に学習環境がよくない状態が続いてきました。これからは新しい校舎と家具で、広々とした環境の下、教員・児童ともによりいっそう集中して勉強に励むことができることでしょう。このようなご支援をいただけた事に教員・地域住民一同を代表して深く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

nepal_SVAF5.jpgシャンティ・デビ小学校の校長・教員・児童たち

 

(公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会 眞屋さまより)

 

プロジェクトの中間報告はこちら

プロジェクトの詳細はこちら 

■シャンティ国際ボランティア会さまのその他の活動はこちらからご覧いただけます