「フェリシモ 地球村の基金」が今年支援したい6つの自立を支援するプロジェクト。
その中から、世界をよりしあわせにするためのプロジェクトの1つをみなさまにご紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

はじめまして、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンの大原です。私たちチャイルド・ファンド・ジャパンは、1975年より国際協力活動をおこなっており、ネパールでは1995年より活動をおこなっています。ネパールで活動を開始した当初は、保健や栄養改善事業などを中心に支援してきましたが、2009年より、子どもたちへの教育支援も開始しました。貧しさの中で暮らす子どもたちが学校へ通い、学習を続け、学校を卒業できるよう、健やかな成長を支えています。

教育支援を開始してから6年が経った2015年4月、マグニチュード7.8の巨大な地震がネパールを襲いました。約9,000名にものぼる人々が亡くなり、チャイルド・ファンド・ジャパンが支援する地域では、多くの学校や家屋などの建物が倒壊するなど、甚大な被害がでました。

 

earth2019_childfund_1.jpg

地震で倒壊した学校

 

チャイルド・ファンド・ジャパンは、ただちに緊急支援をおこない、事業地で食料支援と仮の住まいのための資材の配布を開始しました。学校では、仮設教室を建設し、子どもたちが通常の生活に戻ることができるよう支援をおこないました。その後、子どもたちが安心して勉強できるように、政府の設定基準よりも頑丈なつくりの教室の再建を始めました。

完成した教室の中には授業で使用する教材やホワイトボードなどの備品も入り、きれいな教室の中からは子どもたちの笑い声が聞こえるようになりました。

校舎の次はトイレです。地震後、トタン板で周りを囲んだ仮設トイレを建設しましたが、簡易版の作りのため、長期使用には向いていません。汚臭のするトイレを避け、校外の森の中に入って用を足す子どもたちもいます。野外での排泄は、人目に晒されてしまうなど、特に女の子にリスクが及びます。また、仮設トイレや野外では、手洗い場が無いため、衛生面での課題が残ったままでした。

 

earth2019_childfund_2.jpg仮設トイレ

 

新しいトイレはレンガ造りで、高い位置に窓を作って明かりが入るようになっています。個室内はタイルづくりのため、水を流して掃除がしやすくなります。

 

earth2019_childfund_3.JPG他校で建設した新しいトイレ

 

きれいな教室で楽しく学べても、トイレに行きにくい学校では、子どもたちは学校に行きたくなくなります。特に思春期の女の子にとっては、安心して使えるトイレがあるかどうかが、学校に通う重要なポイントのひとつです。

また、トイレ建設後、子どもたちには「汚さないでトイレを使う方法」や「終わった後は必ず手を洗う」などトイレの使い方を教えるため、不衛生が原因の腹痛などの病気から子どもたちを守ることができます。

 

<主な活動内容>

ネパール大地震により被災した学校に、レンガでできた頑丈なつくりのトイレを建設します。3つの個室があるトイレ1棟を建設し、各個室には便器と水道を備え、トイレの外にも手洗い場を2ヵ所設けます。

個室は男の子用と女の子用に分けるため、女の子が躊躇することなくトイレを使用することができます。

トイレの利用については、先生が子どもたちと話し合い、清潔に使い、きれいな状態を保てるようにルールをつくって管理していきます。

 

<期待される効果>

新しく建設されたトイレを利用する他校の子どもたちに、感想を聞いてみました。

「新しいトイレは、建物がしっかりしていて、安全」、「天井が高く、トイレの中はタイルが貼られていて、水も流せるので、きれい」、「トイレの後は、外で手を洗える」といったように、喜びの声を聞くことができました。

快適になるのは、トイレの時間だけではありません。学校で具合が悪くなっても、すぐにトイレに行くことができるため、勉強にも集中でき、安心して学校に行くことができます。衛生環境を整えることで、子どもたちが楽しく学校生活を送ることができるようになります。

また、手洗いの習慣が病気の予防にもなり、子どもたちがみんなで約束を守ってトイレをきれいに保つことで、衛生習慣が身につくようになります。

SDGs(持続可能な開発目標)の目標6でも「安全な水とトイレを世界中に」が掲げられています。女の子をはじめ、子どもたちが安心安全にトイレを使うことができ、「すべての子どもに開かれた未来を」つくることを目指して、チャイルド・ファンド・ジャパンは活動を続けています。

------------------------------------------------------
■清潔なトイレを建設しネパールの子どもたちを守るプロジェクト
実施場所:ネパール連邦民主共和国・シンドゥパルチョーク郡
実施期間:2020年4月~2020年5月
・チャイルド・ファンド・ジャパンさまのその他の支援活動はこちらから 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「フェリシモ 地球村の基金」より、世界をよりしあわせにするための6つの自立を支援するプロジェクトの
応援投票を2019年11月1日から11月14日まで行います。

期間中、応援したいプロジェクトを選んで投票することで、そのプロジェクトを応援することができます。(投票の数は、各プロジェクトへの拠出金額の参考にさせていただきます)

   ➡ 応援投票は終了させていただきました。     
     みなさまから、たくさんの応援(投票)をいただきありがとうございました。

世界の人々の自立を応援する   みんなの地球村の基金    ご参加はこちら >>>

 

 ★Yahoo!ネット募金からも「フェリシモ 地球村の基金」への支援ができます! 

   Tポイントで1ポイントからの寄付、クレジットカードからの寄付もできる
   Yahoo!ネット募金「フェリシモ 地球村の基金」の募金ページはこちら