最新のオススメ記事をご紹介します。

2016:02:15:15:57:11

おだしのはなし

こんにちは、おてらぶのひさよしです。

このところ会社から帰って、家族が寝静まった後にひっそり料理しています。なぜかといいますと、『おてらの癒やしごはんプログラム』のテスト調理と、作ったものを詰め込んだ、翌日のお弁当作りです。(左:お麩じゃが弁当、右:干し野菜のごまだし煮弁当)


obento.jpg

『おてらの癒やしごはんプログラム』は、料理僧の青江覚峰(あおえかくほう)さんのレシピがたっぷり載っています。青江さんのレシピは精進料理とはいえど、どれも特別な世界の料理ではなく、私たちがどこかで食べたことがあるような料理ばかり。どこかで食べたことがあるような料理だけど、とてもおいしく、ちょっと違った印象を感じるのには、おだしにこだわる青江さんならではのレシピに秘密があります。


おだし取りはたのしい!


daiz.jpg

おだしを取る方法って至ってシンプルです。寝る前に、水に食材を浸しておけば簡単に取れます。もちろんおだしによって、干したり、煎ったりする必要もありますが、それがけっこう楽しいのです!朝起きて、水が色づいておだしが出ているかをチェックするのもワクワクします。今や夜と朝の日課です。


おだしの味はすごい!


odashi.jpg

おだしの力に驚きました。自分で料理を作ることがなかったので、おだしを取る工程を聞いた時、「そこまでやるの?」と正直思いもしましたが、そんなおだしを使った料理は格別においしいのです。お麩じゃがを作ったとき、特に実感しました。


おだしはバラエティゆたか!


syojin001.png

青江さんに教えていただいたおだしは5種類+1。昆布だし、大豆だし、しいたけだし、干し野菜だし、ごまだし、そしてブレンドの精進だし。このだしを使って、煮たり、焼いたり、いろいろな料理方法があるので、これは奥深い!まだ試していないですが、ブレンドの精進だしはいったいどんなミラクルなお味なのでしょうか。今から楽しみで仕方ありません。

これをきっかけにいろいろな料理を作って家族に振舞っていますが、みんなおいしいと言って食べてくれています。料理って、大変だけど、いいものですね~。


そんな料理を楽しんでいたら、青江さんの監修する漫画を見つけました、それが『サチのお寺ごはん』。

aoesan.jpg

原作はあの『孤独のグルメ』の久住昌之さん。青江さんとの強力タッグです!おもしろいし、おいしそう!作中でも、いろいろなおだしが出てきますが、とうもろこしだしが気になります!

『おてらの癒やしごはん』と一緒に、どうぞ(広告!)

関連サイト
『おてらの癒やしごはんプログラム』

新着記事
絵心経マスキングテープセット

2016:08:25:14:54:25

絵心経マスキングテープセット

らほつニットキャップ

2016:08:22:14:23:12

らほつニットキャップ

お寺で話すこと

2016:07:15:09:52:37

お寺で話すこと

お寺への入り口

2016:07:10:16:03:32

お寺への入り口

3つの顔を持つお坊さん

2016:06:07:10:03:57

3つの顔を持つお坊さん

関連記事
おだしのはなし

2016:02:15:15:57:11

おだしのはなし