特集記事

最新のオススメ記事をご紹介します。

2015:11:04:21:43:52

カナメのプログラム日記~イラストプログラム&美文字レッスン(筆ペン編)で手書き年賀状~

カナメが、不得意分野ナンバーワンの「イラスト」を克服すべく、イラストプログラムにチャレンジ。「美文字レッスン(筆ペン編)」と合わせて、年賀状を作ってみました!

 

まずは、描いてみました

イラストは「温泉に浸かるサル」、文字は「初春」に決めて、まずは自由に描いて(書いて)みました。 それがこちら。

post-80-1.jpg

自分でも、サルには見えません(笑)。マスクをかぶって、のぼせてしまった人間みたいです。 あ、なんと耳が3つありますね(苦笑)。

 

「初春」は、いい感じに書けたと思っていたのですが、あらためて写真で見ると、春の字が大きすぎてバランスが悪いかな。ふだん筆ペンをほとんど使わないので、どう書いたら正解なのか、書きながら迷ってしまいました。

 

イラストの練習からスタート

今回練習したのは、「アニマルイラストが描けるようになっちゃうプログラム」の中の「Monkey(モンキー)」。

 

お届けセットは、はがきサイズのイラストパッド(写真左)と、風景がうっすら描かれた風景カード(写真右)です。

post-80-2.png

 

イラストパッドはサルを中心に、ゴリラ、パンダ、コアラ、クマなどのイラストも入っています。 全部並べてみると圧巻。パンダの親子や木の上のコアラなど、かわいい動物イラストばかりです! 浮かれつつも、本当に描けるのかしらと、逃げ腰に......。

post-80-3.jpg

カナメはこの中から、「温泉に入るサル」を選びました。温泉好きなのと、簡単そうだったので。※最初に書いたイラストもこれをチラっと見てから描いたのですが......(苦笑)。

post-80-4.png

 

いよいよ練習スタート

まずは、お手本イラストを見ながら、薄く印刷された下書きをなぞります。なぞるだけなので簡単です。ただ、ポールペンだと少し滑るのと、緊張してちょっとずれることも(汗)。

post-80-5.jpg

post-80-6.jpg

4個のなぞり練習が終わったら、いよいよ自分で描いてみます。 なぞるのと、いちからフリーハンドで描くのでは、緊張の度合いまったく違います。 描きたいけれど、怖くてなかなか描きだせません。 えいやっと1個目を描き始めると......あら、意外とスラスラと描けました。

post-80-7.jpg

ただ、3個練習しましたが、私のフリーハンドで描いたサルは、頭が大きくて、やっぱりのぼせているような感じです。 うーん、もっとかわいく描きたいい......。ここでふと、もっと太いペンのほうがいいかもと、ペンを変えて、紙に透かしながら何回か練習してみました......。

post-80-8.jpg

かわいく描けるようになってきました! 手がだんだん描き方を覚えてきた感じです。

 

※体験を終えてから気づいたのですが、このカードには裏面にも練習スペースが! 裏面はなぞり練習が1マス、フリーの練習枠が7マスありました。 紙を準備しなくても練習できましたね。

 

ちょっと自信もついてきたところで、年賀状サイズの紙に、もう一度トライ!

post-80-9.jpg

右が最初に描いたイラスト、左が練習後に描いたイラストです。 まだ「のぼせてる」感はありますが、誰でもサルに見えるイラストが自分で描けたことに感動しました!

 

次は、筆ペンを練習。

「美文字レッスンプログラム-筆ペン編-」の「レッスン1」のお届けセットです。テキスト(写真右)に、筆ペン(写真中央)と水筆セット(写真左)が付いています。

post-80-10.png

テキストはA4サイズと大きくて、しかも全32ページと薄いです。 練習ページはその中の18ページ分。 漢字ドリルみたいにたくさん練習しなくてよいので、これならできるかもとちょっと安心しました。

post_80_11a.jpg

post-80-12.jpg

 

コツを学んで、練習スタート

筆ペンの基本「トン・スー・トン」ついての解説を読み、筆運びを意識しながら、練習スタート。 筆ペンは思っていた以上に"立てて"持つことと、最初と最後にコツがあることを、初めて知りました! イラストと同じように、何回かなぞり書きした後に、お手本を見ながら大小の文字を練習します。

post-80-13.jpg

いつもは怖くて、筆ペンを浮かせ気味で書いていたのですが、「トン・スー・トン」と、最初と最後に、筆を置いて"休む"ことを意識するだけでしっかりした線を引けるようになりました。この見開き1ページ分の練習にかかった時間は15分ほどでした。

 

水筆セットを使ってみる

水筆というものを、カナメは初めて知りました! その名のとおり、水で書ける筆ペンなんです。柄の部分に水を入れて使います。

post-80-14.jpg

post-80-15.jpg

専用の水筆紙に書いてしばらく待つと、乾いて文字が消えます。だから何度でも練習できるんです! 失敗を気にせずにのびのびと書けます♪

post-80-16.jpg

post-80-17.jpg

post-80-18.jpg

 

水筆で「初春」を練習

テキスト3にある「春」の文字を、水筆で何度か練習します。

post-80-19.jpg

ピンクの水筆紙は、書くと鮮やかな朱色になります。

post-80-20.jpg

もちろん乾けばこちらも消えますよ♪

post-80-21.jpg

気になるところだけ、部分的に練習するのにも、便利です。

post-80-22.jpg

 

いよいよ「初春」も本番!

いよいよ本番。先にサルのイラストを描いた紙に、「初春」を書き入れて、最初に書いたものと見比べてみました。

post-80-23.jpg

右が練習前、中央と左が練習後です。 並べてみると、ずいぶん違いますね! 初春の文字は少し小さくなってしまいましたが、落ち着いた、大人の筆ペン文字に変わったと思います!

 

サルをぬり絵してみました。

post-80-24.jpg

何だかとっても愛着がわいてきました♪

 

体験してみた感想

イラストが本当に苦手で、筆ペンもできれば避けたいと思っていたカナメ。 今回体験してみて、私でも練習すればできるんだ、と少し自信が持てました。そして何より、自分で手書きしたものはとてもいとおしく感じます。 「手書きの楽しさ」に目覚めた体験でした♪

 

 

-関連リンク-

「アニマルイラストが描けるようになっちゃうプログラム」

「美文字レッスンプログラム-筆ペン編-」

新着記事
絵心経マスキングテープセット

2016:08:25:14:54:25

絵心経マスキングテープセット

らほつニットキャップ

2016:08:22:14:23:12

らほつニットキャップ

お寺で話すこと

2016:07:15:09:52:37

お寺で話すこと

お寺への入り口

2016:07:10:16:03:32

お寺への入り口

3つの顔を持つお坊さん

2016:06:07:10:03:57

3つの顔を持つお坊さん

関連記事
お寺で話すこと

2016:07:15:09:52:37

お寺で話すこと

お寺への入り口

2016:07:10:16:03:32

お寺への入り口

3つの顔を持つお坊さん

2016:06:07:10:03:57

3つの顔を持つお坊さん

仏心寺の三つの活動

2016:04:11:15:26:15

仏心寺の三つの活動

ブッダガヤにあるお寺、仏心寺より

2016:03:17:08:06:24

ブッダガヤにあるお寺、仏心寺より