以下の基金から2017年度に拠出したこどもみらい探求社さまの活動レポートをご紹介します。

 

関東と関西で行っている「おやこ保育園」を大阪で開催。「おやこ保育園」は、子どもを預かる本来の保育園とは違い、保護者が保育士と一緒に子どもを見ながら、子育てスキルを学ぶ弊社独自のプログラムです。


<当日の流れ>

場所:SALT VALLEY ashiharabashi(大阪市浪速区)
日時:2018年10月30日(火)10:30~12:00

①登園/ 自由あそび
②はじまりのあつまり(今日の絵本、挨拶、出欠確認、自己紹介、注意事項の確認)
③こどもが主役のじかん
(日常にある素材を出して、こどもは遊ぶ。大人は観察シートを用いて子どもの様子を見ながら気づきを
 書く)
④おとなが主役のじかん:ペアレンツ・ダイアログ
(最近の旬なキーワードを紙に10個書いて、それをもとにおしゃべりを楽しむ時間)
 ※こどもは、引き続き探求遊び
⑥おわりのあつまり(振り返り・挨拶・集合写真)

この日は、10組の親子とスタッフあわせて総勢26人。 

2017_kmirai_3.jpg

 

はじめは大人もこどもも緊張した空気が流れていましたが、積極的に声をかけてくれるママが現れすぐに和やかなムードに。場所見知りをする子もいましたが、その子のペースを大切にして、会場全体を見守りながらスタート。1から10までをみんなで数えた後、ティンシャ(チベットの鐘)を鳴らして絵本を読み始めます。

こどもたちはじっと絵本を見つめ、その世界を楽しんでいました。その後の自己紹介でさらに場が和み、こどもが主役の時間へ。

 

2017_kmirai_1.jpg

 

普段はなかなかおもちゃとして使わないような素材(コップ、お皿、洗濯バサミなど日常の暮らしにあるもの)を用意して、こどもがどのように素材と出会い、遊びを作り出すのかを大人に見守ってもらいました。見守るといっても大人はついつい声をかけたくなったり、手を出したくなったりしてしまうので、オリジナルで開発をした「観察シート」を用いて気づきを書いてもらいました。

気づきを共有する時間では、「普段こんなふうにゆっくりこどもを見たことがなかった」「こどもは自由に遊びを作り出すのがうまい」などの発見をしてくださっていました。

 

2017_kmirai_2.jpg

 

その後は大人が主役の時間。この日のテーマは「旬なキーワード」。 紙を配布して、こどもではなく自分の旬なキーワードを10個書いてもらいました。普段はどうしてもこどもが主語になっていたり、こども優先になっているからなのか、意外と10個書くのは難しいとの声が。書いた紙をもとに3人組で見せ合いながら話をすると共通点を見つけたり、「それわかる!」と共感しあったりして、大人の距離もぐっと近づきました。

 

2017_kmirai_4.jpg

 

今後は同じ会場で大阪クラスの「おやこ保育園」がはじまります。どんなコミュニティができていくのか、私たちも楽しみです。

 

<支援者のみなさまへ>

こどもみらい基金へのご支援、ありがとうございます。みなさまからの応援のおかげで、新しい親子とこうしてつながることができました。今後もさまざまな企画を通して、たくさんの家族との出会いを作りながら、親子で "一緒に生きる" ことを楽しんでもらえるように発信していきたいと思います。
引き続き、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

 

前回の報告書はこちら

■こどもみらい探求社さまの詳しい活動はこちらからご覧いただけます。