輸血は最も身近な細胞治療の一つですが、輸血用血液は献血するドナーに依存し、近い将来日本を含む多くの国において需要に供給が追いつかないことが予想されています。そのため、献血にとって代わる新たな生産システムとして、ヒトiPS細胞を用いた血小板作製技術が期待されています。

江藤 浩之 教授(CiRA)らの研究グループは、ヒトiPS細胞を用いて大量に高品質の血小板を作製することに成功し、作製した血小板は輸血用血小板としての機能が確かめられました。今回発表された研究は今後の輸血医療、細胞治療等に影響をもたらすことが期待されます。この研究成果は2018年7月13日に米国科学誌「Cell」でオンライン公開されました。

 

2018_IPS_K1.jpg

記者に説明する(左から)伊藤研究生、江藤教授