2018年度にメリーファンディング第2弾で目標を達成し、拠出をさせていただいた認定NPO法人テラ・ルネッサンスさまの活動レポートをご紹介します。

 

【支援の背景と事業内容】

コンゴ民主共和国では、過去540万人もの命が失われました。この数は現在の北海道の人口とほぼ同じであり、第二次世界大戦後、世界最大の紛争ともいわれています。また、この紛争で少なくとも3万人以上の子どもたちが子ども兵として徴兵され、さらには20万人以上の少女や女性が性的暴力の犠牲となりました。

そのためコンゴ東部では武装勢力による襲撃や食料の略奪などにより、住民は不安定な生活を余儀なくされ、今もなお十分な援助活動が行われているとはいえません。特に、若くして母親になった多くのシングルマザーの女性たちは、生活を再建することが非常に困難な状況にあります。

今回のプロジェクトでは、こうした紛争下で生きる女性たち50名に対して、洋裁技術の職業訓練と、洋裁店を開業するための支援を実施することになりました。

 

【成果報告と今後に向けて】

まずはメリーファンディングから、洋裁技術習得後の洋裁店の開業のために、ミシン18台の購入費用をご支援いただきました。2018年7月までに全員が洋裁技術を習得することができるように職業訓練を実施しました。

卒業式では、卒業証書とともに、ミシンを一人ひとりに手渡しました。彼女たちはミシンを掲げて、うたい踊りながら、洋裁技術訓練を終えたこと、そして、希望がいっぱい詰まった「ミシン」を手に入れたことの喜びを、身体いっぱいで表現していました。


2018_MRFMisin1_1.jpg

卒業式でミシンを手渡す様子


2018_MRFMisin1_2.jpg

ミシンを手に喜ぶシングルマザーたち

 

これらのご支援により、シングルマザーたちが収入を得て、子どもたちの衣食住を満たし、安定した生活を取り戻すことが可能になります。今後は、マーケットでビジネスの実地訓練を行いながら、さらに技術を磨き、自分たちの洋裁店を開業できるよう、準備を進めていきます。

 

2018_MRFMisin1_3.jpg

ミシンと一緒に集合写真

 

■テラ・ルネッサンスさまのその他の活動はこちらからご覧いただけます。