特集記事

最新のオススメ記事をご紹介します。

2016:02:22:10:18:16

ことば

yamato.jpg
「O・MO・TE・NA・SHI、おもてなし。」


え、ちょっと古いですか?私は今でもよく使うのですが。


でも確かにそうですね「おもてなし」という言葉自体は、とても古いものです。そういえばみなさま、日本には3つの言葉があるのをご存じでしょうか。それは、漢語、外来語、大和言葉の3つです。


漢語(かんご)

これは中国から漢字が伝わり、そこから生まれた言葉で、「幸福」「贈答品」のようにすべて音読みで発音される言葉です。


外来語(がいらいご)

今やスタンダード(これも外来語)になっている言葉で、「ハッピー」「プレゼント」のようにカタカナで表記できる言葉です。


大和言葉(やまとことば)

これはどこから来たわけでもなく日本発祥の言葉で、すべて訓読みで発音されます。例えば、「しあわせ」「おくりもの」のように。他には「とりなす」「みたてる」「おりあう」「よしなに」「おたわむれ」「たまわる」など。


大和言葉って、なんだかとってもやさしくてあたたかいですね。言葉は常に変化していますが、心にじんわり染みる言葉遣いというのがあります。そういうのを知っていると、難しい話をしなければならないときも、立つカドも立たず、上品な印象をあたえることができそうですね。
そんな日本の言葉について興味が湧きました。お寺と神社、日本の風習文化など深いところに関わっていそうです。もっと勉強してみなさまにご報告できればいいなと思います。

しばし、おまちを。(大和言葉)

新着記事
絵心経マスキングテープセット

2016:08:25:14:54:25

絵心経マスキングテープセット

らほつニットキャップ

2016:08:22:14:23:12

らほつニットキャップ

お寺で話すこと

2016:07:15:09:52:37

お寺で話すこと

お寺への入り口

2016:07:10:16:03:32

お寺への入り口

3つの顔を持つお坊さん

2016:06:07:10:03:57

3つの顔を持つお坊さん

関連記事
お寺で話すこと

2016:07:15:09:52:37

お寺で話すこと

お寺への入り口

2016:07:10:16:03:32

お寺への入り口

3つの顔を持つお坊さん

2016:06:07:10:03:57

3つの顔を持つお坊さん

仏心寺の三つの活動

2016:04:11:15:26:15

仏心寺の三つの活動

ブッダガヤにあるお寺、仏心寺より

2016:03:17:08:06:24

ブッダガヤにあるお寺、仏心寺より