2018年に「地球村の基金」で支援をしているプロジェクト「HIVと共に生きるシングルマザーによるカフェ・ビジネス」の活動レポートをエイズ孤児支援NGO・PLASさまからいただきましたので、みなさまにご報告します。

 

<プロジェクトの実績報告>

エイズ孤児支援NGO・PLAS代表の門田です。わたしたちがウガンダ共和国ルウェロ県で行ったHIVと共に生きるシングルマザーによるカフェ・ビジネスの活動についてご紹介します。

この活動では、困難な状況にあるHIV陽性のシングルマザーが子どもたちの教育費を払い、子どもたちが就学をつづけられるために、生計の向上を目指しています。その方法としてカフェ・ビジネスを行っています。プロジェクトの大切な立ち上げの時期に、みなさまからのご支援により支えていただきました。

 

このプロジェクトでは3名のシングルマザーたちがグループを組み、3つのカフェを立ち上げました。

 

PLAS2018_F_1.jpg

カフェの様子

 

まずは、カフェを開業するために調理や運営に必要なスキルの研修を行いました。研修では、調理、ビジネス管理、会計管理、接客、衛生、貯蓄などについて勉強をしました。

研修後は学んだ知識と技術をもとに小さなカフェの運営を始めました。最初は野外のカフェ運営から、軌道に乗ってきたら賃貸で店舗を借りて、屋内の運営に移行します。現在では、3つのカフェが店舗での運営を行えるようになりました。

 

PLAS2018_F_2.jpg

売り上げを記録している様子

 

<現地の様子・現地の声>

バムナニカという小さな町のカフェでは、マトケ、牛肉の内臓のスープ、チャイ、牛乳、パンなどの販売を行っています。

朝早く店舗にきて、食事やスナックの準備をして、夕食の販売・片づけをしてから帰宅するというスケジュール。一日中、忙しく働きます。

PLAS2018_F_3.jpg

カフェの食事を準備している様子

 

研修で学んだ、売り上げと経費の記入、そしてそこから利益を確認するということにチャレンジをしています。しっかりと記入ができていないケースがあるなど完ぺきではありませんが、販売をしたらその場で帳簿に売り上げを記入すように心がけています。

 

PLAS2018_F_4.jpg

スタッフがモニタリングをして、アドバイスをしているところ

 

このカフェの一番の売れ筋は、マトケとスープのランチです。他に競合店が多い中、近くで働く人が固定客になって、通ってくれる人も多いようです。バナナをマッシュして作るマトケは、作るのに数時間かかるため、訪問時は仕込み作業に追われていました。

野外から店舗に移ったばかりのときには、食事はあまり人気がありませんでしたが、食事の評判が広がって、少しずつ知名度も上がっているようです。

こちらのカフェで働くジェニーさんには小学校7年生の娘がいて、今年から高校に進学します。(ウガンダでは初等教育が7年、中等教育が4年です)彼女は近くの高校に進学させたいと、目をキラキラさせながら話してくれました。

 

PLAS2018_F_5.jpg

カフェで働くジェニーさん(右)

 

高校に進学するためのお金を貯めるには、4年間安定した収入を得る必要があります。そのためには、カフェビジネスがうまくいくことが重要です。そのため、基金からのご支援の終了後も、わたしたちは継続してジェニーを応援していきます。

 

<支援者へのメッセージ>

この度は温かいご支援を頂戴し、誠にありがとうございました。おかげさまでシングルマザーたちはカフェを開業し、日々運営することができています。

最初は自身がなかったシングルマザーたちも、研修と実践の中で少しずつ自信をつけ、生き生きと働いています。そして、シングルマザーの子どもたちは、継続して学校に通うことができています。

HIVによる差別・偏見や貧困など困難な状況の中でも前向きに頑張ろうとするシングルマザーたちを、わたしたちはこれからも継続して応援、支援していきます。

(特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLAS 門田さまより)

 

プロジェクトの詳細はこちら

プロジェクトの中間報告はこちら

■エイズ孤児支援NGO・PLASさまのその他の支援活動はこちらからご覧いただけます。

 

世界の人々の自立を応援する   フェリシモ地球村の基金    ご参加はこちら >>>

 

 ★Yahoo!ネット募金からも「フェリシモ 地球村の基金」への支援ができるようになりました! 

   Tポイントで1ポイントからの寄付、クレジットカードからの寄付もできる
   Yahoo!ネット募金「フェリシモ 地球村の基金」の募金ページはこちら